• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 彭玘 へ行く。

*天目将  地英星 彭玘 [#t6619b4d]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:地英星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:天目将|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第43位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:騎兵軍小彪将兼斥候担当頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:頴州の団練使|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|COLOR(#000000):LEFT:両つの眼は光芒を露わし、声は雄しく性気は剛し。刀は三尺の雪を横たえ、甲は九秋の霜を耀かす。命を捨てて辺塞に臨み、先を争って戦場に出づ。人は称す天目将 彭玘は最も高れ強しと。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#000000):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%AD%E3%82%AD|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐の常州昆陵軍城攻めで、韓滔の仇である高可立を探していて、横あいから飛び出してきた張近仁の槍に討たれる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。天の一文字を戴いた兜をかぶり、戦場では顔全体を覆うおどろな仮面をつける。かつて西夏戦線で呼延灼と死闘を共にした間柄で、梁山泊に捕らえられた後も、呼延灼が梁山泊に加わるまで決して節を曲げようとしなかった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:代州の民兵の指導者で屋敷住まいの金持ち。かねてより梁山泊に共感を抱いていたが、呼延灼を助けるため梁山泊と戦った。武松と李逵に捕らわれ、そのまま梁山泊入り。五丈河沿岸での戦闘で撤退する本隊を逃すため敵陣に突入し、帰らぬ人となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。凌振を説得する際には高俅を悪魔呼ばわりした。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:天目子の沢蟹(そらまなこのさわがに)。斜視が渾名の由来。御所の女武者で、素性は不明だが、既に両親はなく、都に親類もいない。年若く功を焦って一人先行して胡沙丸に捕らわれる。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。隻眼の男。死亡シーンあり。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:韓滔・凌振とともに呼延灼に付き従うモヒカン刈りの巨漢。得物は三尖両刃。呼延灼に従い河北と淮西に向かい、消失。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体89 腕68 技66 知52 忠34 仁65 勇29|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体88 腕62 技67 知62 忠48 仁51 勇50|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:サンチョ。マクシミリアンの忠実な従者。主人とともに解放軍に加わる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:ゲンシュウ。諸国を放浪する凄腕の剣士。我流の居合いを使いこなす。使う武器からその人となりを見抜く目を持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:リコ。フレッドの従者でマクシミリアン騎士団団長付き侍従長兼運搬補給係。サンチョの娘で、容姿も父親似。マクシミリアン騎士団の唯一の団員で、フレッドに振り回されながらも献身的に仕える。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:エマ。ゲイリーの妻。夫に寄り添って生きる穏やかでおっとりした女性で、熱血漢の夫を優しく支える。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:マティアス。イザベルの従者。イザベルに絶対的な忠誠を誓っており、彼女の命には「仰せのままに」と応諾する反応しか見せない。常に冷静沈着だが、イザベルを侮辱した相手に対しては容赦はしない。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:チハヤ。北辰皇国出身の自称旅芸人。笛の名手で、ヨミとともに各地を巡業していた。ヨミとの関係は主従関係に近く、常にヨミに付き従って行動する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:地英星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:天目将|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第43位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:騎兵軍小彪将兼斥候担当頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:頴州の団練使|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:両つの眼は光芒を露わし、声は雄しく性気は剛し。刀は三尺の雪を横たえ、甲は九秋の霜を耀かす。命を捨てて辺塞に臨み、先を争って戦場に出づ。人は称す天目将 彭玘は最も高れ強しと。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:元・頴州の指揮官で、代々の武将の家柄。呼延灼の梁山泊討伐の際に推薦を受けて副将となったが、緒戦で扈三娘に捕らえられ、宋江の説得で梁山泊入り。その後は韓滔を説得して梁山泊に引き入れ、梁山泊でも呼延灼の副将として最期の時まで韓滔とともに戦った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐の常州昆陵軍城攻めで、韓滔の仇である高可立を探していて、横あいから飛び出してきた張近仁の槍に討たれる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。天の一文字を戴いた兜をかぶり、戦場では顔全体を覆うおどろな仮面をつける。かつて西夏戦線で呼延灼と死闘を共にした間柄で、梁山泊に捕らえられた後も、呼延灼が梁山泊に加わるまで決して節を曲げようとしなかった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:代州の民兵の指導者で屋敷住まいの金持ち。かねてより梁山泊に共感を抱いていたが、呼延灼を助けるため梁山泊と戦った。武松と李逵に捕らわれ、そのまま梁山泊入り。五丈河沿岸での戦闘で撤退する本隊を逃すため敵陣に突入し、帰らぬ人となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:原典とほぼ同様。凌振を説得する際には高俅を悪魔呼ばわりした。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第55位 地明星。孫立の配下。生まれつき遠目・夜目が利いたため天目将と呼ばれる。気性が良くないために周囲に敬遠されていたが、孫立の下で頭角を現した。孫立が職を辞した後は行動を共にし、孫立の梁山泊討伐にも同行する。そこで孫立に罪を着せて捕らえようとした奸物を斬って孫立の梁山泊入りのきっかけを作った。その後、孫立に従い梁山泊入り。百八星集結後は副驃騎。宋江に従い招安を受けた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:天目子の沢蟹(そらまなこのさわがに)。斜視が渾名の由来。御所の女武者で、素性は不明だが、既に両親はなく、都に親類もいない。年若く功を焦って一人先行して胡沙丸に捕らわれる。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:原典とほぼ同様。隻眼の男。死亡シーンあり。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:原典とほぼ同様。口元にドジョウ髭を生やした男。林冲と戦っていたところに晁蓋の攻撃を受け、落馬したところを生け捕られた。方臘戦で四方から攻撃を受けて深傷を負い、韓滔と共に死ねることを喜びながら倒れ、梁山泊最初の死者となった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:韓滔・凌振とともに呼延灼に付き従うモヒカン刈りの巨漢。得物は三尖両刃。呼延灼に従い河北と淮西に向かい、消失。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体89 腕68 技66 知52 忠34 仁65 勇29|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体88 腕62 技67 知62 忠48 仁51 勇50|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:サンチョ。マクシミリアンの忠実な従者。主人とともに解放軍に加わる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:ゲンシュウ。諸国を放浪する凄腕の剣士。我流の居合いを使いこなす。使う武器からその人となりを見抜く目を持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:リコ。フレッドの従者でマクシミリアン騎士団団長付き侍従長兼運搬補給係。サンチョの娘で、容姿も父親似。マクシミリアン騎士団の唯一の団員で、フレッドに振り回されながらも献身的に仕える。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:エマ。ゲイリーの妻。夫に寄り添って生きる穏やかでおっとりした女性で、熱血漢の夫を優しく支える。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:マティアス。イザベルの従者。イザベルに絶対的な忠誠を誓っており、彼女の命には「仰せのままに」と応諾する反応しか見せない。常に冷静沈着だが、イザベルを侮辱した相手に対しては容赦はしない。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:チハヤ。北辰皇国出身の自称旅芸人。笛の名手で、ヨミとともに各地を巡業していた。ヨミとの関係は主従関係に近く、常にヨミに付き従って行動する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:ニマ。ザフィール家の料理人。かなりのおしゃべりかつ世話焼きで、マザリカに傾倒している。美食家のマザリカが赴任する時に同行を命じられ、戦後も行動を共にする。100年前の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS