天傷星  行者 武松

天傷星
渾名行者
序列第14位
役職歩兵軍頭領
前歴陽穀県の都頭→二竜山の山賊の三の頭領
賛詩直綴は冷やかに黒霧を披け、戒箍は光って秋霜を射る。額前の剪髮は眉を払って長く、脳後の護頭は項に斉し。頂骨の数珠は燦白にして、雑絨の条結は微黄なり。鋼刀両口寒光を迸らす、行者武松の形像なり。
解説虎を素手で倒すほどの怪力の持ち主。原典のうち、実に十回で主役を務める。故郷で罪を犯し、柴進の屋敷に身を寄せていた際に宋江と出会い、義兄弟となる。その後、故郷に帰る途中で景陽岡の人食い虎を退治して一躍英雄となり、陽穀県の都頭となり、偶然そこで兄の武大と再会するが、出張中に妻の潘金蓮とその情夫・西門慶が兄を毒殺。潘金蓮と西門慶を殺害、自首して孟州に流刑となる。そこで出会った施恩の頼みで蒋忠を叩きのめしたのがきっかけで冤罪を着せられ、激怒のあまり敵の一味が宴会していた鴛鴦楼にいた者を虐殺。逃亡途中に以前出会った張青孫二娘に再会し、変装のために行者の衣装を与えられ、二竜山に向かった。後に呼延灼が青州三山を攻めた際に梁山泊入りし、その後は歩兵の頭領として大活躍した。方臘戦で包道乙の玄天混元剣によって左腕を失う。
結末方臘征伐の帰路、左腕を失ったこともあって林冲の看病のために杭州の六和寺に留まり、そのまま寺男として余生を送った。
遺事第31位。九天玄女の天書を授かった宋江に連れられ梁山泊に入ったものと思われる
(第14位)汝優婆塞 五戒在身 酒色財氣 更要殺人
後伝六和寺で余生を送っていた。高宗を送り届けてきた呼延灼らにシャム行きを進められるが、魯智深林冲の菩提を弔うためと断る。後に臨安城内に建立された大相国寺の国師に招かれた。
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。無愛想な男で、体の中には嵐のような暴力への衝動を抱えている。潘金蓮の複雑な想いに応えることができず殺してしまったことが一種のトラウマとなっている。手にする二振りの戒刀は、夜毎血に飢えて鍔鳴りする妖刀。
北方宋江の同志として古くから活動する青年。体術の達人だが、心に鬱屈した部分を持つ。諸国を遍歴して人脈作りを行っていた。自分の潘金蓮への想いが兄夫婦を死に追いやったことから腑抜けになるが、王進の下で自分を見つめ直して再起。以後、李逵と遊撃隊的な立場で各地で活躍する。
楊令伝引き続き各種工作を担当。宋江らを喪い荒んでいたが、楊令に右拳を斬り落とされて以来、表向きは別人のように饒舌となった。右拳部分には岩をも砕く鉄球を取り付けることも可能。宣贊を救出するため単身金国に潜入したが待ち伏せを受け、無数の敵兵を倒した末に壮絶な最期を遂げる。
ジュニア原典とほぼ同様で、武十回はほとんど再現されるが、さすがに玉蘭は殺さなかった。背が高く筋骨隆々とした美男子。
新伝第17位 天勇星。農家の出だが武拳王武振華の養子となる。養父が亡くなった後、兄と暮らしていたが原典同様の経緯で逃亡、数々の冒険を経て二竜山入りし、比較的早い時期に二竜山を挙げて梁山泊入りする。初めは招安に反対派ではなかったが、高俅戦後に施恩張青孫二娘に説得され二竜山へ去った。生き別れの妹がおり、その面影があった玉蘭を助けようとしたことが鴛鴦楼での虐殺の原因の一つとなった。
傾城女行者竹世(おんなぎょうじゃたけよ)。上野国松枝出身。碓氷峠で虎を素手で殴り殺して領主の遠近太郎忠道に気に入られ、女武者の教頭になる。姉の一寸法師の豕代(ぶたよ)を夫の金蓮助と西門屋の後家・お啓に殺され、復讐の末に出羽国牡鹿島に流刑。そこで河堀の領主・横島傔仗照行と湯本の領主・寒風夜叉丸の母・ワク絲御前の罠にはめられ、皆殺しにして逃走。その途中で青芝と出会い、女虚無僧となって金剛山に向かう。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV林中の弟分で、虎柄の衣装をまとった暴れ者。庶民に塩を分け与えようとしたことから林中と出会い、心酔して後を追いかける。原典のエピソードは全く登場せず、代わりに流刑途中の林中を助ける、江州で張順と喧嘩するなどの出番があった。(演:ハナ肇)
横山基本的設定は原典とほぼ同様。外伝に登場。鴛鴦楼の代わりに、西門慶の屋敷で大暴れする。宋江など他の好漢とは出会っていない。
沼田関西弁でねじりはちまきを巻いた好漢。酒乱の気はあるが柴進に嫌われておらず、宋江ともども義兄弟となった。西門慶と潘金蓮の罠で柴進の屋敷に誘き出された間に兄を殺され、復讐から二人を殺して出奔。その後二竜山に身を寄せ、呼延灼の梁山泊攻撃直前に梁山泊に合流した。原典同様に方臘戦で片腕を失い、魯智深林冲を看取った。
読破最初から行者姿で登場。史進楊志とともに梁山泊の活躍を聞き、その後三人で梁山泊入りしたらしい。
AKA最終話(第二十四話)に一コマのみ登場。続編予告によれば、やはり虎を殺すらしい。
月の蛇素手での戦いを得意とする、真っ直ぐな性格の好漢。偶然出会った翠華に一目惚れするが、その正体を知り飛虎と激突。一度は圧倒するが、逆転されて自ら敗北を認め、祝家荘戦の頃はまだ梁山泊入りしていなかったため見逃された。梁山泊入山後に林冲に腕比べを挑んで半殺しにされた過去を持つ。最終決戦で再び飛虎と対峙するも、翠華が戦場に出たことを知り、飛虎を先に行かせる。
SF万力の武松。怪力の持ち主で、曲がったことが嫌いな性格。元は警察官だったが、天球星では泥棒の方が正しいと知って泥棒となり、戸三娘の組織を揺るがせていた。新婚初夜から抜け出してきた戸三娘と出会い、兄弟の存在を知る。
60億行者武松(ぎょうしゃたけまつ)。動物園の飼育係をしていた時に生まれた剣歯虎のブダイを守るために逃走、小花自然動物園に匿われる。動物園閉鎖後は、とある町で自警団退治に参加。
水辺体中に虎との戦いの後と思われる引っ掻き傷を負った青年。5巻カバー下にイラストのみ掲載。
天命体100 腕93 技75 知34 忠68 仁55 勇98 シナリオ1,2で選択可能。腕力では魯智深に次ぐ。
天導体99 腕94 技78 知62 忠84 仁70 勇94 シナリオ1で選択可能。今回も腕力は魯智深に次ぐ。
幻想バレリア。元帝国の女軍人。出世のために常に先陣を切ることから「烈火のバレリア」の二つ名を持つ。クワンダ・ロスマンの作戦により自らの生まれた村も焼かれることを知り軍を脱走、主人公と出会う。
幻想2バレリア/トモ(どちらか一人)。バレリアは現在トラン共和国の六将軍の一人。レパント大統領の命で、新同盟軍に助力する。トモはツァイの娘で父譲りの槍術の使い手。別居中の両親の仲を案じている。
幻想3ヒューゴ。カラヤクランの族長ルシアの一人息子。性格はまっすぐで、曲がったことが嫌い。幼い頃からグリフォンのフーバーと行動をともにする。カラヤの村焼き討ちと親友の死に直面し、英雄戦争の渦中に巻き込まれる。真の紋章の継承者の一人。
幻想4ケネス。主人公と同期のガイエン海上騎士団訓練生。冷静で学者肌の人物だが、主人公たちとは固い友情で結ばれている。戦後は同期生の中で唯一騎士団に残り、副団長を務めた。
幻想5ゼガイ。元バロウズ家お抱えの闘技奴隷。矛を操る巨漢。非常に寡黙な性格で、まともに会話できる人間は数えるほどしかいない。
幻想Tベレムエル。ジャナム地方に現れた砂漠の遺跡に眠っていた寡黙な戦士。遺跡の最深部に茫漠たる琥珀の書を持ち込んだ時、虚空から出現した。一なる王との戦いを使命とするほかは、その目的は一切不明。
幻想百ツェレンドラム。スケイルホードの女剣士。主人公の母シグニイとはともに剣の修行をした仲であり、現在は傭兵家業をしている。スケイルホードの間では美人の部類らしい。現代の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 12:15:57 (1555d)