地周星  跳澗虎 陳達

地周星
渾名跳澗虎
序列第72位
役職騎兵軍小彪将兼斥候担当頭領
前歴少華山の山賊の二の頭領
賛詩生まれは鄴郡に居って華胥に上り、長鎗を使うに慣れて衆を伏する威あり。跳澗虎は膂力の多きを称し、却って陳達を将って姜維に比す。
解説少華山の山賊の二の頭領。朱武楊春とは義兄弟。華陰県の役所を襲おうとするが、その通り道の史家村で史進に阻まれ、一騎打ちしてあっさりと捕らえられた。朱武の策で助けられたが、これを縁に史進と交誼を結び、後に一の頭領に迎えた。史進が華州の賀太守に捕らえられ、梁山泊に救い出された後に梁山泊入り。梁山泊では楊春とコンビでの行動がほとんどだった。
結末方臘征伐の昱嶺関攻めで、偵察に出たところを関所を守る龐万春の待ち伏せを受けて射殺された。
遺事
後伝
絵巻原典とほぼ同様。でっぷり太った大男。
北方元・少華山の賊徒。歩兵による対騎兵戦を得意とする。原典同様に史進に敗れ、史進の少華山入りのきっかけとなる。後に病となり、余命が僅かであるのを隠して戦い続けた。童貫との最終決戦では解宝の攻城兵器の攻撃に合わせた突撃で童貫軍を一時潰走させるが、その際に戦死した。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。入山の経緯は描かれないが、史進はいつの間にか終盤に梁山泊にいたため、同行してきたと思われる。
新伝第69位 地暴星。原典とほぼ同様。朱武に出会う前は飢えた民衆を率いていた。原典とほぼ同様に梁山泊入り。百八星集結後は歩兵軍副将。高俅戦後に二竜山へ去った。
傾城戸隠の女鬼(とがくしのしこめ)(「傾城水滸伝拾遺物語」の席次表では越路の今板額)。梶原の残党。黒姫・今板額と三人で鬼女を自称し、戸隠山に籠っていた。川中島を襲う途中、女郎花村で衣手と事を構えるが、その際には配下ともども鬼女の面をつけて登場した。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV朱武の配下の山賊で、五分刈りの男。
横山原典とほぼ同様。鯰髭の男。戦死したことが語られる。
沼田原典とほぼ同様。頭巾のような兜をかぶった男。
読破
AKA続編予告に一コマのみ登場。やはり史進に捕らえられるらしい。
月の蛇
SF
60億弔棺虎達之介(ちょうかんこたつのすけ)。東都大学空手部の黒帯。史郎らと共に武器奪取を目論むが失敗し、お尋ね者に
水辺
天命体90 腕79 技63 知24 忠53 仁25 勇36
天導体86 腕53 技46 知34 忠52 仁49 勇43
幻想ヘリオン。帰還魔法の使い手の老婆。主人公に「またたきの手鏡」を与える。
幻想2ザムザ。自信過剰な魔術師。得意とする火の魔法と肉弾戦を組み合わせた独自の技で戦う。
幻想3レオ・ガラン。ゼクセン騎士団の「誉れ高き六騎士」の一人で、「鋼鉄のレオ」の異名を持つ巨漢。怪力と大酒が自慢。実直な性格で、前騎士団長の護衛に失敗したことを悔やみ続けている。
幻想4ユージン。槍使いの青年。主人公の評判を聞きつけた母親から、鍛えてくれと一方的に主人公らに託される。素質はあるが、極端に気が弱い。
幻想5ベゲン。レヴィの弟子を自称するケイブドワーフの少年。派手な魔法を見たいがためにレヴィにつきまとい、研究に使用する封印球を掘り出す役を担当している。
幻想Tガシュガル。頑固な性格のリジッドフォークの族長。元の世界での戦いを目撃していたが、気高き鋼鉄の書が奪われたため記憶を無くし、協会と同盟を結んでいた。オルドヴィークの復活により記憶を取り戻す。
幻想百ベレニケ。タクシス出身の魔術師で元・魔術師部隊の教官。ノルバノスの子孫。迎撃戦では本国からティオス砦に配置されてその人徳で混成部隊をまとめあげ、戦後も砦に留まる。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 01:55:12 (1466d)