地悪星  没面目 焦挺

地悪星
渾名没面目
序列第98位
役職歩兵軍将校
前歴相撲取り
賛詩相撲叢中に人尽く伏す、拳を拽き脚を飛ばすこと刀の如く毒し。劣性発する時は山の倒るるが似し、焦挺従来没面目。
解説祖父から三代に渡る相撲取りの家柄。鮑旭の仲間になろうと枯樹山に向かう途中で李逵と出会い、諍いになって家伝の技で投げ飛ばしたことで逆に意気投合。鮑旭も仲間に加えた直後、枯樹山近くを通った官軍の護送車を襲って宣贊とカク思文を救出し、そのまま凌州城を奇襲。その手柄を手みやげに梁山泊入り。同じく相撲を得意とする燕青に出番を奪われたか、梁山泊では相撲の腕を活かす機会がなかった。
結末方臘征伐の潤州城攻めで、乱戦中に矢に当たり、梁山泊軍最初の戦死者の一人となる。
遺事
後伝
絵巻原典とほぼ同様。瓜に目鼻を刻んだような顔。一子相伝の奥義「鉄風筝」を持つが、泰山奉納相撲で相手を殺し、相撲界から引退。ライバルだった任原と戦う燕青に奥義を伝えて助けた。
北方杜遷の部下で組打ちを使う巨漢。相撲で相手を殺してしまい、母を連れて逃亡、梁山泊入り。母を安道全に治療してもらったため、杜遷林冲の連絡役となる。祝家荘戦で大隊長となり、職責の大きさに悩みつつも奮戦するが、戦の終結直後、逃れた聞煥章を追おうとして罠にかかり戦死。
楊令伝
ジュニア
新伝第71位 地騰星。李袞の元弟子。飛行の術は侯健以上だったが、度々しくじったのを恥じて放浪。死にかけていたところを童貫に拾われ、裏仕事に従事していたが、暗殺を命じられた呼延徳に心酔、逆に護衛となる。その後は各地で遼と戦い、戦後は呼延灼とともに梁山泊入り。百八星集結後は機密の諜報探知を統べる頭領。官軍との戦いでは高俅を捕らえるが、それを無にした招安に反対し、穆弘に従って梁山泊を離れ太行山に籠る。
傾城「傾城水滸伝拾遺物語」では黒焼傷の綾尾(くろやけどのあやお)。席次に名前のみ登場
NTV
横山
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億
水辺
天命体94 腕82 技57 知22 忠60 仁52 勇69
天導体95 腕75 技27 知23 忠62 仁48 勇70 108星で唯一力士技能を持つ。
幻想ロニー・ベル。カレッカの秘密工場の用心棒を務める女格闘家。背が高いのがコンプレックス。
幻想2オウラン。ボディーガードを生業とする女戦士。主人公に守る価値があると見て仲間に加わる。女性にもてる。
幻想3エミリー。怪力の少女格闘家でロニー・ベルの娘。自分より強い奴に会いに修行の旅に出た。戦後はジョアンの道場の副師範代になる。
幻想4カール。己の肉体を鍛えることに燃える格闘家。龍虎の刺青を入れたスキンヘッドの巨漢だが、意外に真面目で遠慮深い性格。
幻想5ニケア。女性拳闘士。各地の武道大会を荒らしまわる猛者だが、かなりのドジの上、大食いで、賞金のほとんどは食費に使われている。性格は明るく人当たりがよい。
幻想Tジーヴィッカ。リジッドフォーク族の女性で、インドリクと共に祖神の祭壇を守る神官兵。祖神オルドヴィークに対する尊敬の念と神官兵としての誇りが非常に強く、激しやすい性格。
幻想百ベルタ。拳法家でソラブの従妹。ソラブを迎撃戦に引っ張りだしたことを後悔して、戦いの後も行動を共にしていた。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 02:04:22 (1501d)