• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 凌振 へ行く。

*地輔星  轟天雷 凌振 [#o740f2b7]
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:星|COLOR(#000000):LEFT:地輔星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:渾名|COLOR(#000000):LEFT:轟天雷|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:序列|COLOR(#000000):LEFT:第52位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:役職|COLOR(#000000):LEFT:諸物を製造管理する頭領 大小号砲の製造管理者|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:前歴|COLOR(#000000):LEFT:東京の甲仗庫の副使|
|BGCOLOR(#CCFFFF):COLOR(#000000):LEFT:賛詩|COLOR(#000000):LEFT:炮落つる時城郭砕け、煙雲散ずる処鬼神愁う。轟天雷は風を馳する炮を起ち、凌振の名は四百州に聞こゆ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:解説|COLOR(#0000FF):LEFT:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%8C%E6%8C%AF|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:結末|COLOR(#000000):LEFT:方臘征伐後、火薬局御営の任用を受けた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:遺事|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:賛|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:後伝|COLOR(#000000):LEFT:梁方平の軍に加わっていたが、敗戦により落ち延びて野狐舗で王進の客将となっていた。金軍の攻撃で部隊が壊滅し、逃れてきたところで燕青と再会し、飲馬川に加わる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:絵巻|COLOR(#000000):LEFT:基本的設定は原典とほぼ同じ。目の細い、甲高い声の小太りの男。波斯の秘法で作り上げた大砲を何より大事にしている。毎年天子の誕生日には盛大な仕掛け花火を上げていたが、それに不満を持ち、好きなだけ火砲を撃てる梁山泊に喜んで加わる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:北方|COLOR(#000000):LEFT:北京大名府の砲隊隊長。幼い頃から砲の魅力に取り憑かれ、火砲の開発に情熱を燃やす。梁山泊の奇襲で捕らわれるが、湯隆が作る鉄に魅せられてそのまま梁山泊入り。その後も火砲の開発に燃える。最終決戦では魏定国と完成させた瓢箪弾で海鰍船数隻を沈めたが、砲弾の暴発で爆死。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:ジュニア|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。火薬を使って大きな石を遠くに飛ばす大砲を研究していた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:傾城|COLOR(#000000):LEFT:夕轟の打出(ゆうとどろきのうちで)。院の御所に仕える女武者。先祖は西洋の者で代々火術を伝えてきており、親の技を継いで石火矢の名人。その他はほぼ原典準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:NTV|COLOR(#000000):LEFT:轟天雷(渾名ではなく名前)。遠く西域まで放浪した末に火薬作りの秘法を収めた老技術者で、轟思文という息子がいる。その腕を見込んだ高求に都に招かれるが、途中で梁山泊と出会い、その志に共鳴して親子砲を開発した。しかしあまりの殺傷力の高さに砲を破壊し、梁山泊を去った。(演:根上淳)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:横山|COLOR(#000000):LEFT:原典とほぼ同じ。「轟天雷」と呼ばれる太って痘痕だらけの醜男。よほど大事にしていたのか、火砲が破壊された時には泣いて悔しがった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:読破|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:AKA|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:月の蛇|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:SF|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:60億|COLOR(#000000):LEFT:轟天雷蔵(ごうてんらいぞう)。N・S・P危険物処理班。「オールメン・アー・ブラザース」号爆破のために潜入し、成功させるが捕らわれる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:水辺|COLOR(#000000):LEFT:韓滔・彭玘とともに呼延灼に付き従う右目に機械製のモノクルをつけたアゴヒゲの男。得物は右手に装着された銃。呼延灼に従い河北と淮西に向かい、消失。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天命|LEFT:体93 腕32 技90 知59 忠40 仁52 勇29|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:天導|LEFT:体90 腕36 技90 知61 忠69 仁81 勇77 高レベルの工人技能を持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想|COLOR(#000000):LEFT:モース。解放軍の秘密工場の工場長。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想2|COLOR(#000000):LEFT:ガンテツ。力自慢の僧侶。酒を飲んで暴れたのがもとで、トラン共和国のクロン寺を破門されて放浪していた。主人公たちとの力比べに敗れて仲間になる|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想3|COLOR(#000000):LEFT:ビッチャム。カラヤ族のベテラン戦士でルシアの片腕。古参の戦士で、デュナン統一戦争には族長ルシアとともに参加し、ルシアを逃して顔に傷を負った。2では名前のみ登場。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想4|COLOR(#000000):LEFT:パブロ。ウォーロックを師と仰ぐ紋章砲技術者。ウォーロックに憧れて紋章砲の研究家になった。神経質で普段は口数が少ないが、紋章砲のこととなると雄弁になる。ネリスの先祖に当たる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想5|COLOR(#000000):LEFT:ワボン。ケイブドワーフ。職人気質の頑固者で、ドワーフキャンプのまとめ役。トロッコの神様と呼ばれるほどトロッコに並々ならぬ情熱を燃やしている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:幻想T|COLOR(#000000):LEFT:キミヤ。ジャナム帝国では失われた技術である銃に執着し、独自に開発を進めていた研究家。その技術はヴェルファー機関の人間を感心させるほどだが、言動はほとんどマッドサイエンティスト。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):COLOR(#000000):LEFT:GR|COLOR(#000000):LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:星|LEFT:地輔星|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:渾名|LEFT:轟天雷|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:序列|LEFT:第52位|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:役職|LEFT:諸物を製造管理する頭領 大小号砲の製造管理者|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:前歴|LEFT:東京の甲仗庫の副使|
|BGCOLOR(#CCFFFF):LEFT:賛詩|LEFT:炮落つる時城郭砕け、煙雲散ずる処鬼神愁う。轟天雷は風を馳する炮を起ち、凌振の名は四百州に聞こゆ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:解説|LEFT:子母砲など様々な大砲を発明した砲術の達人。呼延灼の要請で梁山泊討伐軍の応援として参加、到着早々、火砲で梁山泊を驚かせた。が、梁山泊水軍により湖上におびき出されて捕えられ、彭玘と宋江の説得で梁山泊入り。早速呼延灼を攻撃した。その後も数々の戦で主に号砲役を務めたが、方臘戦では妖術使いの包道乙を火砲で吹き飛ばした。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:結末|LEFT:方臘征伐後、火薬局御営の任用を受けた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:遺事|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:賛|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:後伝|LEFT:梁方平の軍に加わっていたが、敗戦により落ち延びて野狐舗で王進の客将となっていた。金軍の攻撃で部隊が壊滅し、逃れてきたところで燕青と再会し、飲馬川に加わる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:絵巻|LEFT:基本的設定は原典とほぼ同様。目の細い、甲高い声の小太りの男。波斯の秘法で作り上げた大砲を何より大事にしている。毎年天子の誕生日には盛大な仕掛け花火を上げていたが、それに不満を持ち、好きなだけ火砲を撃てる梁山泊に喜んで加わる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:北方|LEFT:北京大名府の砲隊隊長。幼い頃から砲の魅力に取り憑かれ、火砲の開発に情熱を燃やす。梁山泊の奇襲で捕らわれるが、湯隆が作る鉄に魅せられてそのまま梁山泊入り。その後も火砲の開発に燃える。最終決戦では魏定国と完成させた瓢箪弾で海鰍船数隻を沈めたが、砲弾の暴発で爆死。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:楊令伝|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:ジュニア|LEFT:原典とほぼ同様。火薬を使って大きな石を遠くに飛ばす大砲を研究していた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:新伝|LEFT:第74位 地霆星。代々花火職人の家の出身。老チュウ経略相公の下で砲手を務め、西夏相手に活躍したが、東京の役人に火砲を取り上げられそうになったため辞職して爆竹と花火を作っていた。遼の来襲に対し、埋めていた火砲を掘り出し、李飛瓊の晋州防衛戦に協力する。戦後は関勝の梁山泊討伐に加わり、原典とほぼ同様の経緯で梁山泊入り。宋江に従い招安を受けた。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:傾城|LEFT:夕轟の打出(ゆうとどろきのうちで)。院の御所に仕える女武者。先祖は西洋の者で代々火術を伝えてきており、親の技を継いで石火矢の名人。その他はほぼ原典準拠。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:NTV|LEFT:轟天雷(渾名ではなく名前)。遠く西域まで放浪した末に火薬作りの秘法を収めた老技術者で、轟思文という息子がいる。その腕を見込んだ高求に都に招かれるが、途中で梁山泊と出会い、その志に共鳴して親子砲を開発した。しかしあまりの殺傷力の高さに砲を破壊し、梁山泊を去った。(演:根上淳)|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:横山|LEFT:原典とほぼ同様。「轟天雷」と呼ばれる太って痘痕だらけの醜男。よほど大事にしていたのか、火砲が破壊された時には泣いて悔しがった。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:沼田|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:読破|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:AKA|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:月の蛇|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:SF|LEFT:-|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:60億|LEFT:轟天雷蔵(ごうてんらいぞう)。N・S・P危険物処理班。「オールメン・アー・ブラザース」号爆破のために潜入し、成功させるが捕らわれる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:水辺|LEFT:韓滔・彭玘とともに呼延灼に付き従う右目に機械製のモノクルをつけたアゴヒゲの男。得物は右手に装着された銃。呼延灼に従い河北と淮西に向かい、消失。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天命|LEFT:体93 腕32 技90 知59 忠40 仁52 勇29|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:天導|LEFT:体90 腕36 技90 知61 忠69 仁81 勇77 高レベルの工人技能を持つ。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想|LEFT:モース。解放軍の秘密工場の工場長。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想2|LEFT:ガンテツ。力自慢の僧侶。酒を飲んで暴れたのがもとで、トラン共和国のクロン寺を破門されて放浪していた。主人公たちとの力比べに敗れて仲間になる|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想3|LEFT:ビッチャム。カラヤ族のベテラン戦士でルシアの片腕。古参の戦士で、デュナン統一戦争には族長ルシアとともに参加し、ルシアを逃して顔に傷を負った。2では名前のみ登場。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想4|LEFT:パブロ。ウォーロックを師と仰ぐ紋章砲技術者。ウォーロックに憧れて紋章砲の研究家になった。神経質で普段は口数が少ないが、紋章砲のこととなると雄弁になる。ネリスの先祖に当たる。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想5|LEFT:ワボン。ケイブドワーフ。職人気質の頑固者で、ドワーフキャンプのまとめ役。トロッコの神様と呼ばれるほどトロッコに並々ならぬ情熱を燃やしている。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想T|LEFT:キミヤ。ジャナム帝国では失われた技術である銃に執着し、独自に開発を進めていた研究家。その技術はヴェルファー機関の人間を感心させるほどだが、言動はほとんどマッドサイエンティスト。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:幻想百|LEFT:ツオムジン。クタン人の血を引く鍛冶屋でシウ・ジンの子孫、チャムジンの父。武器に毒を仕込む技術に魅了されているちょっと薄気味悪い男。100年前の宿星。|
|BGCOLOR(#CCFFCC):LEFT:GR|LEFT:-|
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS