地楽星  鉄叫子 楽和

地楽星
渾名鉄叫子
序列第77位
役職機密伝令担当の歩兵軍頭領
前歴登州の牢番
賛詩玲瓏の心地衣冠整い、俊俏の肝腸語話清し。能く唄い人は称す鉄叫子と、楽和聡慧なる是れ天生なり。
解説美声の持ち主で音楽に優れた才能を持つ瀟洒な男。雪の結晶を見て喜ぶなど無邪気な面もある。登州で牢番を務めていた時に、義理の従兄弟に当たる解珍解宝が無実の罪で死刑囚となること知って顧大嫂に伝え、一行が牢破りして梁山泊に走るきっかけを作った。牢破りの後はそのまま祝家荘に潜入し、自分の歌を合図に内応、戦いの後に梁山泊入りした。タイプが似ている燕青とはウマが合うが、李逵は苦手の様子。
結末方臘征伐の前に東京に留められて軍を離れ、王都尉の屋敷でのどかに暮らした。
遺事
後伝孫立が捕らわれたのを知り、巻き添えをおそれて東京を出奔。尹文和と名乗って建康の知人を訪ねていく途中で、花栄の妻子を窮地から救い出し、逃げる途中で童威と出会う。以後は李俊らと行動を共にし、軍師役として様々な計を案じて大活躍する。
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。繊細な整った顔立ちの青年で聡明な性格。一度は学問を志した秀才だが、ある日ふいに書を捨てて登州の牢番となった。似たタイプの燕青と仲がよい。王都尉とは、盧俊義救出の際に出会い、見逃す代わりにお抱え歌手になる約束をさせられている。
北方孫立の妻・楽大娘子の弟。優男で様々な声を出すことができる歌の名手。役人の妻の誘惑をはねのけたことから無実の罪を着せられ、祝家荘戦から梁山泊入りする。地方軍の攻撃時に兵糧を守って戦死するが、その間際に馬麟の笛と合わせて絶唱した。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様だが、イラストでは鬼のような顔をしている。囚人たちに鬼より怖いと恐れられている極悪人専用の地下牢の番人。元々は音楽が得意な優しい男だったが、囚人になめられないため恐ろしい男のふりをしていた。
新伝第79位。王都尉の副官で楽器、歌の名手。董平の従弟。武松により蜈蚣嶺の盗賊から助けられ、その際出会った孟蘭玉と結ばれるが、王都尉が彼女に目をつけたため逃亡。金大堅のもとに身を寄せるが、花石綱の騒動に巻き込まれて梁山泊入り。百八星集結後は四方の好漢を迎え各路の英雄を歓待する頭領。招安時に大晟楽府の御曲師の推薦を受けるが、汚職役人の総元締めの皇帝に仕えたくないと梁山泊を離れ太行山に籠る。
傾城口笛の照鷽もしくは哨子の照鷽(くちぶえのてりうそ)。声が朗らかなのが渾名の由来。越路の女囚獄の下司で、新玉の従姉妹。その他はほぼ原典準拠。
NTV
横山原典とほぼ同様。顎髭のある若者。初登場シーン以外出番なし。
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億楽和鉄矢(がくわてつや)。N・S・P第三班所属で音楽好き。宋公明の中学時代の同級生。N・S・Pに嫌気が差していたところにいとこの甲斐たちが捕まったため、一族で屯所を破り脱走する。
水辺おそらくは女性。一〇八星同士の戦いが激化する中、自分には関係ないことと何処かへ旅立ち消失。
天命体76 腕33 技45 知71 忠34 仁45 勇39
天導体82 腕32 技57 知71 忠41 仁72 勇36 高レベルの芸人技能を持つ。
幻想カシオス。ミルイヒお抱えの吟遊詩人。ミルイヒを崇拝しており、ミルイヒの誘いで解放軍に参加する。
幻想2アンネリー。アルバート率いる楽団の歌い手。天性の美声だが、非常に内気な性格。アルバートたちとはぐれた際に主人公に出会う。
幻想3ネイ。エルフの大道芸人。シャボンやトッポと旅をしている。大道芸人三人の中ではリーダー格。人間に育てられたため、一般のエルフが持つ偏見は持っていない。
幻想4エチエンヌ。ラインバッハ家お抱えの吟遊詩人。ラインバッハの人柄に傾倒しており、彼に勧められ仲間に入る。
幻想5コルネリオ。ドレミの精を集めて楽団を作ろうとしている独創的な音楽家。音楽家としては超一流だが、芸術を理解しない者を「凡俗」と呼んで罵倒するなど過激な性格の持ち主。
幻想Tラミン。弦奏弓と呼ばれる珍しい楽器を奏でる流浪の楽師。奏でる曲には人の怒りを掻き立てる力がある。聴衆をゲスと呼ぶ傲岸な性格で、人を扇動することを楽しんでいたため、主人公に無理矢理本拠地に連れてこられた。
幻想百クレイオン。通りすがりの音楽家。迎撃戦では激戦地にフラリと現れ、支援した後にいなくなることを繰り返していた正体不明の人物。戦後、ラクイラを励ましていた際に主人公と出会う。200年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:34:34 (1463d)