地明星  鉄笛仙 馬麟

地明星
渾名鉄笛仙
序列第67位
役職騎兵軍小彪将兼斥候担当頭領
前歴遊び人→黄門山の山賊の三の頭領
賛詩鉄笛一声山石は裂け、銅刀両口鬼神も驚く。馬麟の形貌さらに猙獰、人は道う神仙の再び降生すと。
解説黄門山の三の頭領。獰猛な顔つきだが鉄笛の名人で、平和な時にはその腕前を披露することもあった。欧鵬蔣敬陶宗旺とともに黄門山に籠もっていた。梁山泊軍が江州から宋江を救出した帰路を待ち構えて歓待し、宋江に誘われてそのまま梁山泊入り。梁山泊では騎兵の副将として活躍した。
結末方臘征伐の睦州攻めで、烏竜嶺を固めていたが、攻めてきた白欽に投げ槍を投げつけられ、ひるんだところに石宝に真っ二つに斬られた。
遺事
後伝
絵巻原典とほぼ同様。黄門山四怪の一人。西方の異民族の出身で、黄金の駱駝に乗り、武器にもなる鉄笛を吹く。
北方怪物と恐れられる凄腕の賞金稼ぎ。過去の出来事から周囲に心を閉ざしていた。宋江の賞金を狙って襲いかかるが、李逵に敗れ、王進の元に預けられる。梁山泊入り後は、林冲の騎馬隊で隊長を務める。童貫との最終決戦で右足を失うも生き延びる。
楊令伝片足のハンデをものともせず、本隊の隊長を務める。花飛麟の弱さを見抜き、かつて師事した王進に預けた。童貫との決戦時に寇亮を討ち取るも、その直後に童貫の直接攻撃を受け戦死。
ジュニア百人を相手にしても引けを取らない武道の名手にして笛の名手。いつの間にか入山していたが、李雲入山後の組織再編では軍船の建造の担当になる。
新伝第51位 地俊星。得物の弾弓の秘技から、連珠弾とも呼ばれる。金持ちの家に身売りして書童となり、武芸と読み書き、歌や楽器を学んだが、父を死に追いやった地主を殺して逃亡。太行山で穆弘と出会い義賊となる。後に裴宣の妹で同じ技を得意とする裴宝姑を助け結婚する。楊林とは子供の頃からの親友。百八星集結後は副驃騎。招安に反対し、穆弘に従って梁山泊を離れ太行山に籠る。
傾城月夜笛涼風(つきよふえすずかぜ)。木曾のめごめ山の塞に籠る山賊の一人で、親は木曾殿に由縁ある者。その他はほぼ原典準拠。
NTV
横山いつの間にか梁山泊入りしており、祝家荘戦で数コマ登場。欧鵬と同時に登場したが、どちらがどちらかは不明。
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億
水辺左目にゴーグル状の眼帯をつけた男で、右手の甲から出る青龍刀状の刃を操る。人形にされて梁山泊を襲撃したが、関勝の捨て身の反撃で倒された。
天命体91 腕67 技68 知60 忠40 仁29 勇59
天導体86 腕51 技62 知27 忠41 仁52 勇60 一応芸人で色男。
幻想シーナ。レパントとアイリーンの息子。非常に遊び好きで軟派な性格だが、父から剣の、母から魔法の才能を受け継いでいる。。
幻想2シーナ。修行を名目に各地を遊び回っている。トラン共和国と新同盟軍の同盟時に、父の命で新同盟軍に加わる。伝家の名刀・キリンジを譲られている。
幻想3エレーン。ハルモニア神聖国地方軍南部辺境警備隊第十四小隊隊員の紅一点。身嗜みには相当気を遣っている。十二小隊のクイーンとは犬猿の仲。
幻想4アメリア。各地を放浪する女傭兵。ドライで割り切った性格の美女。死と隣り合わせだからこそ、死ぬ時も美しくと考え、どんなときでも化粧を欠かさない。
幻想5ニフサーラ。アーメス新王国軍西海兵団親衛隊所属でシュラの護衛役。軽くて不真面目なアネゴ肌。生来の美少年好きで「秘密結社・美少年保護観察同盟」会長。
幻想Tロベルト。冥夜の剣士団で最年少の剣士。祖国への忠誠心が勝りすぎて直情径行のところがある。主人公をライバル視し、事あるごとに突っかかるが、実は一番信頼しているツンデレ。
幻想百アイオニア聖皇国軍第2枝団所属の槍使いでウォーグの先祖。かなり喋り方が固い生真面目な人物。200年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:43:33 (1676d)