地鎮星  小遮攔 穆春

地鎮星
渾名小遮攔
序列第80位
役職歩兵軍将校
前歴江州掲陽鎮の顔役
賛詩花ある蓋膀には双龍の項を捧げ、錦の包肚には二鬼の環を争う。潯陽岸の英雄豪傑、但に到処にて便ち没遮攔。
解説穆弘の弟のやくざ者。兄の威光を傘に好きに振舞っていたが、腕っ節はあまり強くない。みかじめ料を払わず商売をした薛永に金を与えた流罪人を叩きのめそうとするが逆に薛永にやられて逃げ帰り、後で兄の力を借りて薛永を捕らえた。さらに流罪人を追うが、李俊のとりなしでそれが宋江であると知り、非礼を詫びて歓待した。その後、梁山泊の江州攻めの際、兄とともに梁山泊入り。梁山泊では裏方仕事も担当した。
結末方臘征伐の後、官職を辞退し、掲陽鎮に帰って庶民となった。
遺事
後伝土地屋敷を奪われフラフラしていたところで蔣敬と再会。奪われた蔣敬の金を取り戻した後、土地屋敷を奪ったごろつきを殺して逃亡、二人で登雲山を目指す。登雲山入り後も、聞煥章の妻子を迎えに行くなど遊撃隊的に山を降りている。
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。武芸・度量とも兄には遠く及ばない。愛猫の玉環をなによりも大事にしている。前歯が一本欠けているのは、かつての「長髭幇主」との激闘の名残。
北方穆弘の弟。気っ風はいいが、兄を意識しすぎて時々身の丈に合わないことをしてしまう。江州で黄文炳の軍に包囲された宋江らを救うために駆けつけ梁山泊入り。本隊将校を経て遊撃隊へ配属されるが、連環馬の前に戦死。
楊令伝
ジュニア
新伝第76位 地捷星。穆弘の弟。幼い頃に両親が亡くなり、兄に育てられた。北地で燕青郁保四とともに紅巾軍を結成、独自に遼を相手に戦っていた。百八星集結後は騎兵軍副驃騎に。招安に反対し、穆弘に従って梁山泊を離れ太行山に籠る。
傾城一分金川堀(いちぶきんかわほり)。大箱に絡んで千垣に投げ飛ばされる。その他は原典にほぼ準拠。
NTV
横山
沼田
読破
AKA
月の蛇キノコのような髪型の男。穆弘の威光を傘に掲陽鎮で我が物顔に振舞うチンピラ。薛永をけしかけ飛虎を討とうとしたが失敗、逃げ出して兄を頼った。兄と飛虎の決闘を見守るが、敗れた兄を翠華に殺され慟哭する。
SF
60億朴春二(ほおのきしゅんじ)。弘平の弟。
水辺
天命体89 腕53 技67 知49 忠25 仁56 勇39
天導体92 腕56 技60 知60 忠60 仁65 勇51 何故か芸人技能を持つ。
幻想ヴァンサン・ド・ブール。自称・赤月帝国の貴族。恩義に厚い人物であり、一度でも世話になった相手は「心の友」と呼ぶ。諸国を放浪中にモラビア城に囚われていたところを主人公に救われ、仲間になる。
幻想2ヴァンサン・ド・ブール。元赤月帝国の貴族。相変わらず放浪中で、友人のシモーヌを救った主人公に助力する。
幻想3オーギュスタン・ナボール。美しいものをこよなく愛する謎の貴族。剣術の腕前は一流で、赤いバラの紋章を宿す。
幻想4シャルルーマーニュ。ミドルポートの宿屋「麗しの巻き毛亭」の主人。美や名誉を尊ぶ騎士道精神の持ち主で、趣味で嗜んできた剣の腕も立つ。主人公の評判を聞き、是非にと仲間に入る。後にラインバッハと心の友となった。
幻想5ジョセフィーヌ。アーメス新王国出身の貴婦人。派手なドレスに身を包んだ自称芸術家。自分の絶対的な美を自負しており、野蛮で低俗な文化を嫌っている。実はシュラ・ヴァルヤの実妹。
幻想Tノフレト。第10の世界と共に現れた自称・盗掘屋の女傑。単なる盗掘屋ではなく、掘り出した物を縁の者に無償で与えることもある。帝国の跡地を発掘していた時に主人公と出会い、仲間となる。
幻想百ヨフール。オロスク村の刀鍛冶職人でノデリの遠い師匠筋。ド派手な衣装をまとう自称世紀の天才鍛冶。迎撃戦では湖の砦で全ての武器を鍛えた。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 13:00:29 (1706d)