• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 戴宗 へ行く。

*天速星  神行太保 戴宗 [#ccb4e917]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:天速星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:神行太保|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第20位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:情報探索総責任者|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:江州の牢役人|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|LEFT:面は闊く唇は方に神眼突す。痩長清秀の身の材、皂紗巾の畔に翠花開く。黄旗に令の字を書し、紅串は宣牌に映ず。両隻の脚は千里の路を行き、羅衫常に塵埃を惹く。程途の八百を去りて還た来たる。神行は真に太保なる、院長戴宗の才。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#0000FF):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%B4%E5%AE%97|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐後、官位を返上して泰安州の嶽廟に仕えて出家し、数ヵ月後に笑いながら大往生を遂げた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:第23位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊へ|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:(第23位)不疾而速 故神無方 汝行何之 敢離太行|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:泰安州で道士としていたが、童貫によって都統制に任じられ、遼との戦の伝令使として駆り出される。詔書を裏切り者に焼き捨てられたため帰れなくなり、柴進の元に向かうが、柴進の難を知り、飲馬川を頼る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。柔軟な思考と世馴れた性格の持ち主だが、牢城では吝嗇で有名だった。かつては李俊の妻となった慧鳳に惚れていた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:元・江州の牢役人で宋江の最古参の同志。外見は冴えない小男だが、足が異常に早い。本職の傍ら飛脚業を営み、同志の通信網を構成していた。江州で宋江と共に黄文炳の軍に包囲されるも、よく耐えて救い出された。その後、梁山泊の通信担当になる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。イラストでは縮れっ毛の髭もじゃの大男。呉用先生に特別に目をかけられた生徒だった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:韋駄天の夏目(いだてんのなつめ)。上総国九十九里浜の女流人の惣頭。甲馬一つにつき二十里、四つで八十里を走る仙術を使う。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:韋駄天の戴宋。一日五百里を走る能力を持つ。初めから梁山泊に所属しており、故郷の江州に宋江を救い出しに行く際に、牢城に潜り込んで役人となった。得物は手甲に仕込まれた短刀。後に扈三娘の妹・燕麗と恋仲になるが…(演:黒沢年男)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。糸目で濃いもみあげの男。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:大名府の牢番長。髪を束ねた忍者っぽいルックスの男で、神の足・神行法の使い手。大名府のやり方に疑問を抱き、長官を討つことを提案、梁山泊に援軍を要請しにいく。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:本作の主人公。渾名は流星。替天行道のメンバーで、傍若無人な少年。口癖は「笑えねぇ」と「~かどうかはオレが決める」。宝剣「伏魔之剣」と、人間離れした脚力を武器とし、任務のため諸国を巡る。梁山泊での戦いの中で宿星の力を扱えるようになった。高俅とは浅からぬ因縁を持っている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:大鵬太三(たいほうたいぞう)。大鵬石油の若き二代目だが、N・S・Pにより会社の権利を奪われる。超バイクG・1を乗りこなす。小花自然動物園に匿われる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:物静かな長い髪の美女。隠械は背中に備わった翼で、空を自在に飛ぶことができる。晁蓋とともに梁山泊におり、宋江らと合流してからは行動を共にする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体88 腕42 技73 知70 忠51 仁68 勇30|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体88 腕57 技76 知70 忠62 仁75 勇71 一応道士技能を持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:スタリオン。真神行法の紋章を持つ、足の速さが自慢のエルフ。エルフらしからぬ脳天気な性格。エルフの村が壊滅した際にその俊足で逃れた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:スタリオン。世界一速い男になるために修行の旅に出た先で、デュナン統一戦争に巻き込まれる。主人公との逃げ足勝負に敗れて仲間となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:ナッシュ・クロービス。ハルモニア神聖国の特殊工作員。つかみどころがなく人を食ったような言動の男。非常に運が悪く、特に人外に好かれる。一応既婚者らしい。外伝ではナッシュ・ラトキエの名で主人公を務めていた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:セドリック。神行法の紋章を宿す少年。世間知らずのため食事に金を払うことを知らず食い逃げを繰り返している。そのため借金取りのレイチェルに追われているが、それを楽しんでいる節がある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:キャザリー。真・神行法の紋章を持ち「魔弾の射手」の異名を持つ凄腕スナイパー。ハルモニア神聖国のギルド「ほえ猛る声の組合」の構成員らしく、「ガン」を使用する。ルクレティアとは旧知の仲。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:ツァウベルン。海の向こうのライテルシルト連合王国から来た青年。人の数倍の速さで動く魔道を会得している。鷹揚な性格で、高いところを好む変人だが、実は切れ者。王国の六大公家の筆頭、ハルニッシュ家の次期当主と共通点が多い。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:国際警察機構九大天王の一人で北京支部所属のエキスパート。衝撃波を操る噴射拳と、音速のスピードで移動する神行法の遣い手で、兄貴肌の好漢。楊志の夫で、大作には親のような愛情を注いでいた。上海油田で、大作らを逃がすためライバルのアルベルトの一撃を敢えて受け、斃れる。(声:若本規夫)|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:天速星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:神行太保|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第20位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:情報探索総責任者|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:江州の牢役人|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:面は闊く唇は方に神眼突す。痩長清秀の身の材、皂紗巾の畔に翠花開く。黄旗に令の字を書し、紅串は宣牌に映ず。両隻の脚は千里の路を行き、羅衫常に塵埃を惹く。程途の八百を去りて還た来たる。神行は真に太保なる、院長戴宗の才。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:江州の牢役人で、一日に八百里を走る神行法の使い手。李逵の兄貴分で、数少ない李逵を制御できる人物の一人。江州に流刑となった宋江と、旧友の呉用の紹介で知り合い、李逵ともども交誼を結んだ。宋江が叛詩を書いて投獄された際には、その処分を東京に諮る使者となり、途中の梁山泊で呉用に策を授けられて偽手紙を持って帰るが、呉用の失敗により見破られて自分も捕縛。宋江ともども処刑されるところを、梁山泊に救出され、梁山泊入りした。梁山泊では神行法を生かして伝令、人捜し、情報収集等に大活躍、特に実家に帰った公孫勝を探しに出た際は、数多くの好漢を梁山泊に導いた。田虎戦ではより優れた神行法の使い手の馬霊に伝授されて一日に千里を走れるようになった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐後、官位を返上して泰安州の嶽廟に仕えて出家し、数ヵ月後に笑いながら大往生を遂げた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:第23位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊へ|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:(第23位)不疾而速 故神無方 汝行何之 敢離太行|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:泰安州で道士としていたが、童貫によって都統制に任じられ、遼との戦の伝令使として駆り出される。詔書を裏切り者に焼き捨てられたため帰れなくなり、柴進の元に向かうが、柴進の難を知り、飲馬川を頼る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。柔軟な思考と世馴れた性格の持ち主だが、牢城では吝嗇で有名だった。かつては李俊の妻となった慧鳳に惚れていた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:元・江州の牢役人で宋江の最古参の同志。外見は冴えない小男だが、足が異常に早い。本職の傍ら飛脚業を営み、同志の通信網を構成していた。江州で宋江と共に黄文炳の軍に包囲されるも、よく耐えて救い出された。その後、梁山泊の通信担当になる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:呉用の命で諜報・工作を担当。老いても俊足は健在だが、次第に若手や自分の境遇、梁山泊の路線に大きな不満を抱き、酒に溺れて周囲からは敬遠されるようになった。扈成暗殺時に傷を負うが、犬猿の仲だった侯真らの窮地を救うために駆けつけ、最後に自分の生き様を見せつけて逝く。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:原典とほぼ同様。イラストでは縮れっ毛の髭もじゃの大男。呉用先生に特別に目をかけられた生徒だった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第26位。原典とほぼ同様。郷里の東嶽廟で太保をしていた時、廟にいた老道士から鉛を脚につける特訓を受けて神行法を授けられた。その後、楊林に神行法を授けた。招安の際には、宋江の命を受けて使者として活動するが、その結果を見て激しく後悔し、招安直前に自らの右足を切断、泰山の東嶽廟で出家した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:韋駄天の夏目(いだてんのなつめ)。上総国九十九里浜の女流人の惣頭。甲馬一つにつき二十里、四つで八十里を走る仙術を使う。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:韋駄天の戴宋。一日五百里を走る能力を持つ。初めから梁山泊に所属しており、故郷の江州に宋江を救い出しに行く際に、牢城に潜り込んで役人となった。得物は手甲に仕込まれた短刀。後に扈三娘の妹・燕麗と恋仲になるが…(演:黒沢年男)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:原典とほぼ同様。糸目で濃いもみあげの男。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:原典と基本的な設定は同様。牢城に無実の者たちが多く送られ、処刑される現実に嫌気が差して、昼から酒を食らっていた。初めから梁山泊に行きたがっており、煮え切らない宋江に発破をかけていた。宋江が叛詩を読んだ際守ろうとして戦い、一緒に捕らわれる処刑されることとなるが、処刑直前の最後の食事と酒を平然と平らげる剛胆なところを見せた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:大名府の牢番長。髪を束ねた忍者っぽいルックスの男で、神の足・神行法の使い手。大名府のやり方に疑問を抱き、長官を討つことを提案、梁山泊に援軍を要請しにいく。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:本作の主人公。渾名は流星。替天行道のメンバーで、傍若無人な少年。口癖は「笑えねぇ」と「~かどうかはオレが決める」。宝剣「伏魔之剣」と、人間離れした脚力を武器とし、任務のため諸国を巡る。梁山泊での戦いの中で宿星の力を扱えるようになった。高俅とは浅からぬ因縁を持っている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:大鵬太三(たいほうたいぞう)。大鵬石油の若き二代目だが、N・S・Pにより会社の権利を奪われる。超バイクG・1を乗りこなす。小花自然動物園に匿われる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:物静かな長い髪の美女。隠械は背中に備わった翼で、空を自在に飛ぶことができる。晁蓋とともに梁山泊におり、宋江らと合流してからは行動を共にする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体88 腕42 技73 知70 忠51 仁68 勇30|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体88 腕57 技76 知70 忠62 仁75 勇71 一応道士技能を持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:スタリオン。真神行法の紋章を持つ、足の速さが自慢のエルフ。エルフらしからぬ脳天気な性格。エルフの村が壊滅した際にその俊足で逃れた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:スタリオン。世界一速い男になるために修行の旅に出た先で、デュナン統一戦争に巻き込まれる。主人公との逃げ足勝負に敗れて仲間となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:ナッシュ・クロービス。ハルモニア神聖国の特殊工作員。つかみどころがなく人を食ったような言動の男。非常に運が悪く、特に人外に好かれる。一応既婚者らしい。外伝ではナッシュ・ラトキエの名で主人公を務めていた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:セドリック。神行法の紋章を宿す少年。世間知らずのため食事に金を払うことを知らず食い逃げを繰り返している。そのため借金取りのレイチェルに追われているが、それを楽しんでいる節がある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:キャザリー。真・神行法の紋章を持ち「魔弾の射手」の異名を持つ凄腕スナイパー。ハルモニア神聖国のギルド「ほえ猛る声の組合」の構成員らしく、「ガン」を使用する。ルクレティアとは旧知の仲。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:ツァウベルン。海の向こうのライテルシルト連合王国から来た青年。人の数倍の速さで動く魔道を会得している。鷹揚な性格で、高いところを好む変人だが、実は切れ者。王国の六大公家の筆頭、ハルニッシュ家の次期当主と共通点が多い。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:ギジェリガー。フェザートライブの忍者でレギウスの部下。以前人間に捕まった際にレギウスに助けられ、彼に育てられた。諜報活動ではレギウスを越える腕前らしい。現代の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:国際警察機構九大天王の一人で北京支部所属のエキスパート。衝撃波を操る噴射拳と、音速のスピードで移動する神行法の遣い手で、兄貴肌の好漢。楊志の夫で、大作には親のような愛情を注いでいた。上海油田で、大作らを逃がすためライバルのアルベルトの一撃を敢えて受け、斃れる。(声:若本規夫)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:その他|LEFT:秋梨惟喬の「斬首録」では、江州の牢城務めの頃に李逵とともに妖術使いと対決する姿が描かれる。|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS