• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 石勇 へ行く。

*地醜星  石将軍 石勇 [#ta3925e6]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:地醜星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:石将軍|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第99位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:歩兵軍将校|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:博打打ち|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#0000FF):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8B%87|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐の歙州城攻めで、王尚書に倒された李雲を助けに行くが、王尚書の槍の一突きで死亡。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:国中のお尋ね者に恐れられる賞金稼ぎで、無口で無愛想な男。縄ヒョウの使い手。かつて行き倒れていたところを宋江に救われて以来、恩返しの機会を探していたが、誤解から閻婆を殺して自分がお尋ね者になってしまう。梁山泊では諜報活動に当たり、人を見抜く目は定評がある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:時遷の部下。以前盗みに失敗して山中で行き倒れかかっているところを時遷に拾われた。個人技主体の時遷と違い、間諜網を組織化し、複数で仕事をする。時遷の死後は間諜隊隊長となった。童貫との最終決戦の最中に、青蓮寺の闇軍の襲撃を受けて戦死した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:柴進の紹介で梁山泊に入った男。柴進から宋清の手紙を預かってきたが、晁蓋経由で宋江の手に渡された。その後、梁山泊の北の居酒屋の担当となる。孫新に昔世話になったことがある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:桐火桶の石竹もしくは切火桶の石竹(きりびおけのせきちく)。北条時政の内室・牧の方の讒言で滅ぼされた秩父の庄司・畠山重忠の郎党何某の娘。親や同胞は主君と共に討ち死にしたため、三世姫に仕えて遺恨を晴らすことを望んでいた。入山後は琵琶湖のほとりで酒店を開いて情報収集に当たる。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:宋家の使用人として登場し、宋清から宋江宛の手紙をことづかってくる。その後は登場せず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:石勇(せきいさむ)。朴一家が取り仕切る町に住む男。実はN・S・Pのスパイで、混江に公明の情報を伝える。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体90 腕47 技36 知30 忠33 仁30 勇47|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体90 腕51 技39 知34 忠57 仁52 勇63|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:ガスパー。カクノ町で賭博を仕切る胴元で、分の悪い賭けを好んで解放軍に味方する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:シロウ。レイクウェストの博打打ち。イチかバチかの勝負を愛する根っからの賭博師。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:ビリー。世界中を旅するトレジャーハンターでメルヴィルの父。「トレジャーハントで一発当てるぜ!!」が口癖で、それが原因で離婚しているダメ親父。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:ギュンター。流れの賭博師。様々な土地を渡り歩いて、サイコロ賭博を行っているが、お金よりも相手との会話を楽しむのが目的。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:リンファ。博打と美少年が大好きな女性ギャンブラー。あまり強くなく、イカサマも多用しているがそれでも借金がかさみ、その度に色仕掛けで踏み倒そうとしている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:セミアス。賭け事を心から愛する賭博師。何でも賭けにして楽しむ。協会の理念は賭け事を否定するため、各地を放浪していたが、協会と真っ向から勝負を挑む主人公を気に入り、主人公に賭けると言って仲間になる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:地醜星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:石将軍|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第99位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:歩兵軍将校|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:博打打ち|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:流れ者の博打打ち。天下でただ二人、宋江と柴進にだけ頭を下げると公言する。人を殺して柴進に匿われていた際に宋江の噂を聞いて会いに行くが行き違い、宋清から宋江宛の手紙を預けられた。その後、清風山から梁山泊に向かう途中の宋江たちに出会い、一度は相手のことを知らずに喧嘩になりかけるが、宋江だと知って手紙を渡し、そのまま梁山泊入り。梁山泊では裏方仕事が多かった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐の歙州城攻めで、王尚書に倒された李雲を助けに行くが、王尚書の槍の一突きで死亡。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:国中のお尋ね者に恐れられる賞金稼ぎで、無口で無愛想な男。縄ヒョウの使い手。かつて行き倒れていたところを宋江に救われて以来、恩返しの機会を探していたが、誤解から閻婆を殺して自分がお尋ね者になってしまう。梁山泊では諜報活動に当たり、人を見抜く目は定評がある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:時遷の部下。以前盗みに失敗して山中で行き倒れかかっているところを時遷に拾われた。個人技主体の時遷と違い、間諜網を組織化し、複数で仕事をする。時遷の死後は間諜隊隊長となった。童貫との最終決戦の最中に、青蓮寺の闇軍の襲撃を受けて戦死した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:柴進の紹介で梁山泊に入った男。柴進から宋清の手紙を預かってきたが、晁蓋経由で宋江の手に渡された。その後、梁山泊の北の居酒屋の担当となる。孫新に昔世話になったことがある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第95位 地建星。もと泗州の大工。仲間と賭けをして石臼を持ち上げたのが渾名の由来。泗水の氾濫で家族を失い、登州の養父を訪ねたのがきっかけで項充のもとに身を寄せる。百八星集結後は家屋、倉庫、城堡の建造修理を管理する頭領。招安に反対し、項充らとともに大海鰍船団で外洋に新天地を求めるが、大嵐にあって海の藻屑と消えた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:桐火桶の石竹もしくは切火桶の石竹(きりびおけのせきちく)。北条時政の内室・牧の方の讒言で滅ぼされた秩父の庄司・畠山重忠の郎党何某の娘。親や同胞は主君と共に討ち死にしたため、三世姫に仕えて遺恨を晴らすことを望んでいた。入山後は琵琶湖のほとりで酒店を開いて情報収集に当たる。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:宋家の使用人として登場し、宋清から宋江宛の手紙をことづかってくる。その後は登場せず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:原典同様に梁山泊に向かう宋江・花栄ら一行と喧嘩となるが、多人数を相手にしても親分を殺せば勝てると平然と構え、宋江を親分と見切って襲ったが、宋江と知って詫びを入れた。その後は出番なし。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:石勇(せきいさむ)。朴一家が取り仕切る町に住む男。実はN・S・Pのスパイで、混江に公明の情報を伝える。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体90 腕47 技36 知30 忠33 仁30 勇47|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体90 腕51 技39 知34 忠57 仁52 勇63|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:ガスパー。カクノ町で賭博を仕切る胴元で、分の悪い賭けを好んで解放軍に味方する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:シロウ。レイクウェストの博打打ち。イチかバチかの勝負を愛する根っからの賭博師。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:ビリー。世界中を旅するトレジャーハンターでメルヴィルの父。「トレジャーハントで一発当てるぜ!!」が口癖で、それが原因で離婚しているダメ親父。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:ギュンター。流れの賭博師。様々な土地を渡り歩いて、サイコロ賭博を行っているが、お金よりも相手との会話を楽しむのが目的。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:リンファ。博打と美少年が大好きな女性ギャンブラー。あまり強くなく、イカサマも多用しているがそれでも借金がかさみ、その度に色仕掛けで踏み倒そうとしている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:セミアス。賭け事を心から愛する賭博師。何でも賭けにして楽しむ。協会の理念は賭け事を否定するため、各地を放浪していたが、協会と真っ向から勝負を挑む主人公を気に入り、主人公に賭けると言って仲間になる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:ワフディ。ホドス村の弓矢職人でモーディの先祖。職人としての腕前は未熟だが、若者らしい感覚とひらめきを持つ。常に矢の材料になりそうなものがつまった荷物を背負っている。100年前の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS