• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 扈三娘 へ行く。

*地慧星  一丈青 扈三娘 [#fa6da39b]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:地慧星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:一丈青|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第59位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:三軍内の監察を担当する騎兵軍頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:済州独竜岡扈家荘の令嬢|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|LEFT:霧なす鬢と雲なす鬟に女将嬌やかなり、鳳頭の鞋、宝鐙斜めに踏む。黄金の堅甲、紅紗を襯し、獅蛮の帯は柳腰に端しく跨く。巨斧は雄兵を把って乱砍し、玉繊は猛将を将て生拿す。天然の美貌海棠花、一丈青当先に出馬す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#0000FF):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%88%E4%B8%89%E5%A8%98|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐の烏竜嶺攻めで、王英を討った鄭彪を追うも罠にはまり、鄭彪の銅磚を顔に受けて討たれる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。日輪と月牙の二刀の他、鉤のついた一丈ほどの青絹の紐を操る。権勢欲の強い父の下で自分を殺してきたため、買って自由になるため梁山泊との戦いに加わる。梁山泊に迎えられた後、自分の意志で王英との結婚を選んだ。梁山泊では娘子軍を率いることが多い。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:扈家荘の保正の娘で、海棠の花と称される美貌の持ち主。祝家荘戦で兵を率いて活躍するが、林冲に瀕死の重傷を負わされる。回復した後、望んで梁山泊入り。天性の指揮の才を持ち、林冲の下で騎馬隊の隊長となる。晁蓋に惚れていたが、彼の死後、幾度となく自分の危機を救ってくれた王英と結婚する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:扈家荘軍の女司令官で祝彪の許嫁。原典同様に梁山泊軍を苦しめるが、自分の配下も被害が多く、一対一で勝負を決めようとしう林冲の言葉に乗って決闘、敗れる。その後、梁山泊の仕業と言われていたものが祝家荘によるものと聞かされ、梁山泊の味方となり、祝家荘に潜入して内応。祝彪に指輪を叩き返した上、自ら弓で射殺した。それが心の傷となってふさぎ込んでいたが、宋江の媒酌で王英と結ばれる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:青海原胡沙丸または胡沙田の胡沙丸。(あおうなばらこさまる)胡沙の庄官定村の後室・野作(えみし)の刀自の息子で若衆姿の美少年。姉は丈夫乙女鳴子または健少女鳴子(ますらをとめなるこ)。大波の打つような勢いある武勇を誇るのが渾名の由来。櫻戸に捕らえられ、末廣の父・蟹部の木工六に預けられる。許嫁の熊媛が母を殺したこともあり、大箱の説得で腐鶏と結婚し、前髪を剃って胡三郎三丈と名乗る。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:本編のヒロイン。見目麗しい姿ながら、二刀を自在に操る女丈夫。高求への人身御供として献上されてきたところを林冲に救われて以来、彼を慕って後を追い、紆余曲折を経て梁山泊に入る。ほとんどの戦いで、林中の傍にいた。扈家荘の主の娘であり、燕麗という妹がいるが、祝家三兄弟との戦いで双方を喪った。(演:土田早苗)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じだが、扈家荘が登場しないため、祝家荘所属。捕虜となった際に祝朝奉に見捨てられたことをきっかけに梁山泊に入るが、結婚の場面はない。首に矢が貫通した死亡シーンはかなり怖い。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:陸謙の側近の美女。陸謙の前で林冲と二刀で戦い、その速さで苦しめたが、妻を失い激高した林冲に一蹴される。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:梁山泊に向かう途中で戴宗たちが出会った美少女。極度の大食いなうえ、怪力の持ち主だが、本人は自分をかよわいと言い張る。山賊に奪われた日月双刀を取り返すため、梁山泊入りする。実は双子で、真の扈三娘は別に存在することが続編予告で示されている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。翠華の兄である祝彪の許嫁であり、翠華にも慕われていたが、家が滅んで以来別人のように無表情となった。李逵、花栄らとともに扈成の屋敷を襲撃、翠華を捕らえるが、隙を突いて花栄を攻撃。相打ち覚悟で追い詰めるが、項充と李袞に阻まれる。その後、深傷を負った身で飛虎と翠華を逃がすため単身林冲に挑んで散った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:火の玉の戸三娘。表の顔は何財閥当主の一人娘だが、裏では素顔を隠して天球星の泥棒たちを治める姉御。役人を襲って庶民の財産を取り戻す義賊をしていた。高求の息子・高十との婚礼の日に高十を殺して表舞台から消え、戸三娘に専念する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:二刀を得物とする長い黒髪の美少女。晁蓋の呼びかけに応え、王英とペアを組み、清風山を守るが、裏切り者の刃に倒れる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体85 腕68 技81 知51 忠70 仁72 勇59|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体88 腕76 技77 知64 忠52 仁84 勇79 小娘技能は108星で最高値。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:カスミ。テオの軍に壊滅させられたロッカクの里のくノ一。助けを求めるために解放軍の本拠地に現れ、仲間となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:カスミ/トモ(どちらか一人)。カスミはロッカクの里の副頭領で、レパントの命で新同盟軍に助力する。前作の主人公を慕っているが…。トモはツァイの娘で父譲りの槍術の使い手。別居中の両親の仲を案じている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:リリィ・ペンドラゴン。ティント共和国のグスタフ大統領の娘。我侭でお転婆な女性。従者のリードとサムスを伴い、「炎の運び手」を追ってグラスランドを訪れた。2では少女時代にネクロードに攫われた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:ミレイ。勝手にラインバッハIII世の許婚にされ、逃げ回っていた美少女。素直で、曲がったことが嫌いな性格。戦後はオベル王国で将軍職に就く。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:ハヅキ。某国で剣術指南役を務める名門宗家の跡取娘。百年に一人と言われる天才剣士だが、ベルクートに敗れたことから、雪辱のため彼を追っている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:ユラ。旅の武芸者を自称する礼儀正しい少女。北辰皇国出身で、二刀流の達人。その正体は、北辰皇国七天将の戦巫女・マユラ姫ではないかとの噂がある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:既に故人で設定上名前のみ存在。衝撃のアルベルトの妻で、サニー・ザ・マジシャンを産んだ。|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:地慧星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:一丈青|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第59位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:三軍内の監察を担当する騎兵軍頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:済州独竜岡扈家荘の令嬢|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:霧なす鬢と雲なす鬟に女将嬌やかなり、鳳頭の鞋、宝鐙斜めに踏む。黄金の堅甲、紅紗を襯し、獅蛮の帯は柳腰に端しく跨く。巨斧は雄兵を把って乱砍し、玉繊は猛将を将て生拿す。天然の美貌海棠花、一丈青当先に出馬す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:扈家荘の長の娘で、「海棠の花」と謳われるほどの佳人にして日月の双刀を操る武芸の達人。祝彪の許嫁であったことから梁山泊戦に参戦し、その武勇で王英を生け捕り、宋江をも追い詰めるが、林沖には敵わず捕らえられた。梁山泊では丁重に扱われるが、李逵の暴走で兄以外の家族を失って帰る家も失い、宋江に説得されて梁山泊入り。宋江の媒酌で王英と結婚することとなった。梁山泊では王英と夫婦揃って戦場で戦うことが多かったが、顧大嫂・孫二娘とともに部隊を率いることもあった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐の烏竜嶺攻めで、王英を討った鄭彪を追うも罠にはまり、鄭彪の銅磚を顔に受けて討たれる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。日輪と月牙の二刀の他、鉤のついた一丈ほどの青絹の紐を操る。権勢欲の強い父の下で自分を殺してきたため、買って自由になるため梁山泊との戦いに加わる。梁山泊に迎えられた後、自分の意志で王英との結婚を選んだ。梁山泊では娘子軍を率いることが多い。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:扈家荘の保正の娘で、海棠の花と称される美貌の持ち主。祝家荘戦で兵を率いて活躍するが、林冲に瀕死の重傷を負わされる。回復した後、望んで梁山泊入り。天性の指揮の才を持ち、林冲の下で騎馬隊の隊長となる。晁蓋に惚れていたが、彼の死後、幾度となく自分の危機を救ってくれた王英と結婚する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:王英の二人の子が拉致されたのを単独で救出に向かい、聞煥章に捕らわれて陵辱される。聞煥章を殺害して逃れるものの、精神に均衡を欠くようになる。童貫との決戦中に花飛麟の求婚を受け入れるが、すぐ後に劉光世に自殺行為のような突撃を仕掛け、重傷を負わせるも戦死した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:扈家荘軍の女司令官で祝彪の許嫁。原典同様に梁山泊軍を苦しめるが、自分の配下も被害が多く、一対一で勝負を決めようとしう林冲の言葉に乗って決闘、敗れる。その後、梁山泊の仕業と言われていたものが祝家荘によるものと聞かされ、梁山泊の味方となり、祝家荘に潜入して内応。祝彪に指輪を叩き返した上、自ら弓で射殺した。それが心の傷となってふさぎ込んでいたが、宋江の媒酌で王英と結ばれる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第64位 地英星。二刀のほか李応直伝の飛刀の使い手。原典同様梁山泊軍と戦うが、董平に敗れた上に一目惚れ。女性頭領たちの説得もあり、梁山泊に入って董平と結ばれる。百八星集結後は女驃騎将。招安に応じるが、皇帝から宮廷に入るよう望まれ、董平ともども穆弘らに合流する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:青海原胡沙丸または胡沙田の胡沙丸。(あおうなばらこさまる)胡沙の庄官定村の後室・野作(えみし)の刀自の息子で若衆姿の美少年。姉は丈夫乙女鳴子または健少女鳴子(ますらをとめなるこ)。大波の打つような勢いある武勇を誇るのが渾名の由来。櫻戸に捕らえられ、末廣の父・蟹部の木工六に預けられる。許嫁の熊媛が母を殺したこともあり、大箱の説得で腐鶏と結婚し、前髪を剃って胡三郎三丈と名乗る。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:本編のヒロイン。見目麗しい姿ながら、二刀を自在に操る女丈夫。高求への人身御供として献上されてきたところを林冲に救われて以来、彼を慕って後を追い、紆余曲折を経て梁山泊に入る。ほとんどの戦いで、林中の傍にいた。扈家荘の主の娘であり、燕麗という妹がいるが、祝家三兄弟との戦いで双方を喪った。(演:土田早苗)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様だが、扈家荘が登場しないため、祝家荘所属。捕虜となった際に祝朝奉に見捨てられたことをきっかけに梁山泊に入るが、結婚の場面はない。首に矢が貫通した死亡シーンはかなり怖い。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:陸謙の側近の美女。陸謙の前で林冲と二刀で戦い、その速さで苦しめたが、妻を失い激高した林冲に一蹴される。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:梁山泊に向かう途中で戴宗たちが出会った美少女。極度の大食いなうえ、怪力の持ち主だが、本人は自分をかよわいと言い張る。山賊に奪われた日月双刀を取り返すため、梁山泊入りする。実は双子で、真の扈三娘は別に存在することが続編予告で示されている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。翠華の兄である祝彪の許嫁であり、翠華にも慕われていたが、家が滅んで以来別人のように無表情となった。李逵、花栄らとともに扈成の屋敷を襲撃、翠華を捕らえるが、隙を突いて花栄を攻撃。相打ち覚悟で追い詰めるが、項充と李袞に阻まれる。その後、深傷を負った身で飛虎と翠華を逃がすため単身林冲に挑んで散った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:火の玉の戸三娘。表の顔は何財閥当主の一人娘だが、裏では素顔を隠して天球星の泥棒たちを治める姉御。役人を襲って庶民の財産を取り戻す義賊をしていた。高求の息子・高十との婚礼の日に高十を殺して表舞台から消え、戸三娘に専念する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:二刀を得物とする長い黒髪の美少女。晁蓋の呼びかけに応え、王英とペアを組み、清風山を守るが、裏切り者の刃に倒れる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体85 腕68 技81 知51 忠70 仁72 勇59|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体88 腕76 技77 知64 忠52 仁84 勇79 小娘技能は108星で最高値。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:カスミ。テオの軍に壊滅させられたロッカクの里のくノ一。助けを求めるために解放軍の本拠地に現れ、仲間となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:カスミ/トモ(どちらか一人)。カスミはロッカクの里の副頭領で、レパントの命で新同盟軍に助力する。前作の主人公を慕っているが…。トモはツァイの娘で父譲りの槍術の使い手。別居中の両親の仲を案じている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:リリィ・ペンドラゴン。ティント共和国のグスタフ大統領の娘。我侭でお転婆な女性。従者のリードとサムスを伴い、「炎の運び手」を追ってグラスランドを訪れた。2では少女時代にネクロードに攫われた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:ミレイ。勝手にラインバッハIII世の許婚にされ、逃げ回っていた美少女。素直で、曲がったことが嫌いな性格。戦後はオベル王国で将軍職に就く。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:ハヅキ。某国で剣術指南役を務める名門宗家の跡取娘。百年に一人と言われる天才剣士だが、ベルクートに敗れたことから、雪辱のため彼を追っている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:ユラ。旅の武芸者を自称する礼儀正しい少女。北辰皇国出身で、二刀流の達人。その正体は、北辰皇国七天将の戦巫女・マユラ姫ではないかとの噂がある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:シルディス。主人公やトルワドの祖先にあたる美少女剣士。ノルバノスの護衛についていた際に主人公と出会う。後にマクシモスに協力して蒼閃流完成を助けた。200年前の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:既に故人で設定上名前のみ存在。衝撃のアルベルトの妻で、サニー・ザ・マジシャンを産んだ。|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS