地文星  聖手書生 蕭讓

地文星
渾名聖手書生
序列第46位
役職諸物を製造管理する頭領 文書作成・軍隊派遣の管理者
前歴済州の書生
賛詩青衫烏帽気は稜稜たり、頃刻にして竜蛇は筆の底に生ず。米・蔡・蘇・黄能く彷彿、書に善みなる聖手と名声有り。
解説能筆家にして、様々な書家の書体をまねる名人。江州から宋江を救う際の呉用の計略の一環として、蔡京の手紙を偽造するために、金大堅ともども梁山泊に拉致されてそのまま入山した。梁山泊では文書の他、書簡、規約、通帳や名簿の作成、処理を担当、役人の応接を行うことも少なくなかった。王慶戦では空城の計で宛州城を守り抜いたほか、敵の捕虜となった際には、降伏を勧める敵を激しく罵り、拷問に耐え抜いてみせた。
結末方臘征伐の前に都に留められ、蔡京の屋敷で家塾の教師となった。
遺事
後伝蔡京の下に仕え、安道全の留守を守っていたが、安道全のとばっちりを受けて捕らわれる。沙門島に流罪となるが、途中で登雲山組に救い出された。美人で文の道に秀でた娘がおり、後に宋安平と結婚した。
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。神秘的な瞳を持ち、白絽の套衣をまとった若者。南陽の竹林に金大堅と隠棲していた。詩友だった呉用に誘われ梁山泊入り。
北方元私塾教師。単なる形だけではなく、その人の人となりを想像することで字を自分のものとしてしまう能力を持つ。呉用により晁蓋の一党に引き入れられた。梁山泊では文治省で公文書偽造を担当する。
楊令伝新生梁山泊では事務を中心に担当。童貫との決戦の最中、病に倒れ、己の人生に満足して天寿を全うする。その功績は呉用に一軍の指揮官以上と評価された。
ジュニア原典とほぼ同様。恩師の呉用先生の誘いを断れず入山。
新伝第56位。項充の母方の叔父の息子。役人に陥れられて家財を奪われ、両親も亡くなったため、書を売って暮らしを立てていた。項充を頼って登州を訪れ、彼の妹の瑩娘の婿となるが、項充の起こした騒動に巻き込まれて梁山泊入り。招安の際に御書房の文書専司に推薦されるが、梁山泊では呉用の薫陶を深く受けていたこともあり拒絶。項充らとともに大海鰍船団で外洋に新天地を求めるが、大嵐にあって海の藻屑と消えた。
傾城大和文字植梨もしくは上梨(やまともじうえなし)。元は都の女武者所の右筆だったが、政がうっとうしくなって暇を取り、大津の宿で手跡の指南をして暮らしていた亀菊と同じ大師流の能書だったため、夏目に竹生島の弁財天に金石碑を建てると騙され、鐫妙ともども江鎭泊に連れてこられる。その後、九十九里の戦いでは坂根一犬がいる濱野の里に潜入し、友人の抜糸を連れてきた。その他はほぼ原典に準拠。
NTV
横山江州での宋江受難のエピソードで一コマのみ登場。初めから梁山泊に属していた。
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億聖譲(ひじりゆずる)。僧形の男で文書偽造の天才。林と円の知り合いで、甲斐兄弟救出のための総理大臣の命令書偽造に協力する。
水辺
天命体76 腕32 技56 知63 忠35 仁49 勇24
天導体86 腕36 技58 知82 忠60 仁74 勇48 高レベルの工人技能を持つ。
幻想テスラ。アンテイの町の代書屋。マッシュの旧知で、しばしばその腕に目を付けられて協力させられていた。
幻想2ジュド。森の村出身の工芸家。グリンヒルの学園で鍛冶を教えている。新同盟軍の本拠で守護神像製作にいそしむ。
幻想3トワイキン。大森林のドワーフ村出身のドワーフ。穴を掘ることに生きがいを感じている。
幻想4ミッキー。ラインバッハの使用人。いつもオドオドしている。世話を任されたペットを殺されたために当主の怒りを買い、ラインバッハの従者として旅に出る。戦後は有名な作家となった。
幻想5ガンデ。ゲイヴドワーフ。気難しそうな外見だが、実は気さくな性格。一族の中でもトップクラスの採掘技術を持つ。十数年前に父親をログに救われて以来、彼と組んで様々な仕事を行っている。
幻想Tゴルヌイ。リジッドフォークの細工師。気性が激しく非常に荒っぽい男だが、繊細で優美な細工物を創り出す。以前から協会に批判的であり、一族の方針に背いて主人公の仲間となる。
幻想百ダグズマ。スケイルホードの鎧細工職人。スケイルホードのために防寒鎧を開発したが使ってもらえず、やむなく人間向けに転用した。「だわよ」が口癖。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:38:01 (1646d)