• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 韓滔 へ行く。

*地威星  百勝将 韓滔 [#v4a49fe1]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:地威星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:百勝将|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第42位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:騎兵軍小彪将兼斥候担当頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:陳州の団練使(軍の調練指揮官)|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|LEFT:韜略は家に伝えて遠く、胸襟には志気高し。解く棗木の槊を横え、錦の征袍を著る有り。平地にては能く虎を擒り、遥かな空に慣に雕を射る。陳州の団練使、百勝将の韓滔。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#000000):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E6%BB%94|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐の常州昆陵軍城攻めで、高可立の矢で落馬したところに、張近仁の槍で止めを刺された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。普段から黒いアイマスクをつけ、百の一文字を戴いた兜を持つ。かつて西夏戦線で呼延灼と死闘を共にした間柄で、梁山泊に捕らえられた後も、呼延灼が梁山泊に加わるまで決して節を曲げようとしなかった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:代州の民兵の指導者で、普段は一族郎党を連れてあちこちを開墾して回る篤農家。かねてより梁山泊に共感を抱いていたが、呼延灼を助けるため梁山泊と戦った。武松と李逵に捕らわれ、そのまま梁山泊に入る。内臓の病に犯されて死に場所を探し、宋江を狙った趙安の軍の前に立ちはだかり戦死する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。兵隊学校の校長をしていたが、呼延灼の要望により梁山泊討伐軍に参加する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:角力取草韓藍(すもうとりぐさからあい)もしくは[角氏]角草韓藍(すまひとりくさからあい)。肥え太って身の丈が高いため、京童から渾名を付けられた。御所の女武者で、素性は不明だが、既に両親はなく、都に親類もいない。説得されて江鎭泊についた澤蟹に怒り突っ込んでいくが、鎌槍に連環馬を破られ捕らえられる。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。目元が常に仮面に隠れている。死亡シーン有り。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:彭玘・凌振とともに呼延灼に付き従う少年。隠械は右手首両側に仕込まれた、毒入りの二本の刃。呼延灼と共に梁山泊に攻め入り、かつての仲間にも無邪気に刃を向けた。何らかの強化を施されているらしく、阮小二の怪力を振りほどいた。呼延灼に従い河北と淮西に向かい、消失。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体93 腕77 技66 知61 忠43 仁42 勇66|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体92 腕63 技67 知63 忠42 仁47 勇56|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:マクシミリアン。かつての赤月帝国で活躍していたマクシミリアン騎士団の団長で、血気盛んな老人。従者のサンチョとともに解放軍に馳せ参じる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:マクシミリアン。王国を向こうに回して戦う新同盟軍に馳せ参じる。従者のサンチョは里帰り中。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:フレッド・マクシミリアン。マクシミリアン騎士団長でマクシミリアンの孫。祖父から騎士団長の座と正義感の強い性格を受け継ぎ、騎士団復興および巨悪の征伐を目指して旅をする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:ゲイリー。夫婦安住の地を求めて旅をしている男性。旅の途中、クールーク皇国に占領されたオベル王国に立ち寄り、持ち前の正義漢な性格から住民を励まし続け、フレアとともに精神的支柱となった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:イザベル。マクシミリアン騎士団の再興を目指す女性。元マクシミリアン騎士団の父親を持ち、騎士団の志を継ぐ者と自称している。男勝りな性格で、悪を目の前にすると熱くなる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:ヨミ。自称旅芸人。北辰皇国出身の舞の名手で、チハヤとともに各地を巡業していた。協会は歌舞音曲に親しむ心を奪うと喝破し、主人公に協力する。どうやら身分を隠しているらしいが…|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:地威星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:百勝将|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第42位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:騎兵軍小彪将兼斥候担当頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:陳州の団練使(軍の調練指揮官)|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:韜略は家に伝えて遠く、胸襟には志気高し。解く棗木の槊を横え、錦の征袍を著る有り。平地にては能く虎を擒り、遥かな空に慣に雕を射る。陳州の団練使、百勝将の韓滔。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:元・陳州の指揮官で、武挙合格者。呼延灼の梁山泊討伐の際に推薦を受けて副将となり、連環馬で梁山泊を苦しめた。が、連環馬が徐寧の鈎鎌鎗の前に破れた際に劉唐と杜遷に捕らわれ、彭玘と凌振の説得を受けて梁山泊入り。その後は呼延灼の副将として最期の時まで彭キとともに戦った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐の常州昆陵軍城攻めで、高可立の矢で落馬したところに、張近仁の槍で止めを刺された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。普段から黒いアイマスクをつけ、百の一文字を戴いた兜を持つ。かつて西夏戦線で呼延灼と死闘を共にした間柄で、梁山泊に捕らえられた後も、呼延灼が梁山泊に加わるまで決して節を曲げようとしなかった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:代州の民兵の指導者で、普段は一族郎党を連れてあちこちを開墾して回る篤農家。かねてより梁山泊に共感を抱いていたが、呼延灼を助けるため梁山泊と戦った。武松と李逵に捕らわれ、そのまま梁山泊に入る。内臓の病に犯されて死に場所を探し、宋江を狙った趙安の軍の前に立ちはだかり戦死する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:既に故人だが、彭玘に育てられた息子の韓成が登場。方臘軍の残存兵を率いた後、西夏との外交官となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:原典とほぼ同様。兵隊学校の校長をしていたが、呼延灼の要望により梁山泊討伐軍に参加する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第54位 地立星。孫立の部下。身寄りを亡くして世間を放浪していた際、花英の父の推挙で武官となった。孫立とともに清風山と戦うが、孫立が職を辞した後は行動を共にし、孫立の梁山泊討伐にも同行する。兵糧船を囮にした鄭天寿の策にかかって捕らえられるが、離間の策のためにすぐ解放され、孫立の梁山泊入りのきっかけを作った。その後、孫立に従い梁山泊入り。百八星集結後は副驃騎。宋江に従い招安を受けた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:角力取草韓藍(すもうとりぐさからあい)もしくは[角氏]角草韓藍(すまひとりくさからあい)。肥え太って身の丈が高いため、京童から渾名を付けられた。御所の女武者で、素性は不明だが、既に両親はなく、都に親類もいない。説得されて江鎭泊についた澤蟹に怒り突っ込んでいくが、鎌槍に連環馬を破られ捕らえられる。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:原典とほぼ同様。目元が常に仮面に隠れている。死亡シーン有り。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:原典とほぼ同様。細面で顎の先に髭がある男。方臘戦で倒れた彭玘を守ろうとして深傷を負い、彭玘と共に死ねることを喜びながら倒れ、宋江に「楽しかったぜ……大将」の言葉を残して梁山泊最初の死者となった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:彭玘・凌振とともに呼延灼に付き従う少年。隠械は右手首両側に仕込まれた、毒入りの二本の刃。呼延灼と共に梁山泊に攻め入り、かつての仲間にも無邪気に刃を向けた。何らかの強化を施されているらしく、阮小二の怪力を振りほどいた。呼延灼に従い河北と淮西に向かい、消失。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体93 腕77 技66 知61 忠43 仁42 勇66|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体92 腕63 技67 知63 忠42 仁47 勇56|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:マクシミリアン。かつての赤月帝国で活躍していたマクシミリアン騎士団の団長で、血気盛んな老人。従者のサンチョとともに解放軍に馳せ参じる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:マクシミリアン。王国を向こうに回して戦う新同盟軍に馳せ参じる。従者のサンチョは里帰り中。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:フレッド・マクシミリアン。マクシミリアン騎士団長でマクシミリアンの孫。祖父から騎士団長の座と正義感の強い性格を受け継ぎ、騎士団復興および巨悪の征伐を目指して旅をする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:ゲイリー。夫婦安住の地を求めて旅をしている男性。旅の途中、クールーク皇国に占領されたオベル王国に立ち寄り、持ち前の正義漢な性格から住民を励まし続け、フレアとともに精神的支柱となった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:イザベル。マクシミリアン騎士団の再興を目指す女性。元マクシミリアン騎士団の父親を持ち、騎士団の志を継ぐ者と自称している。男勝りな性格で、悪を目の前にすると熱くなる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:ヨミ。自称旅芸人。北辰皇国出身の舞の名手で、チハヤとともに各地を巡業していた。協会は歌舞音曲に親しむ心を奪うと喝破し、主人公に協力する。どうやら身分を隠しているらしいが…|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:マザリカ。蒼閃流の剣士で名門ザフィール家の当主。マクシモスの子孫。トルワドに挑みたいという欲求を抑え、戦後はニマを連れ森で暮らしている。100年前の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:その他|LEFT:「説岳全伝」では孫の韓起龍と韓起鳳が登場、父も軍人で岳飛に恩を受けたらしく、岳飛の死後に最初にその息子・岳雷の仲間となった。田中芳樹による編訳「岳飛伝」では、出番を関勝の子の関鈴に取られた。|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS