立地太歳  天剣星 阮小二

天剣星
渾名立地太歳
序列第27位
役職四方の塞を守る水軍頭領
前歴石碣村の漁師
賛詩瞘兜の臉、両眉豎に起ち、略綽の口、四面に連拳す。胸前には一帯の胆を蓋う黄毛、背上には両枝の横に生ぜる板肋。臂膊は千百斤の気力を有し、眼睛は幾万道の寒光を射る。人は称す立地太歳、果然混世の魔王なり。
解説阮三兄弟の長兄で石碣村の漁師。三兄弟で唯一の妻子持ち。長兄らしく、兄弟を引っ張るような言動を見せる。旧知の呉用に持ちかけられた生辰綱強奪に喜んで乗ったが、事が露見して梁山泊に逃亡し、晁蓋が首領となるのを助けた。梁山泊では水軍の要として活躍、凌振張清を捕らえるなどの手柄を上げた。
結末方臘征伐の烏竜嶺攻めで、敵の水塞に向かった際、火筏で攻められ、捕まったため、縄目の恥を受けるよりはと自刎した。
遺事短命二郎阮進。第12位。八人の仲間とともに蔡太師へ献上される財宝十万貫を強奪するが、事露見して太行山梁山泊に走り盗賊となる。
(短命二郎阮小二 第12位)灌口少年 短命何益 曷不監之 清源廟食
後伝
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。若い頃は男伊達で鳴らしたが、妻と生まれたばかりの赤ん坊を亡くして以来、静かに漁師をしていたところで生辰綱強奪に誘われる。
北方石喝村の漁師。晁蓋に心酔し、その理想実現のため力を惜しまない。梁山泊では造船部隊隊長として造船と水上兵器の開発、水路の構築にあたった。
楊令伝引き続き造船を担当、新型船の建造・改良に燃えるが、試験航行中に敵に捕らわれることもあった。肝臓の病に冒され、南宋軍との決戦直前に愛弟子の趙林らに看取られて息を引き取る。
ジュニア原典とほぼ同様。
新伝第28位 天横星。原典とほぼ同様。童貫軍との戦いで、敗走する童貫を追撃した際に待ち伏せを受け、眉間に狼牙箭が当たり死亡。
傾城大歳麻の二網(おおとしまのふたあみ)。近江国唐崎の漁師。新田四郎忠常の家臣・三崎七郎利光の姪。その他はほぼ原典に準拠。
NTV基本的設定は原典とほぼ同様。阮小三兄弟(作中ではこう呼ばれることが多い)の赤い髪の男。常に陽気で騒々しいギャグメーカー的存在。水の上だけでなく、遊撃隊的な位置付けで幾度も活躍を見せる。(演:品川隆二)
横山基本的設定は原典とほぼ同様。阮三兄弟の胸毛がある男。死亡シーンあり。
沼田原典とほぼ同様。後ろ髪を長めに伸ばした男。「わい」「~だす」と喋る。
読破原典とほぼ同様。中肉中背のイケメン。
AKA渾名は凶星。石碣村に住む漁師・阮三兄弟の長兄で、一番背が小さい。北斗七星の一人として、生辰綱強奪に参加する(予定)。二年後には兄弟ともども梁山泊入りしている。
月の蛇
SF
60億源正二(みなもとしょうじ)。三つ子の兄弟。一等航海士を目指していたが、石油不足で仕事がなくなり、港の倉庫の荷物運びをしていたところを呉用にスカウトされる。
水辺水中戦を得意とする三兄弟の一人で、スキンヘッドで右目に眼帯をした大男。先の戦いの後は兄弟で劉唐と行動を共にしていた。劉唐を行かせるため、梁山泊を襲撃した韓滔を阻んだが返り討ちに遭い致死。
天命体89 腕76 技50 知28 忠56 仁40 勇21 何故か異常に勇気が低い?
天導体92 腕74 技51 知33 忠72 仁67 勇62
幻想アンジー。トラン湖の湖賊の頭領。タイ・ホーとは腐れ縁。帝国軍の横暴に反感を抱いており、主人公の力を認めて仲間に入る。
幻想2リィナ。アイナ、ボルガンと旅芸人として各地を回るカード占い師の美女。幼い頃から苦労を重ねてきたこともあり、大人の女性の魅力を漂わせている。
幻想3メルヴィル。ビネ・デル・ゼクセに住む少年。アラニスらとゼクセン騎士団を真似た「聖ロア騎士団」を結成、団長を務める。ビリーの息子だが、父に似ずしっかり者。
幻想4ロウセン。山賊ロウ三兄弟の長兄。かなりの怠け者で働くのが嫌い。イーゴリからモルド島の温泉を乗っ取って好き勝手にやっていた。主人公の名前を騙っていたが、本人と出会って仲間に入る。
幻想5ヴォリガ。レルカーの東の中州の顔役。義理堅く、争い事と筋を曲げることを嫌う性格。オロクとは考え方の違いからしばしば衝突する。身寄りのない子供たちを引き取って育てており、カイルも世話になった。
幻想Tドロモン。ロノマクアの海を縄張りとする海賊で、フェレッカとシャバックの兄。悪人からしか狙わない、義賊的な男。豪快で大雑把なだが、弟と妹思いの性格。
幻想百スニル。バヤン・オアシスの調剤師でエフィル、リスティルの姉。ドジで方向音痴ながら、薬作りは定評がある。調剤師の夫を亡くした後、跡を継ぐような形で調剤師になる。現代の宿星。
GR国際警察機構梁山泊のエキスパート。三兄弟で太鼓を鳴らすことによる共鳴能力で振動波を起こす。聖アー・バー・エーでの決戦ではこの力でバリアを展開し、大怪球フォーグラーを足止めした。(声:大塚芳忠)
その他「説岳全伝」では息子の阮良が登場、岳飛に追われて逃げる兀朮を渡し船に乗せると見せかけて水中に叩き引きずりこんで捕らえた。田中芳樹による編訳「岳飛伝」では、その後燕青の死を看取り、岳家軍再興の際に馳せ参じた。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 13:16:13 (1466d)