|BGCOLOR(#92D050):CENTER:回数|BGCOLOR(#92D050):CENTER:題名|BGCOLOR(#92D050):CENTER:あらすじ|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第01回|LEFT:張天師 祈って瘟疫を禳い 洪太尉 誤って妖魔を走す|LEFT:張天師に疫病退散の祈祷依頼をするために龍虎山を訪れた洪大尉は、伏魔殿に封じ込められた百八の妖魔を解き放ってしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第02回|LEFT:王教頭 私かに延安府に走れ 九紋竜 大いに史家村を閙がす|LEFT:成り上がり者の高俅に睨まれた王進は、延安府に逃れる途中、史家村で史進に武芸を教える。王進が旅立った後、史進は少華山の三人の山賊と交誼を結ぶが、屋敷を捕り手が取り囲む。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第03回|LEFT:史大郎 夜華陰県を走れ 魯提轄 拳もて鎮関西を打つ|LEFT:三頭領を引き渡すのを拒み屋敷を捨てた史進。彼は、王進を探す旅に出て、提轄の魯達や李忠と出会う。魯達は騙された金翠蓮を助けるために肉屋の鄭を殴り殺してしまい、お尋ね者となる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第04回|LEFT:趙員外 重ねて文殊院を修め 魯智深 大いに五台山を閙がす|LEFT:魯達は金翠蓮の旦那となった趙員外の勧めで五台山文殊院の智深長老の下で出家し、魯智深と名乗る。魯智深は酒を飲んでたびたび寺を騒がし、ついに破門されてしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第05回|LEFT:小霸王 酔って銷金帳に入り 花和尚 大いに桃花村を閙がす|LEFT:東京大相国寺へ旅立った魯智深は、途中の桃家村で娘を奪おうとした周通を叩きのめし、首領の李忠と再会する。二人の性根が気に入らない魯智深は、桃花山の山塞を荒らして旅立つ。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第06回|LEFT:九紋龍 赤松林に剪径し 魯智深 瓦罐寺を火焼す|LEFT:瓦罐寺の悪党二人と対決するが空腹で一度逃げ出した魯智深。赤松林で彼に襲いかかったのは史進だった。史進とともに悪党を始末して瓦罐寺を焼いた魯智深は大相国寺に到着。菜園の番人となる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第07回|LEFT:花和尚 倒に垂楊柳を抜き 豹子頭 誤って白虎堂に入る|LEFT:菜園でならず者を叩きのめした魯智深は、林冲と知り合い、義兄弟となる。林冲は、その妻に懸想する高衙内の養父・高俅の奸策にはまり、役所の白虎節堂に刀を手に入ってしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第08回|LEFT:林教頭 滄州道に刺配せられ 魯智深 大いに野猪林を閙がす|LEFT:高俅暗殺未遂の罪に問われるが、かろうじて滄州へ流刑となった林冲。高俅の意を受けた護送役人に痛めつけられ、途中の野猪林で殺されかけた林冲のもとに魯智深が駆けつける。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第09回|LEFT:柴進 門に天下の客を招き  林冲 洪教頭を棒打す|LEFT:林冲を助けて滄州まで送り届けて去る魯智深。林冲は豪傑を好む柴進の屋敷で歓待され、驕慢な洪教頭を叩きのめす。柴進の世話で、林冲は牢城で楽な暮らしが出来るようになった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第10回|LEFT:林教頭 風雪に山神廟へ 陸虞候 草料場を火焼す|LEFT:まぐさ置き場の番となった林冲だが、雪の晩に小屋が潰れ、山神廟に逃れる。自分の命を狙い、小屋に火を付けた陸謙を斬った林冲はその場から逃れるが、酒に酔ったところを百姓たちに捕まってしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第11回|LEFT:朱貴 水亭に號箭を施ち 林冲 雪夜梁山に上る|LEFT:林冲が連行された先は柴進の屋敷だった。柴進は林冲に梁山泊に行くように勧め、林冲は朱貴に水塞へと案内される。林冲は、王倫に入山の証として三日以内に誰かの首を持ってくるよう命じられる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第12回|LEFT:梁山泊に 林冲落草し  汴京城に 楊志刀を売る|LEFT:通りかかった楊志と死闘を繰り広げ、入山を認められた林冲。東京に出た楊志は復職に失敗、金に困って刀を売るが、絡んできたごろつきを殺してしまう。大名府に流された楊志は、梁中書に気に入られる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第13回|LEFT:急先鋒 東郭に功を争い  青面獣 北京に武を闘わす|LEFT:梁中書の命で武芸比べを行い、周瑾を退けた楊志は、索超と互角の戦いを繰り広げ、提轄となる。一方、鄆城県では都頭の朱仝と雷横が管内の巡察に出るよう命じられる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第14回|LEFT:赤髪鬼 醉って霊官殿に臥し 晁天王 認義を東溪村に認ぶ|LEFT:東渓村の廟で酔って寝ていた劉唐を捕まえた雷横。晁蓋は劉唐を自分の甥と偽って助ける。怒って雷横を襲った劉唐だが、二人を呉用が止める。晁蓋と呉用は、雷横から生辰綱強奪を持ちかけられる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第15回|LEFT:呉学究 三阮に説いて撞籌し  公孫勝 七星に応じて義に聚まる|LEFT:生辰綱強奪の仲間として阮三兄弟を加えた呉用。六人が仲間の契りを結んでいた時、公孫勝と名乗る道士が晁蓋の屋敷に乗り込んでくる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第16回|LEFT:楊志 金銀担を押送し 呉用 生辰鋼を智取す|LEFT:公孫勝が加わり七人となった一味は、白勝も仲間に加え計画を練る。生辰綱輸送を命じられ、細心の注意を払って旅する楊志だが、呉用の策にはまり、痺れ薬入りの酒を飲まされて生辰綱を奪われてしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第17回|LEFT:花和尚 単にて二竜山を打ち 青面獣 双もて宝珠寺を奪う|LEFT:逃亡した楊志は、途中出会った曹正に二竜山入りを勧められる。魯智深と出会った楊志は、曹正の知恵を借りて二竜山を奪う。一方、捕り手役人・何濤は、生辰綱強奪犯を捕らえるよう厳命されていた。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第18回|LEFT:美髯公 智もて插翅虎を隠め  宋公明 私かに晁天王を放つ|LEFT:弟の密告で白勝を捕らえ、晁蓋が首謀者と知った何濤。何濤から話を聞いた宋江は急いで晁蓋にそれを伝える。晁蓋捕縛を命じられた朱仝と雷横も、見て見ぬふりをして晁蓋を逃す。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第19回|LEFT:林冲 水寨に大いに火を併ち  晁蓋 梁山に小しく泊を奪う|LEFT:東渓村を逃れた晁蓋たちは、何濤率いる捕り手を蹴散らして梁山泊に到着。しかし王倫は言を左右にして入山を断ろうとする。王倫の狭量さに怒った林冲は、ついに宴席で王倫を刺し殺す。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第20回|LEFT:梁山泊に 義士晁蓋を尊とし 鄆城県に 月夜劉唐を走らす|LEFT:林冲により首領の座に据えられた晁蓋の下、官軍を撃退する梁山泊。晁蓋は恩人の宋江のため劉唐を鄆城県に遣わすが、宋江は晁蓋からの黄金を受け取らず返してしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第21回|LEFT:虔婆 酔って唐牛児を打ち 宋江 怒って閻婆惜を殺す|LEFT:閻婆のしつこい勧めで閻婆惜を妾にする宋江だが、二人の間はしっくり来ない。そんな中、晁蓋からの手紙を見た閻婆惜に強請られた宋江は、カッとなって彼女を殺してしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第22回|LEFT:閻婆 大いに鄆城県を閙がし 朱仝 義もて宋公明を釈す|LEFT:娘を殺された閻婆の訴えで捕り手から追われる宋江。宋江が実家に隠れていることを見抜いた朱仝だが、あえて宋江を見逃して逃がす。柴進の邸に身を寄せた宋江は、そこで一人の大男と出会う。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第23回|LEFT:横海郡に 柴進賓を留め 景陽岡に 武松虎を打つ|LEFT:柴進の屋敷で武松と親交を結ぶ宋江。宋江らと別れ、故郷に向かう武松は途中の景陽岡で人食い虎と出会い、これを素手で叩き殺す。一躍英雄となった武松は陽穀県の都頭となる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第24回|LEFT:王婆 賄を貪って風情を説き 鄆哥 不いに忿って茶肆を閙がす|LEFT:兄・武大と再会した武松は兄の家で暮らすこととなる。武松の出張中に、武大の妻・潘金蓮は薬屋の西門慶と出会い、王婆の手引きで密通する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第25回|LEFT:王婆 計もて西門慶を啜かし 淫婦 薬もて武太郎を鴆す|LEFT:潘金蓮と西門慶の密通の場に踏み込んだ武大は西門慶に返り討ちに遭って病の床につく。潘金蓮は王婆に唆され、武大に薬と偽って砒素を飲ませて毒殺する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第26回|LEFT:骨殖を偸みて 何九叔喪を送り 人頭を供えて 武二郎祭を設く|LEFT:帰還した武松は兄の不審な死を知るが役所は相手にしない。検死役の何九叔らから証拠を集めた武松は、兄の霊前で潘金蓮に真実を白状させて殺し、西門慶も血祭りに上げる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第27回|LEFT:母夜叉 孟州道に人肉を売り 武都頭 十字坡に張青に遇う|LEFT:自首して孟州へ流刑となる武松。途中、十字坡の居酒屋で休憩した一行は、孫二娘に痺れ薬を飲まされるが、武松はこれを見抜いて彼女を捕らえる。そこに駆けつけた張青は武松にわびを入れる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第28回|LEFT:武松 威もて安平寨に鎮く 施恩 義もて快活林を奪う|LEFT:孟州の牢城に到着した武松だが、何故か刑罰を免じられ、手厚くもてなされる。不審に思う武松の前に、施恩が現れた。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第29回|LEFT:施恩 重ねて孟州道に霸たり 武松 酔って蒋門神を打つ|LEFT:快活林を蒋忠に奪われ、武松の力を借りたいと願う施恩。武松は施恩と義兄弟の契りを結び、快活林で蒋忠を一蹴する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第30回|LEFT:施恩 三たび死囚牢に入り 武松 大いに飛雲浦を閙がす|LEFT:武松は兵馬都監の張蒙方に招かれ、屋敷で仕えることとなるが、盗みの濡れ衣を着せられ投獄される。施恩の奔走で流罪となった武松だが、途中の飛雲浦で刺客を返り討ちにして事の真相を知る。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第31回|LEFT:張都監 血鴛鴦楼に濺ぎ  武行者 夜蜈蚣嶺を走る|LEFT:鴛鴦楼に殴り込んだ武松は屋敷内の人間を皆殺しにする。逃走の途中、張青夫妻に再会した武松は、身分を隠すため行者に姿を変える。二竜山に向かう武松は、蜈蚣嶺で怪しげな道士を退治する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第32回|LEFT:武行者 酔って孔亮を打ち  錦毛虎 義もて宋江を釈す|LEFT:旅の途中孔亮・孔明と揉め事を起こした武松は、宋江と再会する。清風寨に向かう途中、燕順らに捕らえられた宋江だが、名前を聞いた燕順に助けられる。宋江は王英が捕らえた劉知寨夫人を逃がす。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第33回|LEFT:宋江 夜小鰲山を看  花栄 大いに清風寨を閙がす|LEFT:宋江は花栄に歓待されるが、その姿を見かけた劉知寨夫人は、清風山での恩を忘れ宋江を捕らえさせる。怒った花栄は宋江を取り戻すが、宋江は再び捕らえられ、花栄も黄信に欺かれて捕らえられる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第34回|LEFT:鎮三山 大いに青州道を閙がし  霹靂火 夜瓦礫場を走る|LEFT:護送される宋江と花栄は清風山の山賊に救出され、討伐に来た秦明を計略で捕らえる。一度は仲間入りを拒んだ秦明だが、再度の計略でお尋ね者となりやむなく仲間入り。黄信も彼の誘いで仲間に入る。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第35回|LEFT:石将軍 村店に書を寄せ  小李広 梁山に雁を射る|LEFT:梁山泊に向かう宋江たちは、途中で呂方と郭盛に出会い、仲間とする。途中、石勇が携えてきた手紙で父の死を知った宋江は単身帰省し、花栄らは梁山泊に入る。花栄は飛ぶ雁の目を射貫く妙技を見せる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第36回|LEFT:梁山泊に呉用 戴宗を挙げ  掲陽嶺に宋江 李俊と逢う|LEFT:死を偽って自分を呼んだ父の薦めで自首し、江州に流刑となった宋江に、呉用は友人の戴宗を頼るよう勧める。途中、李立の酒屋で痺れ薬を盛られた宋江だが、出迎えに来た李俊によって救われる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第37回|LEFT:没遮攔 及時雨を追趕し  船火児 夜潯陽江を閙がす|LEFT:薛永に見物料を払ったことから穆弘らに追われる宋江。逃げる途中で乗った潯陽江の渡し船で今度は張横に追い剥ぎされそうになる宋江だが、李俊の取りなしで難を逃れ、穆弘らから歓待される。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第38回|LEFT:及時雨 神行太保に会い  黒旋風 浪裏白跳と闘う|LEFT:牢城で戴宗と会った宋江は李逵に引き合わされる。意気投合して飲み始めた三人だが、李逵は市場から魚を奪おうとして張順と喧嘩になる。水中で苦戦する李逵だが、宋江のとりなしで仲直りする。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第39回|LEFT:潯陽楼に宋江 反詩を吟じ 梁山泊より戴宗 仮信を伝う|LEFT:潯陽楼で酔った時に壁に詩を書いた宋江は、詩に謀叛の意図があると決めつけられて捕らえられる。その措置を蔡京に相談する使者となった戴宗に対し、呉用は蕭譲と金大堅に偽造させた手紙を渡す。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第40回|LEFT:梁山泊の好漢 法場を劫かし  白竜廟に英雄 小聚義す|LEFT:手紙のミスにより嘘がばれて宋江ともども処刑されることとなった戴宗。しかし処刑場に李逵、そして梁山泊の面々が乱入、二人を救出し、李俊や張順、穆弘らの助けで脱出するのだった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第41回|LEFT:宋江 無為軍を智取し  張順 黄文炳を活捉る|LEFT:侯健の手引きで無為軍の街を襲撃した梁山泊軍は黄文炳を捕らえて復讐する。凱旋の途中に黄門山の面々を加えた梁山泊は宋江を第二の頭領に迎える。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第42回|LEFT:還道村に 三巻の天書を受け  宋公明 九天玄女に遇う|LEFT:父と弟を迎えに行って捕り手に追われ、九天玄女廟に隠れた宋江。そこで九天玄女と出会った宋江は、三巻の天書を授けられる。その後、故郷に帰った公孫勝に対し、李逵も帰郷を訴えるが。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第43回|LEFT:仮李鬼 剪径して単人を劫かし 黒旋風 沂嶺に四虎を殺す|LEFT:故郷の母を迎えに行った李逵は途中で自分の偽者・李鬼に襲われ、逆に退治する。母を食った虎を殺した李逵だが、李鬼の妻の密告で捕らわれてしまう。朱貴は朱富とともに護送の李雲を罠にかける。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第44回|LEFT:錦豹子 小径に戴宗に逢い 病關索 長街に石秀に遇う|LEFT:孫勝を探しに行った戴宗は楊林と出会い、飲馬川を訪れる。薊州を訪れた二人は、そこで石秀が楊雄を助ける姿を目撃。意気投合した楊雄と石秀は義兄弟の契りを結ぶ。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第45回|LEFT:楊雄 酔って潘巧雲を罵り  石秀 智もて裴如海を殺す|LEFT:楊雄の妻・潘巧雲が裴如海と通じていることを知った石秀だが、楊雄は酔ってそれを妻に喋ってしまい、うまく丸め込まれてしまう。楊雄に追い出された石秀は機会をうかがい、裴如海を殺す。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第46回|LEFT:病関索 大いに翠屏山を閙がし 拚命三 火もて祝家莊を焼く|LEFT:潘巧雲を殺した楊雄は、石秀・時遷とともに梁山泊に向かう。途中の祝家荘で鶏を盗んで食べた時遷は、梁山泊の名を出したため、捕らえられてしまう。逃れた楊雄と石秀はある男に出会う。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第47回|LEFT:撲天鵰 双たび生死の書を修め  宋公明 一たび祝家荘を打つ|LEFT:楊雄の知人・杜興の主人である李応のとりなしで時遷を取り返そうとする二人だが、祝家荘は取り合わない。梁山泊に辿り着いた二人の訴えで宋江は祝家荘攻めに出陣するが、敵の罠に窮地に陥る。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第48回|LEFT:一丈青 単して王矮虎を捉え  宋公明 両たび祝家荘を打つ|LEFT:窮地を逃れ、再び祝家荘を攻める宋江だが、出陣してきた扈三娘に王英らが捕らわれてしまう。林冲が扈三娘を捕らえたものの、再び窮地に陥る宋江。そこにやってきた呉用が語る物語とは。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第49回|LEFT:解珍解宝 双んで獄を越れ 孫立孫新 大いに牢を劫かす|LEFT:無実の罪で処刑される解珍と解宝を救うため、立ち上がった孫新・顧大嫂・楽和。鄒淵と鄒潤を仲間に入れ、さらに偽って孫立も引き入れた彼らは、牢獄を襲撃して二人を救出、梁山泊に向かう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第50回|LEFT:呉学究 双たび連環の計を掌り  宋公明 三たび祝家荘を打つ|LEFT:欒廷玉の兄弟弟子である孫立はこれを利用して一族で祝家荘に入り、宋江と内外から呼応して祝家荘を滅ぼす。さらに計略で李応・杜興を仲間に引き込み、天涯孤独となった扈三娘も梁山泊入りする。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第51回|LEFT:插翅虎 枷もて白秀英を打ち  美髯公 誤って小衙内を失う|LEFT:白秀英を殺して捕らわれた雷横を梁山泊に逃がした朱仝は、流刑先で府知事に気に入られ、息子の養育係となる。朱仝を仲間にするため、李逵は子供を殺し、朱仝はやむなく梁山泊に逃れる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第52回|LEFT:李逵 殷天錫を打ち殺し  柴進 高唐州に失陥す|LEFT:柴進の邸に預けられた李逵は、柴進の叔父の屋敷を奪った殷天錫を殺してしまう。李逵を逃がして捕らわれた柴進を救うため高唐州を攻める梁山泊軍だが、州知事の高廉の妖術により大敗を喫する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第53回|LEFT:戴宗 智もて公孫勝を取り  李逵 斧もて羅真人を劈る|LEFT:高廉の妖術に対抗するため、二仙山の公孫勝を訪ねる戴宗と李逵。しかし公孫勝は修行を理由に同行を断る。怒った李逵は夜に紛れて師の羅真人を斧で斬り殺すが、全ては羅真人の術中だった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第54回|LEFT:入雲龍 法を闘わして高廉を破り  黒旋風 穴を探って柴進を救う|LEFT:参陣した公孫勝の術により妖術を破られた高廉。さらに呉用の策で高廉を倒し、李逵は井戸に匿われていた柴進を救い出す。いとこを殺された高俅は、呼延灼を梁山泊討伐に送り込む。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第55回|LEFT:高太尉 大いに三路の兵を興し  呼延灼 連環馬を擺べ布く|LEFT:韓滔・彭キとともに出陣してきた呼延灼。梁山泊軍は彭キを捕らえたものの、連環馬で大きな打撃を受ける。さらに凌振の火砲に苦しめられる梁山泊だが、水軍の奇襲で凌振を捕らえることに成功する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第56回|LEFT:呉用 時遷を使って甲を盗ましめ  湯隆 徐寧を賺して山に上らしむ|LEFT:連環馬を破るため、湯隆は従兄の徐寧と鉤鎌鎗の力を借りようとする。時遷は呉用の策により徐寧の家宝の鎧を盗んで彼を誘き出し、罠に嵌めて強引に仲間に入れてしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第57回|LEFT:徐寧 鈎鎌鎗を使うを教え  宋江 大いに連環馬を破る|LEFT:徐寧の鉤鎌鎗は連環馬を打ち破り、韓滔は捕らえられ呼延灼は青州に敗走する。そこでとりなしと引き替えに山賊を討伐することとなった呼延灼は、桃花山・二竜山・白虎山を攻め、魯智深らと対決する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第58回|LEFT:三山 義に聚まって青州を打ち  衆虎 心を同じくして水泊に歸す|LEFT:三山は梁山泊に救援を求め、駆けつけた梁山泊軍は計略で呼延灼を捕らえると青州城を攻め落とす。魯智深は、史進を誘うため少華山に向かうが、史進は華州城に捕らわれていた。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第59回|LEFT:呉用 金鈴弔掛を賺り   宋江 西嶽華山を閙がす|LEFT:史進ともども捕らえられた魯智深を救うため、梁山泊軍は華山に参拝する宿元景一行を捕らえ、これに化けて華州城に潜入し攻め落とす。仲間入りした史進は梁山泊を狙う芒碭山を攻めるが苦戦する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第60回|LEFT:公孫勝 芒碭山に魔を降し  晁天王 曽頭市に箭に中る|LEFT:樊瑞は公孫勝に妖術を破られ、李袞・項充ともども梁山泊に降る。献上する馬を曽頭市に奪われたという段景住の訴えを受け、出陣した晁蓋だが、苦戦の末に罠に嵌り、史文恭の毒矢に命を落とす。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第61回|LEFT:呉用 智もて玉麒麟を賺し  張順 夜金沙渡を閙がす|LEFT:盧俊義を仲間にするため、呉用は易者に化けて李逵と共に北京に向かう。呉用の不吉な予言を聞いて旅に出た盧俊義は、次々と梁山泊の好漢に挑戦され、ついに張順に捕らえられてしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第62回|LEFT:冷箭を放って 燕青主を救い  法場を却かして 石秀楼より跳ぶ|LEFT:宋江らの誘いを断り帰ってきた盧俊義は、梁山泊の一味として捕らえられる。流罪途中に殺されかけたところを燕青に救われながらも、再び捕らわれた盧俊義。石秀は単身盧俊義救出に飛び出す。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第63回|LEFT:宋江 兵もて北京城を打ち 関勝 議して梁山泊を取らんとす|LEFT:捕らえられた盧俊義と石秀を救出するため北京を攻める梁山泊軍。事態を憂慮した蔡京は、宣贊の推挙で関勝に梁山泊討伐を命じる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第64回|LEFT:呼延灼 月夜に関勝を賺し 宋公明 雪天に索超を擒う|LEFT:関勝が梁山泊を攻めたため、北京の包囲を解いて帰還した梁山泊軍。呼延灼は投降を装って関勝を捕らえる。再び北京を攻撃に向かった梁山泊軍は、落とし穴で索超を捕らえる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第65回|LEFT:托塔天王 夢中に聖を顕し  浪裏白跳 水上に寃を報ず|LEFT:夢枕に立った晁蓋の言葉通り急病となった宋江を救うため、建康府に向かった張順。張順により無理矢理に仲間に引き入れられた安道全により、宋江は回復する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第66回|LEFT:時遷 火もて翠雲楼を焼き  呉用 智もて大名府を取る|LEFT:元宵節の最中、呉用の策で北京に潜入した梁山泊軍は、時遷が翠雲楼を焼いたのを合図に蜂起。ついに盧俊義と石秀を救い出すことに成功する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第67回|LEFT:宋江 馬歩の三軍を賞し  関勝 水火の二将を降す|LEFT:盧俊義を迎えた梁山泊に、蔡京は単廷珪と魏定国を差し向ける。勝手に出撃した李逵は焦挺・鮑旭と出会って戦場に乱入。関勝は単廷珪を捕らえ、魏定国も単身出向いてきた関勝の前に投降する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第68回|LEFT:宋公明 夜曾頭市を打ち  盧俊義 史文恭を活捉る|LEFT:郁保四を仲間に引き入れた梁山泊軍は曽頭市を陥落させ、曽家五虎は全滅、史文恭は盧俊義に捕らえられる。晁蓋の遺言通り盧俊義を首領にしようとする宋江だが、盧俊義はこれを固辞する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第69回|LEFT:東平府 誤って九紋竜を陥れ  宋公明 義もて双槍将を識る|LEFT:梁山泊の首領を決めるため、東平府を攻めた宋江だが、潜入した史進が捕らわれてしまう。宋江は董平を計略で捕らえ、知事に恨みを持つ董平は先頭に立って東平府を攻撃。史進も助け出される。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第70回|LEFT:没羽箭 石を飛ばして英雄を打ち  宋公明 糧を棄てて壮士を擒にす|LEFT:梁山泊の首領を決めるため、東昌府を攻めた盧俊義の軍は、張清の石つぶてに大苦戦する。救援に来た宋江は、兵糧を囮にして張清を捕らえ、張清たちと皇甫端が梁山泊に加わる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第71回|LEFT:忠義堂に 石碣天文を受け 梁山泊に 英雄座次に排ぶ|LEFT:宋江を首領に迎えた梁山泊が晁蓋を弔う祭礼を行う中、大音とともに一枚の石碑が現れる。その石碑には、替天行道・忠義双全の文字と、百八星の名が記されていた。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第72回|LEFT:柴進 花を簪して禁院に入り  李逵 元夜に東京を閙がす|LEFT:招安の足がかりにするため東京に向かった宋江は、徽宗皇帝の寵愛する李師師と会う。李師師の元に徽宗が忍んでくるが、李逵が騒ぎを起こし、ご破算となってしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第73回|LEFT:黒旋風 喬って鬼を捉え 梁山泊 双べて頭を献ず|LEFT:梁山泊に帰る途中、「宋江」が娘を攫ったと聞き激怒する李逵。しかしそれは牛頭山の偽者の仕業だったと知った李逵は、燕青とともに偽者を退治する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第74回|LEFT:燕青 智もて擎天柱を撲ち 李逵 寿張に喬って坐衙す|LEFT:李逵とともに泰山の奉納相撲に出かけた燕青は、試合に乱入してこの二年無敗の任原を倒す。帰りに県の役所に入り込んだ李逵は裁判ごっこで悦に入る。その頃、朝廷では梁山泊を招安しようとしていた。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第75回|LEFT:活閻羅 船を倒にして御酒を偸み 黒旋風 詔をヒキサいて欽差を罵る|LEFT:招安の使節が梁山泊を訪れるが、高圧的な態度だった上、御酒を阮小七がすり替えていたため皆を激怒させる。李逵が詔書を引き裂き、交渉は決裂、朝廷は梁山泊を討伐することとなる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第76回|LEFT:呉加亮 四斗五方の旗を布き  宋公明 九宮八卦の陣を排ぬ|LEFT:朝廷は童貫を総大将に10万の大軍を送り込むが、梁山泊軍も総力を挙げて迎撃、九宮八卦の陣で童貫軍を圧倒する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第77回|LEFT:梁山泊 十面に埋伏し  宋公明 兩たび童貫に贏つ|LEFT:大打撃を受けた童貫軍は、長蛇の陣で梁山泊を攻める。これに対して梁山泊は十面埋伏の計で当たり、多くの将を失った童貫は東京に敗走する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第78回|LEFT:十節度 梁山泊を取るを議し  宋公明 一たび高太尉を敗る|LEFT:大敗した童貫は蔡京の取りなしで許され、高俅が梁山泊討伐の総大将となる。十節度使と水軍を率いて十三万の大軍で梁山泊を攻める高俅だが十節度使は苦戦、水軍も敗れ去る。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第79回|LEFT:劉唐 火を放って戦船を焼き  宋江 両たび高太尉を敗る|LEFT:十節度使を打ち破り、高俅が徴発してきた船団もことごとく焼き払った梁山泊軍。そこに再度の招安の勅使が到着するが、高俅は勅書の文書を読み替えて罠を仕掛けようとする。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第80回|LEFT:張順 鑿って海鰍船に漏をあけ  宋江 三たび高太尉を敗る|LEFT:罠を見抜かれた高俅の次の策は、海鰍船団の建造だった。潜入していた好漢たちに船団は撃破され、張順に捕らえられる高俅。しかし招安を望む宋江は、高俅を解放するのだった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第81回|LEFT:燕青 月夜に道君に遇い  戴宗 計を定めて楽和を出す|LEFT:燕青は招安工作のために東京に向かい、李師師の元で徽宗と対面、梁山泊の真意と、官軍との戦いの模様を語る。さらに燕青と戴宗は高俅の屋敷に捕らわれていた楽和と蕭譲を救い出す。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第82回|LEFT:梁山泊 金を分ちて大いに買市し  宋公明 全夥もて招安を受く|LEFT:徽宗は招安の詔勅を下し宿元景と張叔夜が梁山泊を訪れる。祝賀の宴の後、東京に向かった百八人だが、枢密院の措置に不満の声が出る。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第83回|LEFT:宋公明 詔を奉じて大遼を破り 陳橋駅に涙を滴れて小卒を斬る|LEFT:招安を受けた宋江は梁山泊を破却し、遼国討伐に向かう。その矢先、陳橋駅で役人といざこざを起こした下士を、宋江は涙を飲んで処断する。手始めに檀州を攻めた梁山泊軍は、遼軍を蹴散らす。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第84回|LEFT:宋公明 兵もて薊州城を打ち  盧俊義 大いに玉田県に戦う|LEFT:宋江と盧俊義の二隊に分かれて梁山泊軍は薊州を攻める。遼国王弟・耶律得重の軍と激突した盧俊義隊は苦戦を強いられるが、宋江隊の合流で逆襲、計略で薊州城に火を放ち、攻め落とす。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第85回|LEFT:宋公明 夜益津関を度り  呉学究 智もて文安県を取る|LEFT:梁山泊軍に苦戦する遼は、彼らを招安する策を立てるが、呉用はこれを逆手にとって偽りの投降を行い、覇州城を攻め落とす。戦いの間に宋江は公孫勝らと共に二仙山に羅真人を訪ねる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第86回|LEFT:宋公明 大いに独鹿山に戦い  盧俊義 兵を青石峪に陥れらる|LEFT:勢いに乗り、二手に分かれて幽州を攻める梁山泊軍。賀重宝の妖術により盧俊義が青石峪に閉じこめられるが、公孫勝の術で難を逃れる。梁山泊軍は賀重宝を討ち、幽州城を攻め落とす。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第87回|LEFT:宋公明 大いに幽州に戦い   呼延灼 力んで蕃将を擒う|LEFT:遼国最高司令官兀顔光の子・延寿は幽州奪回に乗り出すが、数々の陣法の応酬の末に捕らえられる。兀顔光は十一曜大将と二十八宿将軍を率い、二十万の大軍で出陣する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第88回|LEFT:顔統軍 陣を混天の象に列ね  宋公明 夢に玄女の法を授かる|LEFT:永清県で兀顔光と激突する梁山泊軍だが、十一曜大将の太乙混天象陣の前に大苦戦を強いられ、なすすべもなく敗北を重ねる。そんな中、宋江の夢に現れた九天玄女が、陣を破る法を授ける。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第89回|LEFT:宋公明 陣を破って功を成し   宿太尉 恩を頒ちて詔を降す|LEFT:九天玄女の法で陣を破った梁山泊軍は兀顔光を討ち、ついに遼の首都・燕京に迫る。遼は四奸に賄賂を送り、梁山泊軍の思惑に反して、宋と遼は和議を結んでしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第90回|LEFT:五台山に宋江 參禅し  双林鎮に燕青 故に遇う|LEFT:凱旋途中、五台山に魯智深と宋江は智真長老を訪ね、それぞれ四句の偈を授かる。一方、燕青は山中に隠棲する旧友の許貫忠と出会い、一本の巻物を与えられる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第91回|LEFT:宋公明 兵もて黄河を渡り  盧俊義 城を黒夜に賺す|LEFT:田虎の叛乱を知った宋江は、名乗り出て討伐に向かう。まず盧俊義が陵州を攻め落とし、投降した耿恭の手引きで高平城をも落とす。梁山泊軍は、次いで蓋州を目指す。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第92回|LEFT:軍威を振う 小李広の神箭  蓋郡を打つ 智多星の密籌|LEFT:蓋州城を攻める梁山泊軍だが、花栄らの活躍にもかかわらず鈕文忠の守りは堅く攻めあぐねる。しかし呉用の策で城内に潜入した時遷と石秀がまぐさに火を放ち、内外からの攻撃で遂に城は落ちる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第93回|LEFT:李逵 夢に天池を閙がし  宋江 兵を両路に分つ|LEFT:逃げた鈕文忠は魯智深に討たれ、蓋州城で正月を迎えた梁山泊軍は賑やかに新年を祝う。宴席で居眠りした李逵は、夢の中でも大暴れした末、書生から田虎退治の十字の秘訣を授かる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第94回|LEFT:關勝 義もて三将を降し  李逵 莽もて衆人を陥る|LEFT:軍を二手に分けた宋江は壺関の守りに苦戦するが、敵の援軍の唐斌が関勝と旧知の仲であったことから、協力して壺関を落す。さらに昭徳城を攻める宋江隊だが、その前に喬道清が現れる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第95回|LEFT:宋公明 忠もて后土を感かし  喬道清 術もて宋兵を敗る|BGCOLOR(#FFFFFF):LEFT:李逵たちを捕らえ、さらに迫る喬道清の妖術に追い詰められた宋江らは、土地神の助けで窮地を逃れる。再び迫る喬道清の妖術には樊瑞の術も及ばず、窮地に陥った時に、一人の道士が駆けつけた。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第96回|LEFT:幻魔君 術もて五竜山に窘まり  入雲竜 兵もて百谷嶺を囲む|LEFT:五竜山で繰り広げられる公孫勝と喬道清の法術合戦は公孫勝の勝利に終わった。公孫勝は師の言葉に従い、喬道清を正道に戻そうと追うが、喬道清は百谷嶺に逃げ込むのだった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第97回|LEFT:陳觀 諫官にして安撫に陞り   瓊英  処女にして先鋒と做る|LEFT:盧俊義に捕らえられた孫安の説得で、喬道清も梁山泊に下った。一方、蔡京らから梁山泊を庇った陳觀は安撫に任じられる。相次ぐ敗北に、田虎軍は馬霊と邬梨、そしてその娘の瓊英を出陣させる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第98回|LEFT:張清 縁もて瓊英を配り  呉用 計もて邬梨を鴆す|LEFT:瓊英の石礫に扈三娘らは大苦戦。しかし瓊英は邬梨の実の娘ではなく、田虎が実の両親の仇だった。偽名で襄垣城に潜入した張清は己と同じ技を使う瓊英と結ばれ、邬梨を殺して内側から城を奪取する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第99回|LEFT:花和尚 縁纏井を解脱し  混江龍 太原城に水灌す|LEFT:馬霊の術に苦戦する盧俊義軍だが、公孫勝が術を破り、逃げる馬霊を魯智深が捕らえた。決戦が迫る中、大雨が降り続き太原城を攻めあぐねていたところに、李俊は水軍を率いて一計を案じる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第100回|LEFT:張清瓊英 双んで功を建て  陳觀宋江 同しく捷を奏す|LEFT:李俊の水攻めで太原城は民もろとも壊滅した。梁山泊軍との決戦の末に敗れ、逃亡した田虎を張清が捕らえ、瓊英は威勝突入の先陣となる。合流した梁山泊軍は威勝を陥とし、河北を平定するのだった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第101回|LEFT:墳地を謀って 陰険逆を産じ 春陽を踏んで 妖艷奸を生ず|LEFT:東京に凱旋した梁山泊軍に、淮西の王慶討伐の命が下される。かつて東京の副排軍だった王慶は、数年前の春に一人の美女と出会って密通するが、相手は童貫の養女だった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第102回|LEFT:王慶  姦に因って官司を喫し  龔端 打たれて軍犯を師とす|LEFT:密通が露見した王慶は無実の罪で流刑となる。流刑の途中、棒術使いの男を叩きのめした王慶は、その腕を見込まれて村長の龔端らから師と遇される。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第103回|LEFT:張管営 妾弟に因って身を喪い  范節級 表兄の為に臉を医す|LEFT:陝州の牢城に着いた王慶は、棒術使いの男の縁者だった張管営から散々に苛め抜かれる。管営らを殺害して脱走した王慶は、従兄弟の范全と偶然出会い、房州に匿われる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第104回|LEFT:段家荘 重ねて新女婿を招き  房山寨 双んで旧強人を併す|LEFT:段家荘に出かけた王慶は、博打の諍いで段三娘とやり合うが、かえって気に入られて段家に婿入りすることになる。しかし婿入りの晩に彼の素性が露見し、王慶らは官兵らを蹴散らして房山に向かう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第105回|LEFT:宋公明 暑を避けて軍兵を療し  喬道清 風を回して賊寇を焼く|LEFT:房山を奪い、さらに混乱に乗じて房州を奪った王慶は、勢いに乗って楚王を名乗り、淮西の八州を占領した。宛州に向かった梁山泊軍は喬道清の術で緒戦に勝利し、さらに宛州城を奪還して山南に向かう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第106回|LEFT:書生 談笑して強敵を卻け  水軍 汨没して堅城を破る|BGCOLOR(#FFFFFF):LEFT:隆中山の王慶軍を破り、山南城に迫る梁山泊軍。その間に後方の宛州城を奪おうとする王慶軍だが、蕭譲の空城の計で撃退される。梁山泊軍は兵糧船に隠れた水軍の活躍で山南城を奪取するのだった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第107回|LEFT:宋江 大いに紀山の軍に勝ち  朱武 打って六花の陣を破る|LEFT:二手に分かれた梁山泊軍。宋江軍は袁朗らを下し紀山の王慶軍を破る。一方、西京で盧俊義軍を待ち受ける奚勝の六花の陣を、朱武は循環八卦の陣で打ち破る。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第108回|LEFT:喬道清 霧を興して城を取り  小旋風 砲を藏して賊を撃つ|LEFT:妖火に苦戦しながらも喬道清の術で西京城を奪った盧俊義軍。一方、荊南城に捕らわれた蕭譲らは、壮士・蕭嘉穂の決起で救い出され、城も陥る。また、柴進は兵糧を襲った王慶軍を火計で破るのだった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第109回|LEFT:王慶 江を渡って捉えられ   宋江 寇を勦して功を成す|LEFT:合流した梁山泊軍は王慶軍を九宮八卦陣で粉砕して南豊城に突入。乱戦の末に段三娘は瓊英に捕らわれ、一人逃れた王慶も、漁師に化けた李俊に捕らえられるのだった。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第110回|LEFT:燕青 秋林渡に雁を射ち  宋江 東京城に俘を献ず|LEFT:東京に凱旋した梁山泊軍だが、公孫勝は二仙山に去る。梁山泊軍は東京の外に留め置かれるままだったため、宋江は方臘討伐を申し出る。江南に向かう梁山泊軍だが、金大堅ら四名は東京に残される。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第111回|LEFT:張順 夜金山寺に伏せ  宋江 智もて潤州城を取る|LEFT:潤州の呂師嚢を攻めることとした梁山泊軍は、食料の献上船に扮して城内に穆弘と李俊を送り込み、内外呼応して城を落とす。が、宋万・陶宗旺・焦挺が最初の戦死者となってしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第112回|LEFT:盧俊義 兵を宣州道に分ち  宋公明 大いに毘陵郡に戦う|LEFT:梁山泊軍は常州、蘇州を攻める宋江隊と、宜州、湖州を攻める盧俊義隊の二手に分かれる。宋江隊は金節の内応により常州城を落とし、盧俊義も宜州を落とすが、更に五名の戦死者が出てしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第113回|LEFT:混江龍 太湖に小結義し  宋公明 蘇州に大会垓す|LEFT:宋江隊は蘇州で方貌と配下の八驃騎と激突する。籠城した方貌を攻めるため、李俊は太湖の盗賊・費保ら四人の助けを得て城内に潜入、内外呼応して城を落とし、方貌を討つがまたもや犠牲者が出る。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第114回|LEFT:寧海軍に 宋江孝を弔い  湧金門に 張順神に帰す|LEFT:柴進は燕青とともに方臘軍内部に潜入しようと部隊を離れる。方天定が守る杭州を攻める梁山泊軍は苦戦し、張順は水中から城を攻めようとして射殺されてしまう。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第115回|LEFT:張順 魂もて方天定を捉え  宋江 智もて寧海軍を取る|LEFT:苦戦の末に独松関を抜いた盧俊義隊と合流し、梁山泊軍は総力で杭州城を攻める。石宝に次々と仲間が討ち取られながらも杭州城を落とし、逃げた方天定は弟の霊が憑いた張横に捕らえられる。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第116回|LEFT:盧俊義 兵を歙州道に分ち  宋公明 大いに烏竜嶺に戦う|LEFT:疫病で杭州城に多くの仲間を残しながらも梁山泊軍は、睦州へと進む宋江隊、歙州へ進む盧俊義隊と二手に分かれる。烏竜嶺を水陸から攻める宋江隊だが、天然の要害に大苦戦、次々と犠牲者を出す。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第117回|LEFT:睦州城に 箭鄧元覚を射ち  烏竜嶺に 神宋公明助く|LEFT:睦州へ抜けた宋江は、鄧元覚を討つも、鄭彪、包道乙の妖術に苦しめられ、魯智深が行方不明となる。烏竜嶺の土地神に助けられた宋江は包道乙らを破って睦州を奪取するが、犠牲者は更に続く。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第118回|LEFT:盧俊義 大いに昱嶺関に戦い  宋公明 智もて清溪洞を取る|LEFT:多くの犠牲を払いながら昱嶺関を抜いた盧俊義。宋江は方臘の本拠・清渓県に李俊らを送り込み、内外から城を攻める。盧俊義軍も合流し、更に犠牲を出した戦いの末、方臘は城を捨てて逃走する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第119回|LEFT:魯智深 浙江に坐化し  宋公明 錦を衣て郷に還る|LEFT:名を変えて潜入した柴進らの活躍で方臘は敗走、魯智深に捕らえられる。戦いは終わったものの、多くの好漢が病死し、魯智深は円寂する。燕青や李俊は去り、生き残りの好漢は東京に凱旋する。|
|BGCOLOR(#D8E4BC):LEFT:第120回|LEFT:宋公明 神もて蓼児ワに聚まり  徽宗帝 夢もて梁山泊に遊ぶ|LEFT:次々と去っていく生き残りの好漢。奸臣たちに毒酒を飲まされた宋江は李逵と共に死に、呉用と花英も後を追う。夢の中に現れた宋江らから真実を知らされた徽宗は、梁山泊に宋江らを祀るのだった。|

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS