地短星  出林龍 鄒淵

地短星
渾名出林龍
序列第90位
役職歩兵軍将校
前歴登雲山の山賊
賛詩平生の度量寛きこと海の如く、百万の呼盧も一笑の中。折腰飛虎の棒を会く使い、鄒淵の名号は出林竜なり。
解説登州登雲山の山賊で鄒潤の叔父。友人の孫新から、解珍解宝を助け出すための牢破りを持ちかけられ、実行した後の身の振り先として、知り合いの楊林鄧飛石勇がいる梁山泊入りを提案。牢破りした後に祝家荘攻めに協力し、梁山泊入り。梁山泊では常に鄒潤とともに行動した。
結末方臘征伐の清渓県城攻めの際、敵の騎馬に踏み殺された。
遺事
後伝
絵巻ほぼ原典と同じ。鄒潤とは年のほとんど変わらない叔父甥で、顔立ちも兄弟のように似ている。
北方解宝の片腕格の猟師で、鄒潤の兄。元はやくざ者だったが、旅の解宝と出会って諍いとなり、打ちのめされて意気投合した。梁山泊入り後は、遊撃隊の歩兵隊長となり、田虎戦では魯達の指揮下で戦った。童貫との決戦時に戦死。
楊令伝
ジュニア顧大嫂の知り合い。毛仲義に乱暴していた年寄りを助けたところを憲兵隊に勘違いされ、指名手配されたために登雲山に隠れていた。孫立らとともに入山。
新伝第42位 地威星。原典の孫立に当たる人物で沛県の城防提轄。猟師の出身だが、若い頃に鉄棒卜春暉の弟子となって武芸を伝授され、欒廷玉とはその時の同門。原典の孫立同様の経緯で梁山泊入り。招安に反対し、燕順らとともに梁山泊を離れ清風山に籠もる。
傾城百林の古雛もしくは百林子古雛(ももはやしふるひな)。雛方の叔母。城資茂の叔母・板額の余類で万夫不当の勇を持つ。城資茂が滅んで板額が捕らわれた後は、越後魚沼郡小千谷の里に住み、夏は縮や麻の仲買を、冬は手下の狩人に元手を貸して鳥を取らせていた。その他は原典にほぼ準拠。
NTV
横山基本的設定は原典とほぼ同様だが、「出林竜」と呼ばれる。独角竜とどちらがどちらか、絵的には明示されないが、瘤のない方だと思われる。
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億林円(はやしまどか)。孫寿司の客のゴロツキ。新八に誘われて甲斐兄弟救出に加わる
水辺
天命体93 腕43 技47 知51 忠30 仁52 勇38
天導体90 腕69 技54 知61 忠48 仁68 勇57
幻想クロミミ。トラン大森林のコボルト村の若者。正義感が強く、帝国軍にさらわれた仲間たちを救うために戦う。戦後は村長となった。
幻想2ゲンゲン。ビクトールの傭兵隊の一員のコボルト。自称「隊長」。いつでも陽気で元気な性格のムードメーカー。
幻想3ワイルダー。ダッククランの戦士。ジョー軍曹の弟分で、眼鏡をかけた知性派。趣味はトランペットと読書。
幻想4ナルクル。ネコボルト族の青年。ネコボルトの集落近郊でスリを行って生活しているが、いつか身を立てて成功することを夢見ている。戦後はチャンボとノアとともに商売をはじめるが上手くいっていない。
幻想5ログ。ラフトフリートの漁師。自前の高速船を使い、もうかることなら法に触れることでもやる無鉄砲者で、しばしば娘のランにたしなめられている。
幻想Tモーリン。イクスを追う女性。かつてイクスにだまされたと主張し、復讐するために弟のヨベルを引っ張って旅してきたが、イクスとヨベルが主人公の仲間になったため、自分も付き合うこととなった。
幻想百ワーン。フェザートライブ初の呪術師でイーリンの夫。尊大な喋り方で自信過剰気味の人物。迎撃戦への熱意はあったが音楽があまり得意でなかったため、呪術を学んだ。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:54:35 (1613d)