地隠星  白花蛇 楊春

地隠星
渾名白花蛇
序列第73位
役職騎兵軍小彪将兼斥候担当頭領
前歴少華山の山賊の三の頭領
賛詩蒲州に生長して最も奢遮れたり、会く鋼刀を使うこと左車に宝う。臂痩せ腰長く真に勇しき漢、楊春綽号は白花蛇。
解説少華山の山賊の三の頭領。朱武陳達とは義兄弟。史進に捕らえられた陳達を、朱武とともに策で助けたが、これを縁に史進と交誼を結び、後に一の頭領に迎えた。史進が華州の賀太守に捕らえられ、梁山泊に救い出された後に梁山泊入り。梁山泊では陳達とコンビでの行動がほとんどだった。
結末方臘征伐の昱嶺関攻めで、偵察に出たところを関所を守る龐万春の待ち伏せを受けて射殺された。
遺事
後伝
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。長身痩躯で、無表情な青白い顔の男。懐に「白公子」と「白公主」という名の二匹の白蛇を飼っていたが、芒碭山の戦いで失っている。
北方少華山の三頭領の一人。白い肌の優男。無口だが兵への面倒見が良く、特に小部隊の指揮を得意としていた。が、解珍に連れられ諸国を旅する中で自分を見つめ直し、復帰後は大隊長となる。公平な性格で、軍紀違反して活躍した楊令にも杖打ちの罰を与えた。童貫との最終決戦時に戦死。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。入山の経緯は描かれないが、史進はいつの間にか終盤に梁山泊にいたため、同行してきたと思われる。
新伝第70位 地戻星。原典とほぼ同様。皮膚の所々に白い斑点があるのが渾名の由来。朱武に出会う前は飢えた農民たちを指揮し、金持ちを襲っていた。原典とほぼ同様の経緯で梁山泊入り。百八星集結後は歩兵軍副将。高俅戦後に、魯智深らに従い二竜山へ去った。
傾城越路の今板額(こしじのいまはんがく(「傾城水滸伝拾遺物語」の席次表では戸隠の女鬼)。城小太郎助盛の余類で、力が強く武芸を好む。黒姫・女鬼と三人で鬼女を自称し、戸隠山に籠っていた。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV朱武の配下の山賊で、髷を巾で巻いた男。
横山原典とほぼ同様。たらこ唇の男。死亡シーンあり。
沼田原典とほぼ同じ。片目の若い男。
読破
AKA続編予告に一コマのみ登場。ローブをまとった男(?)
月の蛇
SF
60億陽貞春(ようさだはる)。東都大学空手部の黒帯。史郎らと共に武器奪取を目論むが失敗し、お尋ね者になる。
水辺
天命体90 腕53 技51 知23 忠32 仁37 勇61
天導体90 腕43 技42 知43 忠47 仁51 勇60
幻想ミーナ。アンテイの町の踊り子。一流の腕を持つが、帝国で踊ることを拒否したため、酒場で踊っている。
幻想2カレン。クスクスで評判の踊り子。ミーナの弟子。普段は地味な女の子だが、一度踊りの衣装を身にまとうと、全く別人のように積極的になる。
幻想3ロラン・レザウルス。ゼクセン騎士団の「誉れ高き六騎士」の一人で弓使い。生真面目な性格のエルフだが、一族独特の偏見はなく、ゼクセン騎士団の一員として誇りを持っている。
幻想4ミツバ。大剣使いの少女。金稼ぎのためにラインホルトと組んで詐欺まがいの決闘をしている。
幻想5ミアキス。リムスレーア・ファレナス専属の女王騎士。小太刀二刀流の遣い手で、常にリムスレーアの傍に仕える。マイペースな上にいたずら好きで、周囲の人間(主にリムスレーア)を振り回している。
幻想Tメイベル。自分を千年前の光の戦士の生まれ変わりだと思い込んでいた少女。主人公が前世からの恋人と思いこんでつきまとった。正しい記憶を取り戻した後もストーキングを続け、本拠地に居座る。
幻想百ディーリーリ。フェザートライブの音楽家。族長の長女であり、一族からは「姫」と呼ばれる。アストリッドの戦いを見て、迎撃戦に一族の先頭をきって参加した。200年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 01:56:34 (1647d)