地正星  鉄面孔目 裴宣

地正星
渾名鉄面孔目
序列第47位
役職諸物を製造管理する頭領 賞罰査定を担当する軍政司
前歴京兆府の孔目→飲馬川の山賊の一の頭領
賛詩事を問う時智巧心霊、筆を落す処神号し鬼哭す。心平恕にして毫髪も私無し、斐宣を称す鉄面孔目と。
解説飲馬川の一の頭領。清廉潔白な人柄で公明正大な裁判を行っていたが、それが災いして無実の罪で流刑され、その途中、鄧飛孟康に救われて首領に迎えられた。公孫勝を探しに行く途中の戴宗楊林と出会い、二人が梁山泊に戻る際に同行して梁山泊入り。梁山泊ではその専門知識と事務処理能力を買われ、軍の編成や論功行賞、人事など事務の面で活躍した。また、王慶戦で敵の捕虜となった際には、降伏を勧める敵を激しく罵り、拷問に耐え抜いてみせた。
結末方臘征伐後、官位を辞退し、楊林と共に飲馬川へ帰ってのどかに暮らした。
遺事
後伝楊林と飲馬川で山賊稼業をしていたが、杜興楊林の仇討ち騒動に巻き込まれた李応らを山に受け入れ、第一の頭領を譲る。
絵巻元・開封府の孔目官。王進を弁護して辺境の秦州に左遷され、その辺境での働きを認められて久しぶり都に帰ってきたが、今度は林冲を弁護して高俅に憎まれ、無実の罪で流罪となる。その後は原典とほぼ同様。剣舞が特技。
北方京兆府の裁判所の孔目。裁判では何も変えられぬと悟って孔目を止め、晁蓋の一党に加わる。梁山泊では文治省の法規担当となり、後に梁山泊の支配下となった済州などの自由都市の行政を担当した。そこで孫ニ娘と惹かれ合い結ばれるが、史文恭に暗殺された。
楊令伝
ジュニア裴鉄面。県の憲兵隊長。祝家荘の壊滅について知事の命を受けて捜査に当たる。李応が梁山泊と通じたと見て杜興を拷問、二人を連行しようとするが、石秀らに阻まれ、逃げ出す。出番はこれだけで梁山泊入りしない。
新伝第57位。常州の当案孔目で原典通りの硬骨漢。楽和の母方の従兄。無実の罪に問われた張清を助けようとして常州の知州に逆らうが、自身も罪を着せられて入牢。穆弘らに助け出され、共に梁山泊入りする。上の妹は金大堅の妻で、下の妹は後に馬麟に嫁いだ。招安を前に、方臘と戦うことは自分の兄弟と戦うことも同然、と梁山泊を離れ太行山に籠る。
傾城鼠持の袖垣(ねずみもちのそでがき)もしくは女貞木の袖垣。鳥捕山の塞に籠っていた勇婦の一人。その他はほぼ原典準拠。
NTV
横山
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億
水辺
天命体90 腕46 技47 知73 忠45 仁68 勇49
天導体88 腕40 技59 知84 忠70 仁73 勇53 何故か工人技能を持つ。
幻想ジャバ。リコンの鑑定師。自分に鑑定できないものはないというのが口癖だが、「名無しの壷」だけは鑑定できない。
幻想2レブラント。ラダトの鑑定屋。個人的にせいじのつぼを収集しており、それと引き替えに新同盟軍に加わる。
幻想3ナディール。仮面の劇場支配人。その素顔は誰も知らない。昔は旅芸人で、ゴードンらと共に三人で劇団を結成していたという。
幻想4ナボコフ。鑑定屋の主人。いつかすごいお宝を鑑定したいという夢を持つ。自分の仕事に誇りを持っており、その技を広く伝えたいと考えている。
幻想5バシュタン。ハウド村の鑑定士。新鋭の画家イワノフの絵を初見で見抜くほど美術眼は高いが、生活のため節を曲げてスポンサーの好みを優先した鑑定をしていた。
幻想Tハフィン。元・ジャナム帝国魔道兵団の上級魔道兵で、アスアドの直属の部下。かつて自分の故郷を救ってくれたアスアドに心酔しており、アスアドが帝国を離脱した後、彼を追って脱走し、仲間に加わる。
幻想百ネイサ。フェアピークの指輪職人。迎撃戦では後方支援を行い、戦後は100年後のために研究に打ち込んでいた。200年前の宿星だが既に故人。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:39:32 (1554d)