天勇星  大刀 関勝

天勇星
渾名大刀
序列第5位
役職騎兵軍五虎将
前歴凌州蒲東県の巡検(捕盗役人)
賛詩漢国の功臣の苗裔、三分の良将の玄孫。繍旗飄り掛って天兵を動かし、金甲と緑袍相称う。赤兔馬は騰騰として紫霞、青龍刀は凜凜として寒冰。蒲東郡内英雄を産む、義勇の大刀関勝を。
解説関羽の子孫で、文武に通じた豪傑。先祖同様青龍偃月刀の遣い手。蒲東県の巡検だったが、旧知の宣贊の推薦により、郝思文と共に梁山泊軍に包囲された北京大名府の救援軍を指揮。直接北京ではなく梁山泊を攻撃し、北京の包囲を解かせた。直接対決でも水軍の二度の奇襲を退けるなど梁山泊を苦しめるが、呼延灼の偽投降の計に掛かって捕らわれ、宋江に説得されて梁山泊入り。梁山泊では五虎将の筆頭として常に第一線で活躍し、遼国戦では兀顔光を討ち、田虎戦では旧知の唐斌を内応させている。
結末方臘討伐後、大名府正兵馬総管に就くが、調練の帰りに酔っぱらって落馬し、それが元で亡くなる。
遺事大刀関必勝。第13位。義兄弟の契りを結んだ仲間たち十二人と花石綱を運搬するが、楊志がいざこざから人を殺してしまったため、流刑となる途中を仲間たちと救い、太行山に上って盗賊となる。
(第4位)大刀関勝 豈雲長孫 雲長義勇 汝其後昆
後伝大名府で正兵馬総督を務めていたが、金に降り斉帝となった知事・劉予に反発、捕らえられていた。燕青の活躍で救出され飲馬川に加わる。
絵巻関羽の子孫で「武神」の異名を持つ宋国四天王の一人。戦場で敵味方を畏怖させる存在感を持ち、関菩薩とも呼ばれる。蛮族と戦い、国境を平定したが、突然故郷に隠棲。宣贊に請われて立ち上がり、梁山泊を窮地に陥れた。童貫に謀叛の罪を着せられた上、己も戦いに倦んで死を望むが、宋江と出会い梁山泊に加わる。
北方元・洪州・雄州の将軍。呼延灼と並ぶ軍人として評価は高いが、性格は茫洋として大きく、どこか子供じみたところがある。高俅と対立して左遷され、軍人としての自分を持て余していたが、叛乱の疑いをかけられて、かねてより共感していた梁山泊に加わる。童貫との決戦時に馬万里と相討ちになり戦死。
楊令伝
ジュニア宣贊の副官。イラストでは髭のない若い男。関羽の子孫だが、それだけで特別扱いされたくなかったため、田舎の町で憲兵をやっていた。宣贊に誘われて梁山泊攻撃に参加したが、宋江の評判の良さにとまどいを覚えるようになり、呼延灼の策でおびき出されて宋江と対面、その人物に打たれて入山した。
新伝関羽の末裔。武挙に若くして通ったが腐敗した官軍に受け入れられず、蒲州で巡検をしていた。遼の侵攻時は李綱の下、郝思文とともに活躍。戦後に童貫から梁山泊招討使を命じられ、原典の呼延灼の役回りで宣贊郝思文単廷珪魏定国らを率いて梁山泊を攻撃。連環馬で梁山泊を苦しめるが徐寧に破られ、捕らわれた後、旧知の呼延灼董平らの説得を受けて梁山泊入り。宋江に従い招安を受けた。関同・関寿の二人の子供がいる。
傾城「傾城水滸伝拾遺物語」では席次にも登場せず。
NTV西域守護指令で、林中の近衛軍官学校での同期。恋した小蘭が林中の妻となったため都を捨て、西域で十年戦ってきた。高求に召喚され、林中への罠に荷担させられそうになるが、小蘭を死に追いやったのが高求であったことを知り謀叛。梁山泊百八人目の好漢となる。(演:若林豪)
横山
沼田顎に長い髭をたくわえた厳めしい顔の男。仲間入りの経緯は描かれないが、百八星集結の際に一コマだけ登場。
読破開封府禁軍将軍で林冲の元上司。武術指南教師として幼少の頃から皇帝に仕えてきた。陸謙に妻子を人質に取られてやむなく従っており、扈三娘と共に陸謙の使者として梁山泊を訪れるが、林冲と梁山泊に皇帝救出を依頼する。梁山泊軍の突入中に人質と林冲を救い出し、兵をまとめた
AKA八十万禁軍の将軍。関羽の子孫を名乗り、青龍偃月刀を操る。自分を関羽と一体化させる関帝憑依(トランスモード)により、さらに凄まじい力を発揮することが可能。高俅の命により謀反人とされた王進を捕らえようとして、戴宗林冲と激闘を繰り広げた末に敗れる。
月の蛇髭と幾房にも編んだ髪が特徴の武人。十節度使を一蹴するが、月の蛇の力に目覚めた飛虎にあっさりと首を取られる。
SF
60億関勝(せきまさる)。「オールメン・アー・ブラザース」号の船長。剣術の心得があるらしく、船を傷つけた沖田に対し、拳銃をものともせずに日本刀で肉迫、圧倒した。
水辺真っ直ぐな性格の女傑。隠械は上腕に仕込まれた大刀。先の戦いの後は国軍に属し、宋江がクーデターを企んだと聞かされて梁山泊討伐に派遣されるが、軍の動向に疑念を抱き、宋江側につく。梁山泊に襲来した人形と化した一〇八星十人を倒し、呼延灼の腕の筋を断つが力尽きて致死。
天命体97 腕92 技79 知66 忠75 仁90 勇83
天導体97 腕93 技85 知68 忠74 仁91 勇81
幻想ハンフリー・ミンツ。解放軍の初期メンバーの寡黙な男。その剛腕から「大刀のハンフリー」と呼ばれる。元帝国の百人隊長だったが、ある事件がきっかけで上官を斬り、軍を抜けた。
幻想2ハンフリー・ミンツ。トラン解放戦争後、フッチと竜探しの旅をしていた最中に主人公と出会う。
幻想3デュパ。前族長の死後に族長を継いだリザードクランの猛者で、「三身戦士」の一人。頭の羽根飾りがトレードマーク。気性は荒いが、教養もありクラン内での信頼は厚い。
幻想4タル。主人公と同期のガイエン海上騎士団訓練生。どこかマイペースで周囲の雰囲気をなごませる。趣味は釣りで、戦後は漁師に転職した。
幻想5クレイグ・ラーデン。フェイタス竜馬騎兵団の団長。優れた指揮能力を持ち、団員の信頼も厚い。騎兵団の戒律を重んじる厳格な男だが、若い者への理解が深く、柔軟な側面を持ち合わせた人物。
幻想Tオルドヴィーク。リジッドフォークの始祖神とされる巨漢。気高き鋼鉄の書が協会に奪われたことにより姿を消していたが、復活してからは一なる王への雪辱に燃える。以前いた世界でも百八星の一人であり、その時の記憶を残す。
幻想百ゴンボスレン。スケイルホードの鎧細工職人。のんびりした性格で、仕事以外は食うか寝るかしている。その鎧は好事家の間で評価が高い。現代の宿星。
GR
その他「説岳全伝」では息子の関鈴が登場、やはり青龍偃月刀の遣い手で、岳飛の子・岳雲の義兄弟となり赤兎馬を贈った。田中芳樹による編訳「岳飛伝」では、岳飛の死後に岳飛の子・岳雷を助けた。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 02:08:38 (1466d)