• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 張順 へ行く。

*天損星  浪裏白跳 張順 [#o6e974d6]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:天損星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:浪裏白跳|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第30位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:四方の塞を守る水軍頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:江州の魚問屋|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|LEFT:万里の長江東のかた海に到り、内中に一個の雄夫あり。面は粉を傅くるが如く、体は酥の如し。山に上れば虎の目を剔り、水に入れば竜の鬚を抜く。七つの昼に波の心に能く暗かに伏り、水晶宫に明珠を偸み得たり。江を翻し海を攪して身躯は勇まし、人の張順を将って比ぶるは、浪裏の白跳魚。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#0000FF):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E9%A0%86|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐の抗州城攻めで、一人城内に潜入しようしたところを待ち伏せされ討たれた。杭州城陥落後、霊となって張横に乗り移り、逃げる方天定を斬り、神として祀られた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:浪裏百跳(浪裏白條)張順。第8位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊に入ったものと思われる|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:(浪里白跳張順 第10位)雪浪如山 汝能白跳 願隨忠魂 來駕怒潮|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。書生のような端正な顔立ちの青年。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:元・江州の漁師で張横の異母弟。眉目秀麗で色白な若者で、三日三晩水中で過ごせる。戴宗の仲間で、江州での戦いを経て梁山泊入りし、水軍隊長として潜水部隊の養成にあたり、甥の張敬に自分の技を叩き込んだ。童貫との最終決戦時に、官軍が築いた橋を破壊しようとして攻撃を受け、張敬を助けて戦死。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:李俊の昔の子分。江州では登場せず、いつの間にか入山していた。宋江不在の間に関勝が攻撃してきた際、李俊に誘われ弟ともども敵の本陣に奇襲攻撃をかけるが、作戦を読まれていたため、待ち伏せをくらい、兄が囮になってくれたおかげで逃げ延びた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:掻頭の下貝(かいつむりのしたかい)もしくはかわつむりの下貝。水を潜ること鳰にも優るというのが渾名の由来。向島で姉と追い剥ぎ渡し守を生業としていた。後に後悔して九十九里浜の魚問屋の妻となったが、夫に先立たれる。その他はほぼ原典準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。戴宋とは昔からの喧嘩友達だった。火薬の知識を持っており、梁山泊では狼煙係も務める。(演:長谷川明男)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。処刑場から逃れる宋江と梁山泊の面々を助け、兄より一足先に梁山泊入る。死亡シーンあり。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:張横に似ない顔立ちの精悍な男。兄と共に翠華を襲うが、青慈に兄を殺され激高、しかし持ち前の度胸も及ばず、恐慌して逃げようとした背中に飛刀を受けて水中に転落した。その後、十節度使戦では、原典でしばしば見られたように水中から官軍の船に穴を開けて苦しめた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:張順(ちょうじゅん)。双子の兄弟で元貨物船の船員。氷山とパシロザウルスを最初に目撃した一人。船がN・S・Pに没収された後、朴一家に身を寄せてホバークラフトを運転していた。公明を東京に送るため、混江の水中翼船、そして謎の怪物とデッドヒートを繰り広げる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体91 腕60 技61 知46 忠59 仁35 勇48|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体88 腕72 技73 知69 忠77 仁64 勇72 高めの船乗り技能と商人技能を合わせ持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:ヤム・クー。タイ・ホーの弟分。兄貴分の気まぐれにしばしば振り回されるが、文句を言いながらもついていく。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:ヤム・クー。タイ・ホーにくっついてやって来た。釣り担当。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:クイーン。ハルモニア神聖国地方軍南部辺境警備隊第十二小隊隊員の紅一点。ゲドに対しては信頼以上の感情を持っている。高貴な家系の生まれらしく、幅広い教養の持ち主。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:ウゲツ。シラミネを兄貴と慕う漁師。釣りの天才で、一本釣りを得意とする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:フレイル。ラハルが騎乗する水色の雌の竜馬。巨大な一対の角を持つ。知的な顔立ちで高貴な風格を漂わせている。戦後にランスとの間に子を儲ける。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:フレデグンド。アストラシア王国第二王女でクロデキルドの妹。姉に心酔しており、姉と共に宝剣ディバインエッジの片方を継承している。協会の侵攻で肉親を失った絶望感から協会に取り込まれていたが、姉の説得により正気を取り戻す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:天損星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:浪裏白跳|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第30位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:四方の塞を守る水軍頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:江州の魚問屋|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:万里の長江東のかた海に到り、内中に一個の雄夫あり。面は粉を傅くるが如く、体は酥の如し。山に上れば虎の目を剔り、水に入れば竜の鬚を抜く。七つの昼に波の心に能く暗かに伏り、水晶宫に明珠を偸み得たり。江を翻し海を攪して身躯は勇まし、人の張順を将って比ぶるは、浪裏の白跳魚。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:張横の弟で数日間を水中で過ごすことができる泳ぎの達人。以前は張横と追い剥ぎ舟をしていたが、足を洗って江州の魚問屋となった。生け簀から魚を奪おうとした李逵と喧嘩となり、陸上では叩きのめされたが、水中に引きずり込んで圧倒したところを、宋江に取りなされて仲直りした。その後、江州で宋江が処刑されかけた際、李俊・穆弘らと駆けつけ、宋江を助けた梁山泊軍を船に乗せて救出し、梁山泊入りした。梁山泊では水軍の頭領として大活躍したほか、宋江が病で倒れた時には旧知の安道全を梁山泊に引き入れた。招安には激しく反発し、高キュウの水軍との戦いでは船を沈め、高キュウを捕らえた。方臘戦の杭州城攻めで単身水中から潜入しようとするが失敗して討たれ、その霊は張横に乗り移って敵指揮官の方天定を討った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐の抗州城攻めで、一人城内に潜入しようしたところを待ち伏せされ討たれた。杭州城陥落後、霊となって張横に乗り移り、逃げる方天定を斬り、神として祀られた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:浪裏百跳(浪裏白條)張順。第8位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊に入ったものと思われる|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:(浪里白跳張順 第10位)雪浪如山 汝能白跳 願隨忠魂 來駕怒潮|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:原典とほぼ同様。書生のような端正な顔立ちの青年。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:元・江州の漁師で張横の異母弟。眉目秀麗で色白な若者で、三日三晩水中で過ごせる。戴宗の仲間で、江州での戦いを経て梁山泊入りし、水軍隊長として潜水部隊の養成にあたり、甥の張敬に自分の技を叩き込んだ。童貫との最終決戦時に、官軍が築いた橋を破壊しようとして攻撃を受け、張敬を助けて戦死。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:李俊の昔の子分。江州では登場せず、いつの間にか入山していた。宋江不在の間に関勝が攻撃してきた際、李俊に誘われ弟ともども敵の本陣に奇襲攻撃をかけるが、作戦を読まれていたため、待ち伏せをくらい、兄が囮になってくれたおかげで逃げ延びた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第31位 天強星。原典とほぼ同様。宋江に従い招安を受けた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:掻頭の下貝(かいつむりのしたかい)もしくはかわつむりの下貝。水を潜ること鳰にも優るというのが渾名の由来。向島で姉と追い剥ぎ渡し守を生業としていた。後に後悔して九十九里浜の魚問屋の妻となったが、夫に先立たれる。その他はほぼ原典準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。戴宋とは昔からの喧嘩友達だった。火薬の知識を持っており、梁山泊では狼煙係も務める。(演:長谷川明男)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:原典とほぼ同様。処刑場から逃れる宋江と梁山泊の面々を助け、兄より一足先に梁山泊入る。死亡シーンあり。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:原典とほぼ同様。眉毛の繋がった男。方臘戦で水中から顔を出した際に額に矢を受け、宋江と梁山泊を想いながら力尽きる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:張横に似ない顔立ちの精悍な男。兄と共に翠華を襲うが、青慈に兄を殺され激高、しかし持ち前の度胸も及ばず、恐慌して逃げようとした背中に飛刀を受けて水中に転落した。その後、十節度使戦では、原典でしばしば見られたように水中から官軍の船に穴を開けて苦しめた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:張順(ちょうじゅん)。双子の兄弟で元貨物船の船員。氷山とパシロザウルスを最初に目撃した一人。船がN・S・Pに没収された後、朴一家に身を寄せてホバークラフトを運転していた。公明を東京に送るため、混江の水中翼船、そして謎の怪物とデッドヒートを繰り広げる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体91 腕60 技61 知46 忠59 仁35 勇48|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体88 腕72 技73 知69 忠77 仁64 勇72 高めの船乗り技能と商人技能を合わせ持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:ヤム・クー。タイ・ホーの弟分。兄貴分の気まぐれにしばしば振り回されるが、文句を言いながらもついていく。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:ヤム・クー。タイ・ホーにくっついてやって来た。釣り担当。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:クイーン。ハルモニア神聖国地方軍南部辺境警備隊第十二小隊隊員の紅一点。ゲドに対しては信頼以上の感情を持っている。高貴な家系の生まれらしく、幅広い教養の持ち主。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:ウゲツ。シラミネを兄貴と慕う漁師。釣りの天才で、一本釣りを得意とする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:フレイル。ラハルが騎乗する水色の雌の竜馬。巨大な一対の角を持つ。知的な顔立ちで高貴な風格を漂わせている。戦後にランスとの間に子を儲ける。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:フレデグンド。アストラシア王国第二王女でクロデキルドの妹。姉に心酔しており、姉と共に宝剣ディバインエッジの片方を継承している。協会の侵攻で肉親を失った絶望感から協会に取り込まれていたが、姉の説得により正気を取り戻す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:ブートゥルーガ。フェザートライブの呪術師でグワイニーの弟。フェザートライブでの呪術師の地位の高さを意識してか威厳ある言動を好むが、あまり身についていない。現代の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS