天暗星  青面獣 楊志

天暗星
渾名青面獣
序列第17位
役職騎兵軍八驃騎兼先鋒使
前歴殿司制使(皇帝守護の武官)→北京大名府提轄→二竜山の山賊の二の頭領
賛詩曾て京師に向て制使と為り、花石綱に累りに艱難を受け、虹霓の気は牛斗に逼りて寒し。刀は能く宇宙を安んじ、弓は塵寰を定む可し。虎体狼腰猿臂健かに、龍駒に胯って穏かに雕鞍に坐す。英雄の声価梁山に満つ、人は称す青面獣、楊志是れ軍班なり。
解説顔に青痣のある武人で英雄楊業の子孫。若くして武挙に受かって武官となったが、花石綱運搬に失敗して逐電。ほとぼりを冷まして東京に戻る途中、梁山泊近くで林冲に挑まれ、互角の戦いを演じた。その後、高俅に復官を働きかけるが相手にされず、金が尽きたため刀を売ろうとした際に絡んできたごろつきを殺して北京に流罪となる。そこで留守司の梁世傑に気に入られ、御前試合で索超と互角の戦いを見せて提轄使に取り立てられた。しかし運搬の宰領を任せられた生辰綱を晁蓋らに奪われて逐電する羽目となり、放浪中出会った曹正魯智深と協力して二竜山を奪った。後に呼延灼が青州三山を攻めた際に梁山泊入りし、その後は騎兵軍の頭領として活躍。過去の行きがかりから梁山泊が高俅を捕らえた際には終始睨み付けていた。
結末方臘討伐の潤州城攻略後、病気になって戦線離脱し、丹徒県城で養生したが甲斐なく死亡。
遺事第4位。義兄弟の契りを結んだ仲間たち十二人と花石綱を運搬するが、孫立が来るのを待っているうちに路銀がなくなり、宝刀を売ろうとしていざこざから人を殺してしまい、流刑とされる途中を仲間たちに救われ、太行山に上って盗賊となる。
(第26位)聖人治世 四靈在郊 汝獸何名 走曠勞勞
後伝
絵巻原典とほぼ同様。誰よりも強いプライドの持ち主だったが、魯智深らと付き合っているうちに少し丸くなった。武学時代、盧俊義が唯一の友人だったが、盧俊義の方はそれを忘れていた。
北方楊令公の子孫にあたる軍人。剣の達人で、優れた指揮能力を持つ。禁軍から青州に左遷され、そこでも生辰綱を奪われたため流浪、魯智深と共に二竜山を奪ってその頭領となり、梁山泊軍の一大拠点に育て上げるが、青蓮寺の暗殺の標的となり、養子の楊令を守って百人余りの相手を倒し、力尽きて梁山泊最初の犠牲者となる。
楊令伝既に故人だが、その遺志は養子の楊令に受け継がれる。が、その死に様は彼にとって長らくトラウマとして残った。
ジュニア原典とほぼ同様。イラストでは顔の半面が完全に痣になっている。
新伝第15位 天平星。基本的に原典同様。花石綱を失って放浪中に曹正と知り合い、恩赦が出るまでは彼の家にいた。原典通りの展開で二竜山に拠るが、かなり早い段階で梁山泊入り。盧俊義とは旧知の仲で、北京大名府に流罪になった際に親交を深めている。宋江に従い招安を受けた。
傾城青嵐の青楊(あおあらしのあおやぎ)。渾名の由来は色が青白いこと。親は由緒正しき北面の武士で、元・大内の采女で女武者所の頭だったが、弓場殿の御韘を紛失して都を追放された。金に困って先祖伝来の短刀・三ツ具足を売ろうとするが、絡んできた大莫連牛鬼婆を斬り、太宰府に流刑。そこで筑紫探題小武信種に気に入られて女武者の教頭となり、北条頼家の妾腹の娘・三世姫と天満宮の宝剣・天国を鎌倉に遣わす宰領になる。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV半面青痣の不敵な男。高求に睨まれて済州の守備隊長となっていたが、林中捕縛の命を受け、四日四晩に渡る死闘を繰り広げた末に敗北。その後も生辰綱の護衛失敗等、流浪を重ねた末、魯達とともに二竜山を奪い「梁山泊の出城」と称するが、梁山泊には入らなかった。扈三娘に想いを寄せている。(演:佐藤允)
横山基本的設定は原典とほぼ同様。半面を痣に覆われた男。吸毛剣を巡って破落戸を殺した後、どこかに消えた(そのため生辰綱運搬に関わっていない)が、いつの間にか二竜山入りしていた。
沼田基本的に原典同様。梁山泊に心惹かれつつも、高俅とはうまくやってみせると豪語して都に向かうが、応対した高若とはソリが合わず、自ら見切りをつける。その後、絡んできた町の暴力酒場の主人・牛二の片腕を斬って牛二を改心させた。流刑後は原典同様の展開を経て索超と親友になり、索超が生辰綱を狙っていると知った時には、あえてそれを見逃した。その後二竜山に入ったらしく、呼延灼の梁山泊攻撃直前に梁山泊に合流した。
読破宋国きっての剣の使い手で、目深に巾を頭に巻いた男。初めから生辰綱運搬隊隊長として登場。しびれ薬を盛られても立ち上がる闘志を見せるが、晁蓋に諭され完敗を認め、部下のために自ら罪をかぶり一人旅立つ。その後、梁山泊の活躍を聞き、史進武松とともに梁山泊の活躍を聞き、その後三人で梁山泊入りしたらしい。
AKA右目の回りが痣で覆われた官軍提轄使。強いヤツとケンカするのが楽しみで、生辰綱の護衛に雇われる。
月の蛇何故か関西弁で喋る嗜虐的な男。顔に青痣があったが、かつて高俅にそれを疎まれたことから自ら焼いた過去を持ち、顔のことを指摘されるとキレる。史進とともに飛虎討伐に選ばれ、翠華を捕らえていたぶった。おびき出した飛虎を一度は圧倒したが、戦う前に自分に有利な状況を作り出すことをまず考えるという覚悟の足りなさが災いして倒された。
SF
60億清明城次(せいめいじょうじ)。N・S・P第二班で卑怯者を激しく憎む性格。林と対決した際、横から撃ち込まれたレッド・アイの攻撃で片目を失う。超児の心意気に感動して自ら責任を負ってN・S・Pを脱走、とある町で武松らと共に自警団退治に加わる。
水辺右目の周りに刺青らしきものが入った男で、隠械は腕に仕込まれた長剣。国に永遠の忠誠を誓い、元一〇八星が相手でもそれは揺るがなかった。宣贊郝思文と共に関勝に従い梁山泊を攻めたが、関勝から開封に帰還の指示を受け、その途中、呼延灼の不意打ちを受けて致死。
天命体98 腕88 技79 知66 忠97 仁58 勇79 シナリオ1,2で選択可能。忠義がかなり高い。
天導体97 腕88 技76 知79 忠92 仁79 勇90 シナリオ1で選択可能
幻想フリック。解放軍初期のメンバーで、初代リーダー・オデッサとは恋人の仲。オデッサの死後リーダーとなった主人公とはなかなかうち解けなかったが、徐々に認めるようになる。。
幻想2フリック。門の紋章戦争以来の腐れ縁のビクトールとともに、傭兵として都市同盟に助力。祖国に裏切られて逃れてきた主人公を救い、良き先輩として見守る。
幻想3エッジ。星辰剣を持つ少年。口やかましい星辰剣をさらりと受け流すクールな性格。かつて村が吸血鬼に襲われた際にビクトールとフリックに救われ、その際に星辰剣を託された。ビクトールを尊敬している。
幻想4スノウ・フィンガーフート。ラズリル領主の息子で主人公の幼馴染。根は善良だが打たれ弱く、主人公に嫉妬を抱く。後に海上騎士団長に就任するが、皇国に降伏したことで、その座を追われる。その後も主人公と対立するが、最終的に仲間となる。
幻想5ベルクート。修行の旅を続ける流浪の剣士。元闘技奴隷で、ハイア門下で剣術を磨いており、免許皆伝の証であるはやぶさの紋章を宿している。
幻想Tルオ・タウ。スクライブ族の男。冷静で合理的な思考の持ち主で、書の所在を遠方から感知する能力を持つ。前族長の側近を務めており、リウが族長に指名された際にはいち早く彼を認め、補佐役となる。
幻想百オゥヤー。グーグレウォンに住むフェザートライブの弓矢職人。自分の羽毛を矢羽根に使ってしまうほど弓矢作りに打ち込んでいる。現代の宿星。
GR国際警察機構北京支部所属のエキスパート。青色の肌を持つ姉御肌の豪快な女性で、自在に伸びる六尺棒の使い手。戴宗の妻で、夫ともども大作には親のような愛情を注いでいた。大作を守るためコ・エンシャクに戦いを挑み、自爆して果てる。(声:小宮和枝)
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 01:51:05 (1706d)