地理星  九尾亀 陶宗旺

地理星
渾名九尾亀
序列第75位
役職梁山泊の城壁築造管理者
前歴光州の小作農→黄門山の山賊の四の頭領
賛詩五つの短き身材黒き面皮、鉄鍬敢えて掘らん泰山の基。光州の庄戸陶宗旺、古怪にして人称す九尾亀と。
解説黄門山の四の頭領で、百姓の出であるためか鉄鍬を得物として操る。欧鵬蔣敬馬麟とともに黄門山に籠もっていたが、梁山泊軍が江州から宋江を救出した帰路を待ち受けて歓待し、宋江に誘われてそのまま梁山泊入り。梁山泊では前歴を生かして土木工事全般の監督として活躍した。方臘戦において百八星で最初の死者の一人となる。
結末方臘征伐の潤州城攻めで、乱戦中に矢に当たり、梁山泊軍最初の戦死者の一人となる。
遺事
後伝
絵巻原典とほぼ同様。黄門山四怪の一人。阿青という大亀を連れている。
北方元農夫。放浪中の宋江に出会い、同志となる。農夫としての経験から石積みを得意とし、防護壁とすることも、罠とすることも自在。梁山泊では工兵部隊を設立し、各寨で石積みの技術を振るった。
楊令伝引き続き工兵隊を指揮し、各地で縁の下の力持ちとして活躍。戦闘時の間接支援も多くこなした。いち早く大洪水の可能性に気づき、各地に石積みを築いていたが、その最中に鉄砲水に遭い、飲み込まれる。
ジュニア
新伝第77位 地烈星。登州最北端の蓬莱角の漁師。悪辣な網元を殺して仲間たちと海に逃れたが無人島に漂着、二年間暮らしていた。島に漂着した項充らとともに脱出し、梁山泊入り。百八星集結後は魚介類の養殖など水産を管理する頭領。招安に反対して項充らとともに大海鰍船団で外洋に新天地を求め、大嵐を免れてシャム国近くの無人島を占領した。
傾城簑亀の曳尾(みのがめのひくお)。木曾のめごめ山の塞に籠る勇婦で、親は木曾殿に由縁ある者。その他は原典にほぼ準拠。
NTV
横山
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億
水辺メガネをかけた初老の男で、巨大な鎌を得物とする。人形にされて梁山泊を襲撃したが、関勝の捨て身の反撃で倒された。
天命体95 腕67 技41 知13 忠50 仁33 勇26 知力が108星で鮑旭に次いで低い。
天導体90 腕34 技67 知14 忠48 仁43 勇34
幻想カマンドール。テイエンの錬金術師でゲンの喧嘩相手。ゲンの船に自作のエンジンを取り付けて急流を突破させた。
幻想2テンコウ。クロムに住む隠居老人。実は世界でもまれな、窓職人の技能を持つ。窓職人としての血が騒いで新同盟軍入り。
幻想3ニコル。ハルモニア神聖国地方軍南部辺境警備隊第十四小隊隊員。大楯と戦斧を持った寡黙な大男。元々はデュークの父の部下であり、デュークの世話を頼まれている。趣味は木彫り。
幻想4ナタリー。窓職人の少女。壊滅したイルヤ島の数少ない生き残りで、島が早く復興されるよう祈っている。
幻想5ズンダ。ゲイヴドワーフの女性。面倒見のよい性格で、ケイヴドワーフの男集からは「姐御」と呼ばれ慕われている。空気穴兼窓職人で、酸欠事故を防ぐためにあちこちに空気穴を掘っている。
幻想Tラバキン。ローガンの古い友人。感情の起伏が激しく、すぐ号泣する。十数年前、鉱山で働いていた時にトビラから別の世界に飛ばされ、ようやく戻ってきた。変わり果てた故郷を見て、協会との戦いを決意する。
幻想百エンヘバト。スケイルホードの刀鍛冶職人でペルジドの弟。姉をはじめとするスケイルホード用武器を担当していたが、戦後は普通の鍛冶屋に戻り、主人公と直接は会わなかった。200年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:43:58 (1465d)