• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 安道全 へ行く。

*地霊星  神医 安道全 [#a3982441]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:地霊星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:神医|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第56位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:諸物を製造管理する頭領 疾病治療の内科・外科担当医師|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:建康府の医者|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|LEFT:肘後の良方百篇有り、金針玉刀師伝を得たり。重ねて扁鵲を生ずるも応に比べ難し、万里に名を伝う安道全。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#000000):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E9%81%93%E5%85%A8|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐の杭州攻めの前に、勅命で東京へ呼び戻され、典医となった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:高麗王の治療の帰りに難破し、金鼇島に漂着して李俊等と出会う。東京に帰った後、同僚に陥れられて逃亡、途中で聞煥章に匿われる。蕭譲・金大堅に会うため旅に出て、二人が登雲山に救われたと知り、自分も仲間入り。登雲山に金軍二万が迫った際、李俊の元に向かうことを提案する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。偏屈な性格の医者。医者であることに嫌気がさし、建康に隠れていたが、張順らと出会い、梁山泊に入る。皇甫端とは旧知の仲で、互いを認め合っているが「犬医者」呼ばわりしている。かつて柴進の屋敷や江州に逗留していたことがある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:優れた腕前を持つ医者。世間知らずで狷介な性格。腕前を妬んだ同業者により無実の罪を着せられ滄州の牢に入れられるが、そこで白勝と林冲に出会い脱獄。梁山泊に入り、数々の命を救った。最終決戦で梁山泊が陥落した際も治療を続け戦死。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:女耆婆の百草(おんなきばのもぐさ)。静岡のほとりに住む、近隣で知らぬもののない医師。大箱の背中のできものの治療を依頼され、はじめは最近夫が亡くなったため遠くに行くのを嫌がるが、横鯛の説得を受け、彼女に同行する。その他はほぼ原典に準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:東渓村に住む医者。子供のような外見だが年寄りのような喋り方をする。晁蓋の主治医だが、ツッコミは厳しい。生辰綱強奪に誘われたが断った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:宋国随一の名医。かつて王進に斬られた飛虎の鼻を治療し、後に林冲に右目を奪われた飛虎を再び治療した。梁山泊との関係は不明。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:安藤全(あんどうすべて)。大和総合病院の医師で入雲竜男の師・敷島博士の担当。後に備前朱道の手当をする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:肌もあらわな衣装を着た若き女医。胸に大きな傷が走っている。晁蓋のもとで学び、先の戦いの後、国軍に隠械の技術を伝えた。昏睡状態だった蔡京を目覚めさせたが、彼女を実験体の一つとしか見ていない。おそらくは最後の戦いで蔡京に殺されたものと思われる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体76 腕28 技52 知78 忠38 仁54 勇27|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体82 腕17 技34 知89 忠63 仁94 勇27 最高レベルの医者技能を持つ。腕力と勇気は108星で最低値。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:リュウカン。どんな病も治す薬を作るという薬師。ミルイヒの薔薇の花粉を解毒するために主人公たちに請われ仲間となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:ホウアン。ミューズ市にすむ名医でリュウカンの弟子。物静かで優しい性格。ミューズ市が帝国の手に落ちた際に新同盟軍に加わる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:ミオ。トウタの助手として各地を共に旅する美人看護師。以前結婚していたが、夫はハイイースト動乱で戦死している。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:ユウ。オベル王国で開業している医者。高額の診察料を要求してくるが、お金がなくては薬も買えない現実を知っているからであって、基本的には善人。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:シルヴァ。ロードレイクの女性医師。若い頃から従軍医師に志願して、幾多の戦場で命を救っており、その頃にガレオン出会い、結婚していたことがある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:ユーニス。ザフラーと行動を共にする看護師。患者に対しては優しい白衣の天使だが、異種族に不謹慎な言動を見せるザフラーに対しては容赦しない。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:地霊星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:神医|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第56位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:諸物を製造管理する頭領 疾病治療の内科・外科担当医師|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:建康府の医者|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:肘後の良方百篇有り、金針玉刀師伝を得たり。重ねて扁鵲を生ずるも応に比べ難し、万里に名を伝う安道全。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:どんな病もたちどころに治す名医。宋江が背中の疽で重体となった際に、かつて母を治療してもらった張順が存在を思い出し、梁山泊行きを求められる。が、お気に入りの女郎の李巧奴と別れるのを嫌がったため、張順に李巧奴を殺された上に罪をなすりつけられ、やむなく梁山泊に赴いた。そこで宋江をたちどころに治療し、そのまま梁山泊入り。その後も医師として活躍するが、田虎戦では張清とともに偽名で敵陣に潜入し、内応役を務めた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐の杭州攻めの前に、勅命で東京へ呼び戻され、典医となった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:高麗王の治療の帰りに難破し、金鼇島に漂着して李俊等と出会う。東京に帰った後、同僚に陥れられて逃亡、途中で聞煥章に匿われる。蕭譲・金大堅に会うため旅に出て、二人が登雲山に救われたと知り、自分も仲間入り。登雲山に金軍二万が迫った際、李俊の元に向かうことを提案する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。偏屈な性格の医者。医者であることに嫌気がさし、建康に隠れていたが、張順らと出会い、梁山泊に入る。皇甫端とは旧知の仲で、互いを認め合っているが「犬医者」呼ばわりしている。かつて柴進の屋敷や江州に逗留していたことがある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:優れた腕前を持つ医者。世間知らずで狷介な性格。腕前を妬んだ同業者により無実の罪を着せられ滄州の牢に入れられるが、そこで白勝と林冲に出会い脱獄。梁山泊に入り、数々の命を救った。最終決戦で梁山泊が陥落した際も治療を続け戦死。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第58位。貧しい人々を助けるために医者になり、金持ちや役人・貴族は診ないと決めている。王定六を弟子にしている。張順によりほぼ原典通りに梁山泊に連れて行かれ、裴宣の妻の妹を後妻に迎えた。招安時には太医院の皇帝の侍医に推薦を受けたが、最初の志に従って梁山泊を去り、太行山に籠る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:「傾城水滸伝拾遺物語」では女耆婆の百草(おんなきばのもぐさ)。静岡のほとりに住む、近隣で知らぬもののない医師。大箱の背中のできものの治療を依頼され、はじめは最近夫が亡くなったため遠くに行くのを嫌がるが、横鯛の説得を受け、彼女に同行する。その他はほぼ原典に準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:東渓村に住む医者。子供のような外見だが年寄りのような喋り方をする。晁蓋の主治医だが、ツッコミは厳しい。生辰綱強奪に誘われたが断った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:宋国随一の名医。かつて王進に斬られた飛虎の鼻を治療し、後に林冲に右目を奪われた飛虎を再び治療した。梁山泊との関係は不明。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:安藤全(あんどうすべて)。大和総合病院の医師で入雲竜男の師・敷島博士の担当。後に備前朱道の手当をする。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:肌もあらわな衣装を着た若き女医。胸に大きな傷が走っている。晁蓋のもとで学び、先の戦いの後、国軍に隠械の技術を伝えた。昏睡状態だった蔡京を目覚めさせたが、彼女を実験体の一つとしか見ていない。おそらくは最後の戦いで蔡京に殺されたものと思われる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体76 腕28 技52 知78 忠38 仁54 勇27|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体82 腕17 技34 知89 忠63 仁94 勇27 最高レベルの医者技能を持つ。腕力と勇気は108星で最低値。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:リュウカン。どんな病も治す薬を作るという薬師。ミルイヒの薔薇の花粉を解毒するために主人公たちに請われ仲間となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:ホウアン。ミューズ市にすむ名医でリュウカンの弟子。物静かで優しい性格。ミューズ市が帝国の手に落ちた際に新同盟軍に加わる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:ミオ。トウタの助手として各地を共に旅する美人看護師。以前結婚していたが、夫はハイイースト動乱で戦死している。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:ユウ。オベル王国で開業している医者。高額の診察料を要求してくるが、お金がなくては薬も買えない現実を知っているからであって、基本的には善人。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:シルヴァ。ロードレイクの女性医師。若い頃から従軍医師に志願して、幾多の戦場で命を救っており、その頃にガレオン出会い、結婚していたことがある。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:ユーニス。ザフラーと行動を共にする看護師。患者に対しては優しい白衣の天使だが、異種族に不謹慎な言動を見せるザフラーに対しては容赦しない。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:キアロ。マルティリオンの薬使いでオドの息子。脳天気だが、薬使いの心構えはしっかり持つ。調剤師に絶望的に向かず、薬術に天賦の才があったため薬使いに転身した。200年前の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:その他|LEFT:「説岳全伝」では牛頭山の玉虚宮に滞在しており、開封を追われて逃げこんできた高宗を治療した。|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS