天慧星  拚命三郎 石秀

天慧星
渾名拚命三郎
序列第33位
役職歩兵軍頭領
前歴薪売り→薊州の肉屋
賛詩身は山中の猛虎に似、性は火上に油を澆ぐが如し。心雄に胆大に機謀有り、到る処人に逢いて搭救す。全く一条の桿棒に仗り、只両個の拳頭に憑る。掀天の声価皇州に満つ、拚命三郎石秀と。
解説http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%A7%80
結末方臘征伐の昱嶺関攻めで、偵察に出たところを関所を守る龐万春の待ち伏せを受けて射殺された。
遺事拚命三郎(拚命二郎)石秀。第34位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊に入ったものと思われる
(第32位)石秀拚命 志在金寶 大似河魨 腹果一飽
後伝
絵巻原典とほぼ同じ。すぐにダウンする楊雄をよく支える。鼻の頭に横一文字の傷がある。
北方公孫勝の配下の元盗賊で、劉唐の弟分。非情になりきれない性格のため致死軍を罷免され、そのことがコンプレックスになっていたが、兵の調練に非凡な能力を見出す。許定の二竜山攻撃時に青蓮寺の工作により開けられた山塞の門を塞ぐため、単身敵の群に飛び込んで壮絶な戦死。
ジュニア命知らずの石秀。ほぼ原典に同じ。イラストでは穏やかな顔立ちの巨漢。潘巧雲が裴如海と内緒で酒を飲んで賭け事をしているのを知るが、楊雄に誤解されて自ら家を出る。その後、真相を知った楊雄とともに寝ている潘巧雲の髪を包丁で剃り、尼寺の前に転がしてきた。
傾城命不知の岩[木+屠](いのちしらずのいわひば)。親は源行家の譜代の郎党だったが、行家が討たれた後、世を忍んでいるうちに亡くなった。夏楊を助けた時には柴売りをしていたが、その後は針糸売りとなる。夏楊の叔父の医師・持井常庵の側女・遣水が悪僧・波海と密通していることを知り、夏楊に教えるが、逆に常庵を狙っていると誤解され、家を出る。その後、真実を知った夏楊と共に姦夫姦婦を成敗する。その他はほぼ原典に準拠。
NTV
横山方臘戦で戦死者として名前が挙がるのみで、登場はなし。
読破
AKA
月の蛇
SF
60億
水辺
天命体92 腕71 技77 知35 忠31 仁64 勇56
天導体93 腕77 技77 知76 忠70 仁76 勇68
幻想テンガアール。戦士の村の村長の娘。気が強く、ヒックスを振り回しているが彼に好意を持っている。ネクロードの花嫁として攫われるが、ヒックスたちに救い出される。
幻想2テンガアール。成人の儀式で村を離れて修行するヒックスにくっついて旅をしている。相変わらずヒックスを振り回しているが、早く儀式を終わらせて結婚しようとしている。
幻想3イク。ルビークに住む女性で、フランツの恋人。フランツとルビーク住民一派との軋轢を心配している。フランツと同じく虫使いとしての能力を持ち、虫たちの世話をしている。
幻想4リキエ。かつて「罰の紋章」を継承した行方不明の夫を捜す女性でラクジーの母。オベル遺跡で紋章を継承した主人公と出会い、夫の死を確信しながらも、紋章を見守るため仲間となる。
幻想5ニック。将来に向けて修行に励む竜馬騎兵の見習い。武芸や騎術は見習いの中では優れた能力を見せるが、竜馬に指示を出す竜笛は苦手。
幻想Tマナリル。ジャナム魔道帝国皇帝と第二皇妃リズランの間の娘。「読み手」と呼ばれる書から情報を引き出す能力を持ち、魔道院長でもある母に魔道の研究のため、書の解読を強要されていたが、主人公たちに救い出される。
GR
トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS