• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 史進 へ行く。

*天微星  九紋龍 史進 [#e3eaf546]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:天微星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:九紋龍|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第23位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:騎兵軍八驃騎兼先鋒使|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:華州史家村の若旦那→少華山の山賊の一の頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|LEFT:久しく華州城外に在りて住む、旧時は原是れ荘農。学び成して武芸は心胸に慣れ、三尖の刀は雪の似く、渾赤の馬は龍の如し。体には連環鑌鉄の鎧を掛け、戦袍は猩紅を颭かす。雕青は玉に鐫りて更に玲瓏なり。江湖史進を称して、九紋龍と綽号す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#0000FF):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B2%E9%80%B2|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐の昱嶺関攻めで、偵察に出たところを関所を守る龐万春の待ち伏せを受けて射殺された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:第6位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊に入ったものと思われる|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:(九文竜史進 第17位)龍數肖九 汝有九文 盍從東皇 駕五色雲|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。王進から必殺の王家春秋棒法を伝授される。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:元・華州史家村の若旦那。逃亡中の王進から棒術を学び、やがて少華山の叛徒の頭目となる。が、強くなりすぎたために人の心がわからず、王進の下で再修行して心の強さを身につけた。梁山泊入りの後は、遊撃隊隊長として梁山泊の北に九竜塞を築き、赤揃えの赤騎兵を率いて活躍する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。入山の経緯は描かれず、いつの間にか終盤に梁山泊にいた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:浮潜龍衣手(ふせんりゅうころもで)。戸隠山近くの女郎花村の村長の娘。龍の模様を好んで、着物や帯に龍の刺繍が入ったものを着るのが渾名の由来。原典同様に綾オサの弟子となり、戸隠山の山賊との付き合いで村を捨てる。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:背中に竜の入れ墨をいれた血気盛んな青年。流刑途中の林中から武術を伝授される(原典の王進とのエピソード)。お尋ね者の魯智深を匿ったのが元で自分もお尋ね者になり、放浪の末に梁山泊に入る。林中に従って活躍し、出番も多い。良い雰囲気になった女性とは毎回死別している。(演:あおい輝彦)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。頭に巾を巻いた青年。序盤は原典にほぼ忠実だが、その後は呼延灼戦の後に梁山泊入りしたことが語られる程度。死亡シーンあり。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:龍の入れ墨を入れた柄の悪い男。武松、楊志とともに梁山泊の活躍を聞き、その後三人で梁山泊入りしたらしい。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:史家村の保正で上半身に刺青をいれた青年。逃亡中の王進を救って家に泊める。後にその正体を知り、あえて王進の額を傷つけて手配書とは別人に見せかけ、その後王進の弟子となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:原典同様に王進の弟子であり、自分も受け継げなかった月の蛇を継いだ飛虎に怒りを燃やして対決。王進譲りの奥義「九天夢幻」で飛虎を追い詰めるが、「王進を超える男」を目指していた飛虎には敵わず、深傷を負わされる。戦いの後、飛虎を月の蛇の主と認めて梁山泊に帰った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:九紋竜史郎(くもんりゅうしろう)。東都大学の空手部主将。ロチ・シンとはライバルだが、共にクーデターを起こすためにN・S・Pの武器輸送車を襲って失敗、お尋ね者になる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:背にデザイン化された刺青を入れた明るい性格の少年。陰械は両手の甲から現れる短い爪で、得物として棒も使う。先の戦いの後は華州で王進の下で修行兼身の回りの世話をしていたが、宋江らに同行して清風山に行く。王進を殺した林冲を討った後、華州に去る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体98 腕91 技79 知45 忠74 仁69 勇95 シナリオ1,2,3,4で選択可能。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体97 腕90 技79 知64 忠78 仁75 勇94 シナリオ1で選択可能。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:キルキス。エルフの村の青年。村の危機を救うために解放軍の力を借りに来た。人間、ドワーフとの共存を望む理想家肌。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:キリィ。シンダル族の遺跡を探し求める謎の男。伝説の鳥をモチーフにした赤い衣装をまとう。シンダル族に関して異常なほどの執着心を見せ、その遺跡に入ったアレックスに関心を持ったことから仲間に入る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:クリス・ライトフェロー。ゼクセン騎士団の「誉れ高き六騎士」の一人。前任者の死に伴って騎士団長に就任し、「銀の乙女」と呼ばれ英雄扱いさられることに苦悩している。グラスランドで失踪した父の行方を追う過程で英雄戦争に巻き込まれる。真の紋章の継承者の一人。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:グレッチェン。山奥で一人剣の修行に打ち込んでいた女剣士。凛とした雰囲気の女性で、己の剣の腕に絶対の自信を持つ。主人公の噂を聞きつけ、共に戦うために馳せ参じる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:キリィ。アゲイト監獄に幽閉されていた、シンダル族の遺跡を探し求める謎の男。伝説の鳥をモチーフにした赤い衣装をまとう。普段は寡黙で物腰も柔らかだが、シンダル遺跡が絡むと一転して危険人物と化す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:スフィール。チオルイ山の雪女。山で出会った相手に雪は好きかと問い、好きだと答えると雪嵐をお見舞いしていたが、本人はおいしい雪をごちそうしてあげたつもりで、悪気はない。ドガとは三十年以上前に出会っている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:天微星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:九紋龍|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第23位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:騎兵軍八驃騎兼先鋒使|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:華州史家村の若旦那→少華山の山賊の一の頭領|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:久しく華州城外に在りて住む、旧時は原是れ荘農。学び成して武芸は心胸に慣れ、三尖の刀は雪の似く、渾赤の馬は龍の如し。体には連環鑌鉄の鎧を掛け、戦袍は猩紅を颭かす。雕青は玉に鐫りて更に玲瓏なり。江湖史進を称して、九紋龍と綽号す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:背中に九匹の龍の刺青を背負った好漢。史家村の長の息子で、様々な武芸の師についた腕自慢だったが、王進には手も足も出ず破れ、弟子となった。父が亡くなった後は村長となるが、村を通ろうとした陳達を捕らえたことがきっかけで少華山の山賊たちと交誼を結び、それが役人に露見したために村を捨てた。王進を探して旅する途中、魯達(魯智深)らと出会うが、結局王進とは出会えず、少華山の首領となった。後に非道な華州太守を懲らしに行くも逆に捕らわれたところを梁山泊に救われて入山。その後も樊瑞に破れたり東平府への潜入に失敗するなど、微妙な面が目立った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐の昱嶺関攻めで、偵察に出たところを関所を守る龐万春の待ち伏せを受けて射殺された。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:第6位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊に入ったものと思われる|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:(九文竜史進 第17位)龍數肖九 汝有九文 盍從東皇 駕五色雲|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:原典とほぼ同様。王進から必殺の王家春秋棒法を伝授される。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:元・華州史家村の若旦那。逃亡中の王進から棒術を学び、やがて少華山の叛徒の頭目となる。が、強くなりすぎたために人の心がわからず、王進の下で再修行して心の強さを身につけた。梁山泊入りの後は、遊撃隊隊長として梁山泊の北に九竜塞を築き、赤揃えの赤騎兵を率いて活躍する。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:引き続き赤騎兵を率いて遊撃隊として活躍。相変わらず豪快で粗暴にすら見える性格だが、その陰では周囲への配慮も見せる。戦いの中で徐々に老いを感じ、鉄棒に替わる武器として日本刀を選択。戦友たちが自分を残して死んでいくことへの寂しさを抱えながらも、彼らのためにも戦いを続ける。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:原典とほぼ同様。入山の経緯は描かれず、いつの間にか終盤に梁山泊にいた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第19位 天傑星。原典とほぼ同様だが、庄屋の地位を狙う隣村の金持ちの陰謀で追い詰められ村を捨てる。その後、王進を少華山に迎えるために旅に出て再会するものの死別する。かなり早い段階で原典同様の経緯で梁山泊入りするが、その際に助けようとした幼なじみの王嬌枝と結ばれた。高俅戦後に、魯智深らに従い二竜山へ去った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:浮潜龍衣手(ふせんりゅうころもで)。戸隠山近くの女郎花村の村長の娘。龍の模様を好んで、着物や帯に龍の刺繍が入ったものを着るのが渾名の由来。原典同様に綾オサの弟子となり、戸隠山の山賊との付き合いで村を捨てる。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:背中に竜の入れ墨をいれた血気盛んな青年。流刑途中の林中から武術を伝授される(原典の王進とのエピソード)。お尋ね者の魯智深を匿ったのが元で自分もお尋ね者になり、放浪の末に梁山泊に入る。林中に従って活躍し、出番も多い。良い雰囲気になった女性とは毎回死別している。(演:あおい輝彦)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。頭に巾を巻いた青年。序盤は原典にほぼ忠実だが、その後は呼延灼戦の後に梁山泊入りしたことが語られる程度。死亡シーンあり。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:原典とほぼ同様。呼延灼の梁山泊攻撃直前に梁山泊に合流した。方臘戦で壮絶な討ち死にを遂げるが、その際には崩壊していく梁山泊と斬られた自分の背中の龍を重ね、梁山泊を想いながら倒れた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:龍の入れ墨を入れた柄の悪い男。武松、楊志とともに梁山泊の活躍を聞き、その後三人で梁山泊入りしたらしい。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:史家村の保正で上半身に刺青をいれた青年。逃亡中の王進を救って家に泊める。後にその正体を知り、あえて王進の額を傷つけて手配書とは別人に見せかけ、その後王進の弟子となる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:原典同様に王進の弟子であり、自分も受け継げなかった月の蛇を継いだ飛虎に怒りを燃やして対決。王進譲りの奥義「九天夢幻」で飛虎を追い詰めるが、「王進を超える男」を目指していた飛虎には敵わず、深傷を負わされる。戦いの後、飛虎を月の蛇の主と認めて梁山泊に帰った。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:九紋竜史郎(くもんりゅうしろう)。東都大学の空手部主将。ロチ・シンとはライバルだが、共にクーデターを起こすためにN・S・Pの武器輸送車を襲って失敗、お尋ね者になる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:背にデザイン化された刺青を入れた明るい性格の少年。陰械は両手の甲から現れる短い爪で、得物として棒も使う。先の戦いの後は華州で王進の下で修行兼身の回りの世話をしていたが、宋江らに同行して清風山に行く。王進を殺した林冲を討った後、華州に去る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体98 腕91 技79 知45 忠74 仁69 勇95 シナリオ1,2,3,4で選択可能。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体97 腕90 技79 知64 忠78 仁75 勇94 シナリオ1で選択可能。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:キルキス。エルフの村の青年。村の危機を救うために解放軍の力を借りに来た。人間、ドワーフとの共存を望む理想家肌。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:キリィ。シンダル族の遺跡を探し求める謎の男。伝説の鳥をモチーフにした赤い衣装をまとう。シンダル族に関して異常なほどの執着心を見せ、その遺跡に入ったアレックスに関心を持ったことから仲間に入る。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:クリス・ライトフェロー。ゼクセン騎士団の「誉れ高き六騎士」の一人。前任者の死に伴って騎士団長に就任し、「銀の乙女」と呼ばれ英雄扱いさられることに苦悩している。グラスランドで失踪した父の行方を追う過程で英雄戦争に巻き込まれる。真の紋章の継承者の一人。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:グレッチェン。山奥で一人剣の修行に打ち込んでいた女剣士。凛とした雰囲気の女性で、己の剣の腕に絶対の自信を持つ。主人公の噂を聞きつけ、共に戦うために馳せ参じる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:キリィ。アゲイト監獄に幽閉されていた、シンダル族の遺跡を探し求める謎の男。伝説の鳥をモチーフにした赤い衣装をまとう。普段は寡黙で物腰も柔らかだが、シンダル遺跡が絡むと一転して危険人物と化す。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:スフィール。チオルイ山の雪女。山で出会った相手に雪は好きかと問い、好きだと答えると雪嵐をお見舞いしていたが、本人はおいしい雪をごちそうしてあげたつもりで、悪気はない。ドガとは三十年以上前に出会っている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:ニド。シュラートの調剤師。調剤の腕は確かだがいまいち押しが弱い。イリアに猛烈な片想いをしているが、全く気づかれていない。現代の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS