• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 盧俊義 へ行く。

*天罡星  玉麒麟 盧俊義 [#lc12033b]
星	天罡星
渾名	玉麒麟
序列	第2位
役職	総頭領
前歴	北京の大質屋の主人
賛詩	目は双瞳を炯かにし、眉は八字に分かる。身躯九尺、銀の如し。威風凜々として、儀表は天神に似たり。義胆忠肝日を貫き、虹蜺を吐いて志気は雲を凌ぐ。声誉を北京城内に馳せ、元は是れ富豪の門。殺場敵に臨む処、万馬を衝開し、千軍を掃退す。赤心を殫くして国に報い、功勲を建て立つ。慷慨名は宇宙に揚がり、英名を論ぜられて乾坤に播満す。盧員外双名は俊義、河北の玉麒麟。
解説	北京の大商人で燕青の主人。河北の三絶と呼ばれる豪傑で、晁蓋亡きあとの梁山泊に迎え入れようと宋江が望んだため、呉用の策で梁山泊に誘き出され、賓客としてもてなされた。しかし仲間入りを断って北京に帰ってみれば、その間に妻と密通した番頭の李固に店を乗っ取られた上に、梁山泊と通じているという罪で捕らえられ、長きに渡り獄に繋がれることに。三度に及ぶ梁山泊の北京攻めの末にようやく救出されて梁山泊に入り、曾頭市攻めで晁蓋の仇である史文恭を捕らえた。そのため宋江から首領の座を示されるがこれを固持し、宋江の提案で首領の座を賭けて東昌府を攻めるが、宋江が東平府を落とす方が早かったため、副首領となった。その後は梁山泊が軍を二つに分ける際に一方の指揮を取った。
結末	方臘征伐後、燕青の隠棲の勧めも断って官位を受けるが、蔡京らの企みで水銀を飲まされ、船上から川に落ちて水死。
遺事	玉麒麟李進義。第3位。義兄弟の契りを結んだ仲間たち十二人と花石綱を運搬するが、楊志がいざこざから人を殺してしまったため、流刑となる途中を仲間たちと救い、太行山に上って盗賊となる。
賛	(第3位)白玉麒麟 見之可愛 風塵大行 皮毛終壞
後伝	-
絵巻	基本的設定は原典とほぼ同様。陥れられて全てを失った末、曽頭市攻めの中で史文恭と死闘を繰り広げ、その中で托塔天王と出会い、それまでとは別人のような存在感の人間となる。梁山泊では自らの意見を述べることは殆どなく、常に宋江に一歩を譲るが、戦場では槍を取って人を戦慄させるほどの強さを見せる。
北方	北京大名府の大商人だが、裏で闇塩の製造・密売の元締めを務める。青蓮寺に捕らえられ、燕青に救い出された後は梁山泊に入る。捕まった際に受けた拷問が原因で体が衰弱し、偽装和平工作を成功させた後に死亡する。実はかつて腐刑を受けている。
楊令伝	-
ジュニア	基本的設定は原典とほぼ同様。先祖から馬戦車の設計図を受け継いでいたため、曾家の馬戦車に苦戦する梁山泊が接近、それがきっかけで原典同様の経緯を経て入山する。
新伝	北京の金持ち。屋敷が麒麟庄にあり、生まれつき背が高かったことが渾名の由来。賄賂を断わって武挙に不合格になって以来、貪官汚吏を恨み、好漢とよく交わる。燕青とともに気晴らしで北地を旅して穆弘らと意気投合するが、北京帰還後に梁中書の飢民救済策をやり込めて恨みを買い、更に李固と妻の密告で陥れられて捕らわれる。その後は原典とほぼ同様。一貫して招安派として宋江の腹心として活動し、望み通り招安を受けた。
傾城	「傾城水滸伝拾遺物語」では麒麟閣のお俊(きりんかくのおしゅん)。北嵯峨の富豪で、屋敷の瓦に尽く麒麟が刻まれていたことが渾名の由来。温厚な性格で軽々しく怒ることがない。夫の加藤次が、腰元の白李と浮気していた。その他はほぼ原典準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV	天下を動かすほどの財を持ちながら義侠を好む大富豪。晁蓋亡き後の梁山泊への参加を望まれ、嘘の脅迫に招き寄せられて梁山泊を訪れたことがもとで妻・容花と通じた梁中書に陥れられる。梁山泊入りを固辞していたが、娘の鳳仙が悲運の死を遂げたことをきっかけに梁山泊に加わり、第二代首領となる。(演:山村聰)
横山	原作とほぼ同様。長い顎髭がトレードマーク。
沼田	基本的な設定は原典同様。細面の生真面目そうな男。梁山泊の革命の志に共感し、憧れていたことを語るが、家族と店の者を抱える責任感から断った。妻と李固殺害及び梁山泊と結んだ罪で捕らわれるが、原典よりもスムーズに救い出される。しかし梁山泊入りした直後は酒浸りになり荒れ続け、周囲を心配させたが、燕青らの想いを知り、立ち直った。方臘戦後、廬州に官職を得るが、高俅により毒殺される。
読破	-
AKA	北京大名府の大商人。子供のような無邪気な喋り方の男で、従者のはずの燕青にいいようにあしらわれている。
月の蛇	-
SF	天才発明家でロボット博士。元は兵器工廠の主任設計者として数々の兵器の制御回路を作ってきたが、嫌気がさして町工場でロボットを作っていた。脱税の濡れ衣で捕らわれたところを武松に救い出される。軍の遠隔制御・自動制御回路の全てを手がけており、それが幾度となく仲間や人々を救うこととなる。
60億	路俊義(みちとしよし)。スキンヘッドの大富豪。「氷山」の心意気を買い、密かに建造していた高性能帆船「オールメン・アー・ブラザース」号を北海道脱出のために提供する
水辺	精悍な顔立ちの男。陰械は腕から取り出す長矛。先の戦いの後は国軍に属していたが、高俅による国軍の暴走に反対して地下牢に幽閉されていた。脱出して清風山で宋江らと合流。反逆者となっても国が腐っていくのを止めようと主張するが…
天命	体95 腕78 技77 知70 忠68 仁63 勇81 
天導	体91 腕81 技77 知69 忠76 仁82 勇84 最高レベルの商人技能を持つ。
幻想	レパント。コウアンの富豪。帝国に不満を抱きつつも家族の為に従っていたが、魔手が妻アイリーンに及び、遂に立ち上がる。戦後はトラン共和国の初代大統領に就任した。
幻想2	リドリー・ワイゼン/ボリス・ワイゼン(展開によって交代)。リドリーはトゥーリバーのコボルトの軍人。実質的なトゥーリバー軍の指揮官を務める優秀な軍人。ボリスはリドリーの息子で、父の戦死後、留学先から帰国、新同盟軍に力を貸す
幻想3	ササライ。ハルモニア神聖国の神官将で、真なる土の紋章の継承者。実はルックの兄に当たる。紋章狩りを行っていたが、破壊者に自分の紋章を奪われ、主人公たちと共に破壊者に立ち向かう。2では、ハイランド王国へ派兵された部隊の将軍として参戦。
幻想4	リノ・エン・クルデス。オベル王国国王。王族らしからぬ言動や服装だが、勇猛な武人であり、国民の信頼も厚い。主人公の後ろ盾となってクールークと戦い、戦後は「群島諸国連合」を創設して初代代表を務めた。
幻想5	ラージャ。元ファレナ女王国水軍提督で、漁師集団ラフトフリートの現頭領。水上での戦いは百戦錬磨であり、現役時代は「鬼姫」の異名を取った。その人柄から周囲の信頼は厚い。
幻想T	ダイアルフ。フューリーロアの王。豪放磊落な性格で超一流の戦闘力を持つ。一時は協会の策略で主人公たちと敵対するが、誤解が解けてからは一族を挙げて主人公たちに協力する。
幻想百	ジャグワン。スケイルホードのリーダー格で拳法家。スケイルホードにしては感情の起伏が激しく、豪快で陽気な人物。聖皇国軍総帥のダムディンとは互いに認め合った仲だが、彼の選択には反発している。現代の宿星。
GR	本人は登場しないが、渾名の玉麒麟は国際警察機構のヘリコプター名として登場。
その他	「説岳全伝」では、岳飛の師である周侗に武芸を学んだと語られる。秋梨惟喬の「もろこし銀侠伝」に収録された「悪銭滅身」では、梁山泊入りする以前に燕青の頼みでクライマックスに助っ人として登場し、棍棒の腕を見せる。
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:天罡星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:玉麒麟|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第2位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:総頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:北京の大質屋の主人|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:目は双瞳を炯かにし、眉は八字に分かる。身躯九尺、銀の如し。威風凜々として、儀表は天神に似たり。義胆忠肝日を貫き、虹蜺を吐いて志気は雲を凌ぐ。声誉を北京城内に馳せ、元は是れ富豪の門。殺場敵に臨む処、万馬を衝開し、千軍を掃退す。赤心を殫くして国に報い、功勲を建て立つ。慷慨名は宇宙に揚がり、英名を論ぜられて乾坤に播満す。盧員外双名は俊義、河北の玉麒麟。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:北京の大商人で燕青の主人。河北の三絶と呼ばれる豪傑で、晁蓋亡きあとの梁山泊に迎え入れようと宋江が望んだため、呉用の策で梁山泊に誘き出され、賓客としてもてなされた。しかし仲間入りを断って北京に帰ってみれば、その間に妻と密通した番頭の李固に店を乗っ取られた上に、梁山泊と通じているという罪で捕らえられ、長きに渡り獄に繋がれることに。三度に及ぶ梁山泊の北京攻めの末にようやく救出されて梁山泊に入り、曾頭市攻めで晁蓋の仇である史文恭を捕らえた。そのため宋江から首領の座を示されるがこれを固持し、宋江の提案で首領の座を賭けて東昌府を攻めるが、宋江が東平府を落とす方が早かったため、副首領となった。その後は梁山泊が軍を二つに分ける際に一方の指揮を取った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐後、燕青の隠棲の勧めも断って官位を受けるが、蔡京らの企みで水銀を飲まされ、船上から川に落ちて水死。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:玉麒麟李進義。第3位。義兄弟の契りを結んだ仲間たち十二人と花石綱を運搬するが、楊志がいざこざから人を殺してしまったため、流刑となる途中を仲間たちと救い、太行山に上って盗賊となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:(第3位)白玉麒麟 見之可愛 風塵大行 皮毛終壞|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。陥れられて全てを失った末、曽頭市攻めの中で史文恭と死闘を繰り広げ、その中で托塔天王と出会い、それまでとは別人のような存在感の人間となる。梁山泊では自らの意見を述べることは殆どなく、常に宋江に一歩を譲るが、戦場では槍を取って人を戦慄させるほどの強さを見せる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:北京大名府の大商人だが、裏で闇塩の製造・密売の元締めを務める。青蓮寺に捕らえられ、燕青に救い出された後は梁山泊に入る。捕まった際に受けた拷問が原因で体が衰弱し、偽装和平工作を成功させた後に死亡する。実はかつて腐刑を受けている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。先祖から馬戦車の設計図を受け継いでいたため、曾家の馬戦車に苦戦する梁山泊が接近、それがきっかけで原典同様の経緯を経て入山する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:北京の金持ち。屋敷が麒麟庄にあり、生まれつき背が高かったことが渾名の由来。賄賂を断わって武挙に不合格になって以来、貪官汚吏を恨み、好漢とよく交わる。燕青とともに気晴らしで北地を旅して穆弘らと意気投合するが、北京帰還後に梁中書の飢民救済策をやり込めて恨みを買い、更に李固と妻の密告で陥れられて捕らわれる。その後は原典とほぼ同様。一貫して招安派として宋江の腹心として活動し、望み通り招安を受けた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:「傾城水滸伝拾遺物語」では麒麟閣のお俊(きりんかくのおしゅん)。北嵯峨の富豪で、屋敷の瓦に尽く麒麟が刻まれていたことが渾名の由来。温厚な性格で軽々しく怒ることがない。夫の加藤次が、腰元の白李と浮気していた。その他はほぼ原典準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:天下を動かすほどの財を持ちながら義侠を好む大富豪。晁蓋亡き後の梁山泊への参加を望まれ、嘘の脅迫に招き寄せられて梁山泊を訪れたことがもとで妻・容花と通じた梁中書に陥れられる。梁山泊入りを固辞していたが、娘の鳳仙が悲運の死を遂げたことをきっかけに梁山泊に加わり、第二代首領となる。(演:山村聰)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:原作とほぼ同様。長い顎髭がトレードマーク。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:基本的な設定は原典同様。細面の生真面目そうな男。梁山泊の革命の志に共感し、憧れていたことを語るが、家族と店の者を抱える責任感から断った。妻と李固殺害及び梁山泊と結んだ罪で捕らわれるが、原典よりもスムーズに救い出される。しかし梁山泊入りした直後は酒浸りになり荒れ続け、周囲を心配させたが、燕青らの想いを知り、立ち直った。方臘戦後、廬州に官職を得るが、高俅により毒殺される。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:北京大名府の大商人。子供のような無邪気な喋り方の男で、従者のはずの燕青にいいようにあしらわれている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:天才発明家でロボット博士。元は兵器工廠の主任設計者として数々の兵器の制御回路を作ってきたが、嫌気がさして町工場でロボットを作っていた。脱税の濡れ衣で捕らわれたところを武松に救い出される。軍の遠隔制御・自動制御回路の全てを手がけており、それが幾度となく仲間や人々を救うこととなる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:路俊義(みちとしよし)。スキンヘッドの大富豪。「氷山」の心意気を買い、密かに建造していた高性能帆船「オールメン・アー・ブラザース」号を北海道脱出のために提供する|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:精悍な顔立ちの男。陰械は腕から取り出す長矛。先の戦いの後は国軍に属していたが、高俅による国軍の暴走に反対して地下牢に幽閉されていた。脱出して清風山で宋江らと合流。反逆者となっても国が腐っていくのを止めようと主張するが…|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体95 腕78 技77 知70 忠68 仁63 勇81|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体91 腕81 技77 知69 忠76 仁82 勇84 最高レベルの商人技能を持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:レパント。コウアンの富豪。帝国に不満を抱きつつも家族の為に従っていたが、魔手が妻アイリーンに及び、遂に立ち上がる。戦後はトラン共和国の初代大統領に就任した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:リドリー・ワイゼン/ボリス・ワイゼン(展開によって交代)。リドリーはトゥーリバーのコボルトの軍人。実質的なトゥーリバー軍の指揮官を務める優秀な軍人。ボリスはリドリーの息子で、父の戦死後、留学先から帰国、新同盟軍に力を貸す|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:ササライ。ハルモニア神聖国の神官将で、真なる土の紋章の継承者。実はルックの兄に当たる。紋章狩りを行っていたが、破壊者に自分の紋章を奪われ、主人公たちと共に破壊者に立ち向かう。2では、ハイランド王国へ派兵された部隊の将軍として参戦。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:リノ・エン・クルデス。オベル王国国王。王族らしからぬ言動や服装だが、勇猛な武人であり、国民の信頼も厚い。主人公の後ろ盾となってクールークと戦い、戦後は「群島諸国連合」を創設して初代代表を務めた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:ラージャ。元ファレナ女王国水軍提督で、漁師集団ラフトフリートの現頭領。水上での戦いは百戦錬磨であり、現役時代は「鬼姫」の異名を取った。その人柄から周囲の信頼は厚い。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:ダイアルフ。フューリーロアの王。豪放磊落な性格で超一流の戦闘力を持つ。一時は協会の策略で主人公たちと敵対するが、誤解が解けてからは一族を挙げて主人公たちに協力する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:ジャグワン。スケイルホードのリーダー格で拳法家。スケイルホードにしては感情の起伏が激しく、豪快で陽気な人物。聖皇国軍総帥のダムディンとは互いに認め合った仲だが、彼の選択には反発している。現代の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:本人は登場しないが、渾名の玉麒麟は国際警察機構のヘリコプター名として登場。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:その他|LEFT:「説岳全伝」では、岳飛の師である周侗に武芸を学んだと語られる。秋梨惟喬の「もろこし銀侠伝」に収録された「悪銭滅身」では、梁山泊入りする以前に燕青の頼みでクライマックスに助っ人として登場し、棍棒の腕を見せる。|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS