• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 王定六 へ行く。

*地劣星  活閃婆 王定六 [#df28b1cc]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:地劣星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:活閃婆|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第104位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:四店の情報収集・賓客接待担当頭領(北山酒店)|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:建康府の居酒屋|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|LEFT:蚱蜢のごと頭尖って眼目光り、鷺鷥のごと痩腿全く肉無し。路遙かに行走疾きこと飛ぶが如く、揚子江辺の王定六。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#000000):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%AE%9A%E5%85%AD|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐の宣州城攻めで、城壁の上から撃ちかけてきた毒矢に倒れる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:国中を流浪し、裏社会の世情に通じる駿足の掏児。語尾に「ィ」と付ける癖がある。飄々としているが面倒見の良い性格。父親の病のため故郷の建康に戻り、そこで張順を助けた縁で梁山泊入りする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:元・博打打ちの囚人。足の速さが自慢。父が騙されて死んだと知り脱獄し、仇を討ったところで戴宗と出会う。その直後、双頭山への伝令を頼まれて五日間で14,500里を走り抜け、宋江らの命を救った。入山後は重要な事項を直接人間が走って伝える長駆隊の隊長となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:稲妻の定子(いなづまのさだこ)。力が強く走るのが早いのが渾名の由来。天竜川近くの酒家の娘で、百草を探しに来た下貝と出会い、二人で悪党の赤鬼お張と鰍のお三を退治する。その他は原典にほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:替天行道のメンバー。渾名は「稲妻」。無邪気で活発な少年で、普段は劉唐をおちょくって遊んでいる。戴宗に憧れており、自分以外で近づく者には敵意を燃やす。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体79 腕34 技41 知22 忠20 仁38 勇23 忠義が108星で最低値。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体89 腕37 技40 知33 忠50 仁58 勇47|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:サンスケ。大森林の村の風呂職人。いつも笑っているような顔をしている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:ピコ。アルバート率いる楽団のメンバー。かなりのプレイボーイで、行く先々で女の子を口説くいい加減な男。アンネリーを実の妹のように可愛がる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:ゴロウ。最高の風呂を作るため諸国を旅している炎の風呂職人。べらんめえ口調で竹を割ったような性格。父親であるテツをライバル視している。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:タイスケ。風呂に命をかける男。世界の温泉めぐりが趣味で、サッパリした性格。本拠地では風呂を担当する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:ミルーン。ビーバー五兄弟の二番目で長女。ゆっくりとした喋りが特徴。風呂好きで、ヤシュナ村の温泉宿で働いている。女湯覗きには容赦しない。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:ヌムヌ。ポーパス族の戦士。自分が人間の目に可愛く見えることを悪用し、媚びを売ってはタカっていたが、ついに捕らえられ、ネイラの命で主人公の下で働くこととなった。戦後は何故かドロモン海賊団に参加。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:地劣星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:活閃婆|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第104位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:四店の情報収集・賓客接待担当頭領(北山酒店)|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:建康府の居酒屋|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:蚱蜢のごと頭尖って眼目光り、鷺鷥のごと痩腿全く肉無し。路遙かに行走疾きこと飛ぶが如く、揚子江辺の王定六。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:足の速さが自慢の小男。建康府近くの長江岸で父と居酒屋を営んでいたが、安道全を迎えに行った際に追い剥ぎ舟の被害に遭った張順を助け、仕返しの手伝いをした。張順・安道全に同行して梁山泊入り。足の早さを生かして情報収集役となったが、王慶戦で二度手柄を立てた他は目立った活躍はない。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐の宣州城攻めで、城壁の上から撃ちかけてきた毒矢に倒れる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:国中を流浪し、裏社会の世情に通じる駿足の掏児。語尾に「ィ」と付ける癖がある。飄々としているが面倒見の良い性格。父親の病のため故郷の建康に戻り、そこで張順を助けた縁で梁山泊入りする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:元・博打打ちの囚人。足の速さが自慢。父が騙されて死んだと知り脱獄し、仇を討ったところで戴宗と出会う。その直後、双頭山への伝令を頼まれて五日間で14,500里を走り抜け、宋江らの命を救った。入山後は重要な事項を直接人間が走って伝える長駆隊の隊長となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:引き続き長躯隊の指揮を担当し、自らも伝令に立つが引退も考えていた。金軍が西域への商隊を襲撃した際、矢を受けながらも梁山泊まで走りきって襲撃を通報、父の顔を思い浮かべつつ息を引き取る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:安道全の弟子。子供の頃から薬草を採るのが好きで、村人の病を治していた。原典とほぼ同様に張順と知り合い、師とともに梁山泊入りする。師が招安に反発して梁山泊を去った後も宋江らの説得を受けて残り、繰り上げのような形で医薬と治療を司る小頭領となった。百八星落ち。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:「傾城水滸伝拾遺物語」では稲妻の定子(いなづまのさだこ)。力が強く走るのが早いのが渾名の由来。天竜川近くの酒家の娘で、百草を探しに来た下貝と出会い、二人で悪党の赤鬼お張と鰍のお三を退治する。その他は原典にほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:替天行道のメンバー。渾名は「稲妻」。無邪気で活発な少年で、普段は劉唐をおちょくって遊んでいる。戴宗に憧れており、自分以外で近づく者には敵意を燃やす。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体79 腕34 技41 知22 忠20 仁38 勇23 忠義が108星で最低値。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体89 腕37 技40 知33 忠50 仁58 勇47|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:サンスケ。大森林の村の風呂職人。いつも笑っているような顔をしている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:ピコ。アルバート率いる楽団のメンバー。かなりのプレイボーイで、行く先々で女の子を口説くいい加減な男。アンネリーを実の妹のように可愛がる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:ゴロウ。最高の風呂を作るため諸国を旅している炎の風呂職人。べらんめえ口調で竹を割ったような性格。父親であるテツをライバル視している。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:タイスケ。風呂に命をかける男。世界の温泉めぐりが趣味で、サッパリした性格。本拠地では風呂を担当する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:ミルーン。ビーバー五兄弟の二番目で長女。ゆっくりとした喋りが特徴。風呂好きで、ヤシュナ村の温泉宿で働いている。女湯覗きには容赦しない。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:ヌムヌ。ポーパス族の戦士。自分が人間の目に可愛く見えることを悪用し、媚びを売ってはタカっていたが、ついに捕らえられ、ネイラの命で主人公の下で働くこととなった。戦後は何故かドロモン海賊団に参加。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:メズワル。ホドス村の薬使い。ワフディに残した(無理矢理ねだられた)薬術秘伝書がモーディに伝わる。100年前の宿星だが既に故人。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS