天貴星  小旋風 柴進

天貴星
渾名小旋風
序列第10位
役職金銭糧秣を管理する頭領
前歴滄州横海郡の大地主(後周皇帝の末裔)
賛詩累代の金枝玉葉、先朝の鳳子竜孫。丹書鉄券家門を護り、万里賢を招いて名振う。客を待つ一団の和気、金を揮う満面の陽春。文を能くし武を会くす孟嘗君、小旋風聡明なる柴進
解説滄州に大邸宅を構える後周最後の皇帝の末裔。宋の皇帝から与えられた丹書鉄券で一種の治外法権が認められた邸内で様々な食客を養っており、林冲武松宋江も世話になった。後に朱仝の怒りを買った李逵を預かっていた折り、叔父の柴皇城を殺して屋敷を奪った殷天錫を李逵が撲殺。彼を逃がしたために高廉に囚われ、拷問の末危うく死刑にされかかるが、高廉を倒した梁山泊軍に救われて入山する。梁山泊では戦場には出なかったが、北京での盧俊義の助命工作、東京の元宵節の灯籠見物の際の宮中潜入など、貴人ならではの働きを見せた。また、方臘戦では燕青とともに名前を変えて敵の本拠に潜入、方臘の娘婿となって油断させ、内側から呼応して方臘を滅ぼす功績を上げた。
結末方臘征伐後、官位を辞して庶民になり、気ままに暮らす。ある日突然、病気でもないのに亡くなった。
遺事第16位。義兄弟の契りを結んだ仲間たち十二人と花石綱を運搬するが、楊志がいざこざから人を殺してしまったため、流刑となる途中を仲間たちと救い、太行山に上って盗賊となる。
(第21位)風有大小 黑惡則懼 一噫之微 香滿太虚
後伝滄州で以前の暮らしに戻っていたが、高廉の弟で滄州知事の高源に難癖を付けられ、牢に入れられる。牢役人の吉孚の機転で処刑を逃れ、飲馬川組に救われた。戦には顔を出さないが、金軍から高宗を宋に送り届ける際に同行している。
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。今孟嘗君と異名を取る貴人。「鶏狗」という、柴進のために生き、柴進のために死ぬ特殊能力者集団を配下に持っており、諜報・攪乱を指揮することもある。
北方滄州の名家の当主。後周の皇室の末裔だが、自分の身分に常に違和感を感じており、晁蓋ら理想に共鳴、協力し、闇塩の北の拠点となる。青蓮寺に捕らわれるが、鄧飛の犠牲により救い出され、梁山泊の兵站担当になる。済州で史文恭に毒を盛られて死亡した。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。代々皇帝許可状が伝わる名家の当主。イラストは長髪を後ろで束ねた美形で、初登場時には「三十代半ばの好男子」と描写される。
新伝第12位。原典とほぼ同様だが、甥のごろつき・柴レンに宋江との関わりを密告されたことがきっかけで高廉に捕らわれた。百八星集結後は四方の好漢を迎え各路の英雄を歓待する頭領。丹書鉄券は高廉に焼き捨てられてしまったが、招安により再度丹書鉄券を与えられ、柴皇荘に帰る。
傾城折滝の節柴(おりたきのふししば)。佐渡国小木の港近くに住む池大納言平頼盛の孫で、中将宰相頼貞朝臣の娘。祖父の代に鎌倉から一万町の永代安堵の御行所を与えられ、頼朝のどんな科があっても七代まで許せという御行書を持つ。越前に住む母方の叔父・藤原正名の荘園を新国司・綾重の配下の剣術使い・大虫猛者平寅武に奪い取られそうになり、力寿が寅武を殺したことで難に遭う。その他は原典にほぼ準拠。
NTV基本的設定は原典とほぼ同様。宋江とは旧知の仲で、放浪中の宋江を匿った。後に叔父の柴皇城が皇帝に信任された上に娘が后候補となったことから高求に睨まれ、無実の罪で追い詰められたところを梁山泊に救われる。(演:田村高廣)
横山原作とほぼ同様。
沼田原典とほぼ同様だが、当初から革命の志を持ち、梁山泊に運命的なものを感じていた。李逵が殷天錫を殴り殺した際も、事件が梁山泊攻めの口実とならないように李逵を逃がし、罪をかぶった。方臘戦の後に隠居したことが語られる。
読破
AKA
月の蛇
SF
60億柴進(しばすすむ)。北海道の大地主で地熱を利用した柴牧場の主。N・S・Pも手を出さないほどの力の持ち主で、N・S・Pに逆らう者にも快く手を貸す。
水辺長髪の美青年。原典同様、後周の皇帝の末裔で身辺は治外法権となっている。晁蓋の相談を受け、その身分を活かして一〇八星の生き残りを国外に亡命されるための安全なルートを整えた。
天命体86 腕62 技69 知75 忠75 仁94 勇49 仁愛がかなり高い。
天導体91 腕73 技69 知82 忠76 仁89 勇81 高レベルの村人技能を持つ。
幻想ウォーレン。北方の大富豪。屋敷には多くの食客を抱えていた。ビクトールとともにカシム・ハジルによってモラビア城に囚われていたが、解放軍に救出される。
幻想2テレーズ・ワイズメル。前グリンヒル市長の娘。父の死後代行を務めていたが、住民の仲間割れが元で王国軍に屈したことにショックを受け、心を閉ざしていた。主人公たちと出会い、市民の熱意に触れて再び立つ。
幻想3サロメ・ハラス。ゼクセン騎士団の「誉れ高き六騎士」の一人で副団長。騎士団では参謀役で、戦略面でのサポートが多い。冷静沈着で、特技は料理。
幻想4シュトルテハイム・ラインバッハIII世。ミドルポ-トを治めるラインバッハII世の御曹司で、後世に名を残す伝説の騎士。見かけは軟弱だが、信念と気骨溢れる好漢で、世界を知るために仲間になる。
幻想5タルゲイユ。ロードレイクのまとめ役。かつてはロヴェレ卿の側近を務める貴族だったが、卿が暴動の責任を問われる形で処刑されたのを機に厭世的になり、その地位を返上している。
幻想Tネイラ。ポーパス族の巫女で一族の最高指導者。普段は物静かで気品ある女性だが、その身に海神ニヌルネダを宿すと言動が一変する。青き流転の書を協会から取り返した主人公に一族を挙げて力を貸す。
幻想百ラスカリス。アイオニア第2枝団長の息子で、母に次ぐ弓の名手。モズロマス、ヤグアスの子孫。ひたすら明るくまっすぐな性格だが、反面気迫に足りないところがある青年。現代の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 12:14:46 (1677d)