地闢星  摩雲金翅 欧鵬

地闢星
渾名摩雲金翅
序列第48位
役職騎兵軍小彪将兼斥候担当頭領
前歴揚子江守備の軍卒→黄門山の山賊の一の頭領
賛詩黄州より生み下しぬ英雄の士、力は壮に身は強く武芸は精れたり。行歩くこと飛ぶが如く偏に衆に出れ、雲に摩く金翅は是れ欧鹏
解説黄門山の一の頭領で鉄棒の遣い手。元は軍人だったが、上官と折り合いが悪く、もめ事を起こして出奔し、蔣敬馬麟陶宗旺とともに黄門山に籠もっていた。梁山泊軍が江州から宋江を救出した帰路を待ち構えて歓待し、宋江に誘われてそのまま梁山泊入り。梁山泊では騎兵の副将として戦ったが、祝家荘戦では欒廷玉に深傷を追わされてリタイアしたことも。
結末方臘征伐の歙州城攻めで、龐万春を追い、一本目の矢を掴み取ったが、安心したところを二の矢で射殺された。
遺事
後伝
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。黄門山四怪の一人。鉄棒の使い手で、常に金色の鷹を連れる。江州で刑場から脱出するも追い詰められた宋江たちの助太刀に駆けつけ、そのまま梁山泊入りする。
北方元・長江守備隊の兵士。跳躍して上からの鉄槍攻撃を得意とする。軍の上官を殺し、盗賊となるが、宋江に義憤ではなく私憤から上官を殺したことを見抜かれ、今までの自分の生き方を悔いて仲間に加わる。梁山泊では流花塞で将校を務めたが、宿元景戦で戦死。
楊令伝既に故人だが、甥の欧元が登場。従者として楊令に忠実に仕えるが…
ジュニア
新伝地剛星。搗海鰐欧鵬項充の父・項仁の義兄弟で、鄧飛とともに項充の腹心を務める。一気に五十里の海を泳ぐ武術の達人。項充が罪に陥れられたため行動を共にし、梁山泊入り。百八星集結後は水軍副将。招安に反対し、項充らとともに大海鰍船団で外洋に新天地を求めるが、大嵐にあって海の藻屑と消えた。
傾城花間田の大鳥もしくは花又の大鳥(はなまたのおおとり)。木曾のめごめ山の塞に籠る山賊の一人で、木曾義仲の残党何某の娘。その他はほぼ原典準拠。
NTV
横山いつの間にか梁山泊入りしており、祝家荘戦で数コマ登場。馬麟と同時に登場したが、どちらがどちらかは不明。
沼田
読破
AKA
月の蛇鷲鼻で羽飾りのついた上着を着た男。現状に不満を持っていたことから燕順の誘いに乗り、飛虎一行を倒して手柄にしようと抜け駆けを狙うが、燕青李逵に阻まれて断念する。
SF
60億
水辺剃り込みの入った黒人で、長矛を得物とする。人形にされて梁山泊を襲撃したが、関勝の捨て身の反撃で倒された。
天命体93 腕60 技62 知47 忠39 仁38 勇55
天導体87 腕62 技60 知44 忠50 仁53 勇66 何故か高レベルの盗賊技能を持つ。
幻想ローレライ。旅を続ける女戦士。弱い者には従わない性格で、自分自身を磨くため解放軍に加わる。
幻想2ローレライ。シンダル族の遺跡を求め旅をする女冒険者。
幻想3デューク。ハルモニア神聖国地方軍南部辺境警備隊第十四小隊隊長。エレーン、ガウ、ニコルと行動を共にしている。ゲドに対抗意識を燃やしており、十二小隊とは事あるごとに競っている。
幻想4フレデリカ。北方の村出身の弓使い。クールな性格だが、「人間狩り事件」の調査には執念を燃やしており、その役に立つという理由で仲間になる。
幻想5ローレライ。シンダル族の遺跡を求め旅をする少女。自分より強い男でなければ認めない。得物は鞭。
幻想Tケフレン。砂漠の遺跡の中で倒れていたところを主人公に保護された中年の男。荒事は苦手だが前向きな性格。元々は第10の世界の住人であり、一なる王に対抗するためベレムエルを甦らせようとしていた。
幻想百ウォーグ。槍使いでユーグの子孫。地方勢力側の代表者的な立場としてティオス砦で戦った。ベレニケとともに主人公と出会うが、最初はその存在に懐疑的だった。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:42:13 (1465d)