天間星  入雲龍 公孫勝

天間星
渾名入雲龍
序列第4位
役職機密を管理する軍師
前歴道士
賛詩
解説http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%AD%AB%E5%8B%9D
結末方臘征伐の前に軍を抜け、二仙山に帰る。
遺事第7位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊に入ったものと思われる
後伝朱武を弟子に二仙山で修行に励んでいたが、樊瑞と間違えられて郭京に逆恨みされて軍を差し向けられ、飲馬川に事情を確認に行き、そのまま庵を結ぶ。その後は要所要所で仙術を披露、関白来襲の際には、大雪を降らせて寒さに弱い日本兵を全滅させた。
絵巻基本的設定は原典とほぼ同じ。己の力を試すため、師の制止を振り切り下山した。三巻の天書の解読のため一度は二仙山に戻るが、兄弟子・高廉を倒すため、五雷天心正法を会得し、白髪と化して下山。呉用とは一種の友情で結ばれており、共に梁山泊に迫る運命を変えようとしている。
北方元・河水の叛徒。不気味な雰囲気で、滅多に感情を見せない皮肉屋。渭州の地下牢に囚われていたが晁蓋らにより救い出され、暗殺・破壊工作を行う特殊部隊・致死軍を創設、総指揮官として青蓮寺と暗闘を繰り広げる。林冲とは喧嘩が絶えないが、実はお互いを最もよく理解している仲。
NTV元・東渓村の寺子屋の師匠。原典の呉学人の役割も兼ねた人物で、軍学と道術に優れ、晁蓋の十万貫強奪に手を貸し、共に梁山泊に入って軍師となった。道術の腕は原典ほどではなく、高廉には及ばなかった。
横山基本的設定は原典とほぼ同じ。僧侶姿の男で、「一清道人」と呼ばれる。初登場時は何故か道術を使わなかったが、一度二仙山に帰り、高廉戦で復帰した以降は道術で大活躍する。初登場の時はズボンを履いていたが再登場時に生足に。
AKA替天行道のメンバー。シャボン玉のような泡を用いて様々な道術を操る道士だが、非常にマイペースな性格で、始終どこかを放浪している。この世の禁術を全て消し去るため、禁術を解き放った兄弟子・樊瑞を追っている。
SF長髪で細面の異様な雰囲気の男。人の脳に直接働きかける超能力者で、相手に幻覚を見せたり、心を覗いたりすることができる。その力で役人から不義の財を奪っていたが、呉用と出会い、仲間に加わる。
60億入雲竜男(いりくもたつお)。東都大学の気象学の権威・敷島博士の弟子。敷島博士の研究を引き継ぎ、地球の氷河期化を知る。後に兆外先生の企てに加わり、人工霧発生装置を開発して活躍。
天命体84 腕53 技72 知90 忠45 仁81 勇54
天導体86 腕37 技62 知93 忠81 仁93 勇78 呉用に次いで知力が高い。108星で最高レベルの道士技能を持つ。
幻想ルック。レックナートの弟子で、真の紋章の一つ・真なる風の紋章を持つ。魔法の才に恵まれた少年だが性格は生意気で無愛想。レックナートの命で、反乱軍に協力する。
幻想2ルック。レックナートの弟子で、真の紋章の一つ・真なる風の紋章を持つ。レックナートの命で、新同盟軍に助力する。性格は相変わらず。
幻想3ルック。真なる風の紋章の継承者。自らの境遇を悲観してレックナートの元を離れ、真の五行の紋章の崩壊を目論む。ハルモニア神聖国に仮面の神官将として潜入し暗躍したが、主人公たちに敗れる。
幻想4テッド。真の紋章の一つ「ソウルイーター」の継承者。継承者の運命から逃れるため、霧の船に乗り込んでいたが、同じく真の紋章を持つ主人公に感化されていく。後に1の主人公と出会い、紋章を託して落命する。
幻想5ゼラセ。漆黒の衣装に身を包んだ謎の魔術師。ジーンの知人だが、その正体は不明であり、夜の紋章の眷属で、世界にただ一つの星の紋章を宿している。
幻想Tゼノア。城の地下室に突如現れたスキンヘッドの美女。ひねくれた性格でかなりの毒舌。約束の石版を管理しており、様々な秘密を知るが、なかなか語ろうとしない。元いた世界でも百八星の一人だったらしい。
GR国際警察機構北京支部の客員エキスパート。体中に隠し持つ御札による仙術の達人で、馬などに変身することもできる。作戦では楊志とコンビを組むことが多い。兄弟子である十傑集の混世魔王・樊瑞を連れ戻すため、師・羅真人の命を受けて国際警察機構に協力している。
トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS