• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 朱仝 へ行く。

*天満星  美髯公 朱仝 [#t6776b1b]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:天満星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:美髯公|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第12位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:騎兵軍八驃騎兼先鋒使|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:鄆城県捕盗係の騎兵の都頭|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|LEFT:義胆忠肝の豪傑、胸中には武芸精通す。群を超え衆を出て果しく英雄なり。弓を彎きて能く虎を射、剣を提げて竜を誅す可し。一表は堂々として神鬼も怕れ、形容は凛々として威風あり。面は重棗の如く色通紅。雲長重ねて世に出ず、人は号す美髯公。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|LEFT:ウン城県の都頭で雷横の同僚。関羽に似た立派なあごひげを持ち、義に厚い人物で、交誼を結んでいた晁蓋や宋江が罪を犯した際にはわざと逃がした。その後、死罪となった雷横を逃がした罪で滄州に流刑となるが、知事の幼い息子に懐かれて守り役となり、平穏に暮らした。しかし彼を梁山泊に引き入れようとした呉用の策で李逵が子供を殺害、やむなく梁山泊に入るが、しばらく李逵のことは許していなかった。梁山泊では騎兵軍の頭領として、幾多の戦いで活躍した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐後、保定府都統制となる。後に劉光世に従って金国を打ち破り、太平軍節度使にまで出世した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:美髯公朱同。第22位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊へ|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:(第30位)長髯郁然 美哉豐姿 忍使尺宅 而見赤眉|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:保定で都統制を務めていたが、金軍に敗れ、逃れる最中に呼延灼らに救われ、飲馬川入り。飲馬川組が登雲山に向かう際に一旦別れ、雷横の母を引き取りに向かったところで密告を受け捕らわれ、そこで皇甫端と出会う。皇甫端・宋清ともども燕青らに救い出された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。素封家の跡継ぎだが、身分違いの雷横とは幼馴染みの親友で、絶妙なコミュニケーションを見せる。妻の玉琴との間に男児がいたが、李逵が子供を殺したことの償いのため、知府のもとに残してきた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:元・鄆城県の騎兵部隊の将校。剛直な性格を疎まれて地方へ左遷され、そこで宋江らと出会い同志となる。宋清が鄆城県から逃れた際、共に梁山泊に入り、雷横と共に双頭山の総隊長となる。董万の総攻撃に対し、双頭山を守り抜いた果てに力尽きた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:楊令伝|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:朱同。原典とほぼ同様。八尺四寸ととんでもない長身の巨漢。後にウン城県の刑務所長となるが原典同様に雷横を助けて流刑となる。知府の子供は李逵の独断で誘拐され、朱仝が梁山泊入りすると無事解放されたため、知府にも何か事情があったのだろうと理解された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:新伝|COLOR(#000000):LEFT:第21位。原典とほぼ同様だが、死罪となった雷横を助けて一緒に梁山泊入りしようとしたのが露見、捕らわれて雷横ともども護送されるところを梁山泊に救われた。宋江に従い招安を受けた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:篠芒の朱良井(しのすすきのあからい)。難波津を預かる天野判官遠光の女武者。稲妻を逃して佐渡国に流されるが、そこの領主・本間太郎兼照に気に入られ、その一人息子・若丸の守役となる。力寿から若丸を川に投げ込んだと告げられ、それは嘘だったものの、目を離したことで兼照の激しい怒りを買い、やむなく入山する。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。何故か雷横より髭が短い。雷横ともども晁蓋や宋江捕縛に引っ張り出されるが、柴進らとの共闘を経て梁山泊入り。回によっては「朱同」とクレジットされていた。(演:浜田晃)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:沼田|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同様。顎の先に短い髭のある男。雷横とともに、床下に隠れている宋江にわざと聴かせるように柴進の話をして逃げるように促した。宋江を逃がした後は出番がなかったが、いつの間にか梁山泊入りしていた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:備前朱道(びぜんしゅどう)。備前石油会長の一人息子。N・S・Pに家族もろとも銃撃を受け、家を焼かれるが一人生き残る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体96 腕82 技57 知49 忠59 仁72 勇53|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体94 腕82 技70 知76 忠79 仁85 勇74 何故か高めの商人技能を持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:クレオ。古くからのテオ直属の部下として働く女戦士。物語当初から主人公と行動を共にする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:フェザー/ジークフリード/アビズボア(いずれか一体)。フェザーは風吹くの谷出身の知能の高いグリフォン。ジークフリードはコボルトの森に現れるユニコーン。アビズボアはティントの鉱山の奥深くに棲むクラーケン。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:ジョアン。ビュッデヒュッケ城内に武術指南所を構える青年。腕は確かだがやる気が無く、いつも昼寝している。過去に父を倒した流れの道場破りを倒すため、道場を開いて待っている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:ポーラ。主人公と同期のガイエン海上騎士団訓練生のハーフエルフ。口数は少ないが、真面目で仲間への思いやりに溢れる少女。戦後はナ・ナル島に移る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:ダイン。セーブル地方の警備隊長。まだ若いが、長剣を自在に操る有能な武将。ソリス・ラウルベルの息女サリーシャとは公認の仲。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:ディアドラ。ひとつの道の協会の司書の長を務める女性。トビラを自在に作り出す能力を持つ。実はかつて一なる王に滅ぼされた世界の住人で、全てに絶望していたが、主人公の前向きな精神に希望を見出す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想百|COLOR(#000000):LEFT:ユディエラ。オロスク村の鎧細工職人。腕はいいが職人気質で偏屈な老女。現代の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:天満星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:美髯公|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第12位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:騎兵軍八驃騎兼先鋒使|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:鄆城県捕盗係の騎兵の都頭|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:義胆忠肝の豪傑、胸中には武芸精通す。群を超え衆を出て果しく英雄なり。弓を彎きて能く虎を射、剣を提げて竜を誅す可し。一表は堂々として神鬼も怕れ、形容は凛々として威風あり。面は重棗の如く色通紅。雲長重ねて世に出ず、人は号す美髯公。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:ウン城県の都頭で雷横の同僚。関羽に似た立派なあごひげを持ち、義に厚い人物で、交誼を結んでいた晁蓋や宋江が罪を犯した際にはわざと逃がした。その後、死罪となった雷横を逃がした罪で滄州に流刑となるが、知事の幼い息子に懐かれて守り役となり、平穏に暮らした。しかし彼を梁山泊に引き入れようとした呉用の策で李逵が子供を殺害、やむなく梁山泊に入るが、しばらく李逵のことは許していなかった。梁山泊では騎兵軍の頭領として、幾多の戦いで活躍した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐後、保定府都統制となる。後に劉光世に従って金国を打ち破り、太平軍節度使にまで出世した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:美髯公朱同。第22位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊へ|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:(第30位)長髯郁然 美哉豐姿 忍使尺宅 而見赤眉|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:保定で都統制を務めていたが、金軍に敗れ、逃れる最中に呼延灼らに救われ、飲馬川入り。飲馬川組が登雲山に向かう際に一旦別れ、雷横の母を引き取りに向かったところで密告を受け捕らわれ、そこで皇甫端と出会う。皇甫端・宋清ともども燕青らに救い出された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。素封家の跡継ぎだが、身分違いの雷横とは幼馴染みの親友で、絶妙なコミュニケーションを見せる。妻の玉琴との間に男児がいたが、李逵が子供を殺したことの償いのため、知府のもとに残してきた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:元・鄆城県の騎兵部隊の将校。剛直な性格を疎まれて地方へ左遷され、そこで宋江らと出会い同志となる。宋清が鄆城県から逃れた際、共に梁山泊に入り、雷横と共に双頭山の総隊長となる。董万の総攻撃に対し、双頭山を守り抜いた果てに力尽きた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:朱同。原典とほぼ同様。八尺四寸ととんでもない長身の巨漢。後にウン城県の刑務所長となるが原典同様に雷横を助けて流刑となる。知府の子供は李逵の独断で誘拐され、朱仝が梁山泊入りすると無事解放されたため、知府にも何か事情があったのだろうと理解された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第21位。原典とほぼ同様だが、死罪となった雷横を助けて一緒に梁山泊入りしようとしたのが露見、捕らわれて雷横ともども護送されるところを梁山泊に救われた。宋江に従い招安を受けた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:篠芒の朱良井(しのすすきのあからい)。難波津を預かる天野判官遠光の女武者。稲妻を逃して佐渡国に流されるが、そこの領主・本間太郎兼照に気に入られ、その一人息子・若丸の守役となる。力寿から若丸を川に投げ込んだと告げられ、それは嘘だったものの、目を離したことで兼照の激しい怒りを買い、やむなく入山する。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。何故か雷横より髭が短い。雷横ともども晁蓋や宋江捕縛に引っ張り出されるが、柴進らとの共闘を経て梁山泊入り。回によっては「朱同」とクレジットされていた。(演:浜田晃)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:原典とほぼ同様。顎の先に短い髭のある男。雷横とともに、床下に隠れている宋江にわざと聴かせるように柴進の話をして逃げるように促した。宋江を逃がした後は出番がなかったが、いつの間にか梁山泊入りしていた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:備前朱道(びぜんしゅどう)。備前石油会長の一人息子。N・S・Pに家族もろとも銃撃を受け、家を焼かれるが一人生き残る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体96 腕82 技57 知49 忠59 仁72 勇53|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体94 腕82 技70 知76 忠79 仁85 勇74 何故か高めの商人技能を持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:クレオ。古くからのテオ直属の部下として働く女戦士。物語当初から主人公と行動を共にする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:フェザー/ジークフリード/アビズボア(いずれか一体)。フェザーは風吹くの谷出身の知能の高いグリフォン。ジークフリードはコボルトの森に現れるユニコーン。アビズボアはティントの鉱山の奥深くに棲むクラーケン。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:ジョアン。ビュッデヒュッケ城内に武術指南所を構える青年。腕は確かだがやる気が無く、いつも昼寝している。過去に父を倒した流れの道場破りを倒すため、道場を開いて待っている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:ポーラ。主人公と同期のガイエン海上騎士団訓練生のハーフエルフ。口数は少ないが、真面目で仲間への思いやりに溢れる少女。戦後はナ・ナル島に移る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:ダイン。セーブル地方の警備隊長。まだ若いが、長剣を自在に操る有能な武将。ソリス・ラウルベルの息女サリーシャとは公認の仲。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:ディアドラ。ひとつの道の協会の司書の長を務める女性。トビラを自在に作り出す能力を持つ。実はかつて一なる王に滅ぼされた世界の住人で、全てに絶望していたが、主人公の前向きな精神に希望を見出す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:ユディエラ。オロスク村の鎧細工職人。腕はいいが職人気質で偏屈な老女。現代の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS