• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 孟康 へ行く。

*地満星  玉旛竿 孟康 [#u5c5f896]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:地満星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:玉旛竿|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第70位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:諸物を製造管理する頭領 大小軍船の建造管理者|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:真定州の船大工→飲馬川の山賊の三の頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|LEFT:能く強弩を攀いて頭陣を衝き、善く艨艟を造って大江を越ゆ。真州の妙手の楼舡の匠、白玉の幡竿是れ孟康。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#000000):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%9F%E5%BA%B7|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐の烏竜嶺攻めで、水軍とともに攻め上った際、敵の火筏の上の火砲が爆発し、その破片を頭に受けて死亡。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。色白ののっぽで皮肉屋で、高麗の船乗りから習った足技の遣い手。郁保四とは船大工時代の知り合い。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:元・飲馬川の賊徒の頭目。慎重というより臆病な男だが、商談の場では粘り強い。梁山泊では物資の調達や闇塩の担当として北方で活動。遼の地理に詳しく、女真族とも太いパイプを持つ。官軍を離脱した唐昇への補給も担当した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:水慣棹沖津もしくは水馴竿沖津(みなれざおおきつ)。山桃の昔の友人で、鳥捕山の塞に籠っていた。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:未登場。ただし、徐州の町の生薬屋で悪人の猛康という人物が登場した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体89 腕45 技75 知23 忠30 仁29 勇46|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体83 腕39 技77 知23 忠62 仁40 勇69|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:ゲン。職人肌で威勢のいい船大工。カマンドールとは喧嘩仲間。急流を突破するための船を作るため、主人公に請われて仲間入り。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:アマダ。ラダトの街と南方を結ぶ交易船の船頭。気っ風がよく男らしい性格で、船乗りたちのリーダー格。主人公の一騎打ちに敗れて仲間に入る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:ワン・フー。背中に刺青を入れた棒術使い。殺された友人の復讐のため、旅をしている。かなりの大食漢。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:トーブ。オベル王国お抱えの船大工。年齢にそぐわない落ち着いた風貌と言動の持ち主。船大工の競技会では2位だったもののオベル国王に見出されて、本拠地となる船を設計した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:ムルーン。ビーバー五兄弟の三番目で次男。ビーバロッジでも卓越した木造建築の技術を持ち、村の技術顧問を務めている。人間の文字を書ける数少ないビーバー。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:ニムニ。ポーパス族随一の戦士。実力のわりに腰が低く弱気な性格。口癖は「感動です」。ネイラの信望厚く、ポーパス族と主人公たちが手を組んだ際に、最初に派遣された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:地満星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:玉旛竿|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第70位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:諸物を製造管理する頭領 大小軍船の建造管理者|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:真定州の船大工→飲馬川の山賊の三の頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:能く強弩を攀いて頭陣を衝き、善く艨艟を造って大江を越ゆ。真州の妙手の楼舡の匠、白玉の幡竿是れ孟康。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:飲馬川の三の頭領で、すらりとした長身で色白の男。元は船大工だったが、花石綱運搬の大型船の建造を命じられた際、横暴な監督官を殺して逃亡。鄧飛と飲馬川で山賊を始め、後に流刑途中の裴宣を救いだし、首領に迎えた。公孫勝を探しに行く途中の戴宗と楊林と出会い、二人が梁山泊に戻る際に同行して梁山泊入り。梁山泊では前職を生かして大小船舶建造の責任者となった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐の烏竜嶺攻めで、水軍とともに攻め上った際、敵の火筏の上の火砲が爆発し、その破片を頭に受けて死亡。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。色白ののっぽで皮肉屋で、高麗の船乗りから習った足技の遣い手。郁保四とは船大工時代の知り合い。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:元・飲馬川の賊徒の頭目。慎重というより臆病な男だが、商談の場では粘り強い。梁山泊では物資の調達や闇塩の担当として北方で活動。遼の地理に詳しく、女真族とも太いパイプを持つ。官軍を離脱した唐昇への補給も担当した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:引き続き、本隊への補給を担当。燕青が諜報に回った後は闇塩の道を担当する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第72位 地舸星。当代随一の造船の名手で欧鵬とは同郷の義兄弟。花石綱の船に関して陥れられ、船で女真国に逃れようとしたが難破、ただ一人項充の船に助けられ、以後行動を共にする。招安に反対し、項充らとともに自分が指揮して建造した大海鰍船団で外洋に新天地を求めるが、大嵐にあって海の藻屑と消えた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:水慣棹沖津もしくは水馴竿沖津(みなれざおおきつ)。山桃の昔の友人で、鳥捕山の塞に籠っていた。その他は原典にほぼ準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:未登場。ただし、徐州の町の生薬屋で悪人の猛康という人物が登場した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体89 腕45 技75 知23 忠30 仁29 勇46|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体83 腕39 技77 知23 忠62 仁40 勇69|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:ゲン。職人肌で威勢のいい船大工。カマンドールとは喧嘩仲間。急流を突破するための船を作るため、主人公に請われて仲間入り。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:アマダ。ラダトの街と南方を結ぶ交易船の船頭。気っ風がよく男らしい性格で、船乗りたちのリーダー格。主人公の一騎打ちに敗れて仲間に入る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:ワン・フー。背中に刺青を入れた棒術使い。殺された友人の復讐のため、旅をしている。かなりの大食漢。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:トーブ。オベル王国お抱えの船大工。年齢にそぐわない落ち着いた風貌と言動の持ち主。船大工の競技会では2位だったもののオベル国王に見出されて、本拠地となる船を設計した。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:ムルーン。ビーバー五兄弟の三番目で次男。ビーバロッジでも卓越した木造建築の技術を持ち、村の技術顧問を務めている。人間の文字を書ける数少ないビーバー。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:ニムニ。ポーパス族随一の戦士。実力のわりに腰が低く弱気な性格。口癖は「感動です」。ネイラの信望厚く、ポーパス族と主人公たちが手を組んだ際に、最初に派遣された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:ウフレッド。ホドス村の拳法家。マルティリオンの名家の出身だがアイオニアからの独立を望み、迎撃戦の後も積極的に運動を続ける。200年前の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS