天雄星  豹子頭 林冲

天雄星
渾名豹子頭
序列第6位
役職騎兵軍五虎将
前歴八十万禁軍の槍棒班の教頭
賛詩嵌宝の頭盔穏かに戴き、磨銀の鎧甲重ねて披る。素羅の袍上には花枝を繍し、獅蛮の帯は瓊瑶を密に砌む。丈八の蛇矛を緊しく挺し、霜花の駿馬は頻りに嘶く。満山全て喚ぶ小張飛、豹子頭林冲便ち是なり。
解説元・八十万禁軍の槍棒教頭で武術の達人。開封で妻と平和に暮らしていたが、高衙内が妻に目をつけたことにより、友人の陸謙に裏切られて無実の罪を着せられ、滄州へ流罪となる。流刑途中にも命を狙われるが、開封で交誼を結んでいた魯智深に助けられ、柴進の屋敷で静養する。その後は牢城で静かに刑に服していたが、なおも命を狙ってきた陸謙を返り討ちにしたため、柴進の手引きで梁山泊に逃れた。そこで王倫に冷遇され、入山の証として旅人の首を求められるが、そこに通りかかった楊志と互角の戦いを演じ、入山を認められた。その後、晁蓋一行が梁山泊に逃れてきた際に王倫に対する不満が爆発、王倫を討って晁蓋を首領に据えた。梁山泊では騎兵軍の中心として大活躍、数々の敵を倒し、祝家荘戦では扈三娘を生け捕りにした。妻が流刑となった後自害したこともあって高キュウを深く恨んでおり、梁山泊が高俅を捕らえた際には終始睨み付けていた。
結末方臘討伐後、杭州城で中風にかかって全身不随となり、六和寺で療養するが半年後に死亡。
遺事第14位。義兄弟の契りを結んだ仲間たち十二人と花石綱を運搬するが、楊志がいざこざから人を殺してしまったため、流刑となる途中を仲間たちと救い、太行山に上って盗賊となる。
後伝
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。温雅な美丈夫だが、最愛の妻・雪蘭を失ってからは寡黙さを強める。腰には自分の運命を狂わせるきっかけとなった日本伝来の宝刀「鬼斬」を履き、死を恐れぬ白衣の騎馬部隊を率いる。
北方元・禁軍武術師範で槍の達人。叛意を疑われ滄州に流刑となるが、脱獄して梁山泊に潜入、王倫を討って梁山泊を奪う。梁山泊では騎馬隊隊長となり、黒騎兵を率いて神出鬼没の活躍を見せる。妻の死が心の傷となっており、無謀な行動に出ることもある。童貫との最終決戦で味方の後退を助けるために酆美軍の前に踏みとどまり、戦いに悦びを感じながら壮絶な戦死を遂げる
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。イラストでは美形。
新伝原典とほぼ同様。朱富の仲間入り直後の段階で二竜山に赴き、魯智深楊志武松らを糾合した。捕らえた高俅に恨みを晴らそうとするが招安を望む宋江らに止められ、その宋江が高俅に諂うのを見て絶望し、自刎して果てた。
傾城虎の尾の桜戸(とらのおのさくらど)。爲樂院の別当・剛詮法橋の娘で、幼い頃から武芸を好み、女武者所に召しだされ采女に武芸を教えていた。父が亡くなった後、弟子の一人である軟清を婿養子に取ったが、彼が亀菊に懸想されたため受難。罠で院の政を行う岩戸壺の間に入り込んでしまい、佐渡国に流刑となる。その他は原典にほぼ準拠。
NTV本作の主人公。武勇に優れ、義を重んじ正義漢の強い好漢。元・近衛軍の将校だったが、因縁のある高求が近衛軍総司令官となったことから無実の罪を着せられた上、最愛の妻・小蘭を眼前で失うなど苦難の果てに梁山泊にたどり着く。大宋国に平和を取り戻すため、「梁山泊の背骨」として高求の陰謀に敢然と立ち向かう。(演:中村敦夫)
横山原典とほぼ同様。棍を得物とする。
沼田原典と基本的に同様。総髪を鉢巻きで束ねた男で、鼻の上に、流刑になった際の二筋の刺青がある。妻は高若に汚されて自害し、高俅の屋敷に単身殴りこむがあえて殺されず流刑となった。滄州で陸謙らを返り討ちにした後は、私怨からではなく、自分の力を自分の国に捧げる決意で高俅と戦うことを決意した。方臘戦で生き残るが深傷を負い、魯智深の円寂の直後に命尽きる。
読破主人公。原典とほぼ同様経緯を経て流刑される途中を魯智深と陸謙に救われ、陸謙の勧めで梁山泊へ向かう。終盤、妻の秀玲の身を案じて単身開封府に向かい、陸謙と対峙。人質となった秀玲が目の前で自決し激高するも、陸謙の道術・太阿の前に破れ、一度は捕らわれる。晁蓋と陸謙の戦いの最中に関勝に救い出され、陸謙を斬って復讐を果たした。
AKA八十万禁軍武術師範補佐。長髪を後ろで束ねた美青年だが、その風貌に反する荒々しい武技から豹子頭と呼ばれる。子供の頃の体験で人間不信だったが、王進に拾われ、初めて人間としての温かみを知った。戴宗とはいがみ合ってばかりだが、王進を助けられた借りを返すため、旅に同行する。
月の蛇梁山泊で「最強の武」と謳われる人物。世の中全てに絶望しており、盲目でないにも関らず普段は両目を硬く閉じている。飛虎の月の蛇と対になる白い蛇矛を持ち、幾度となく彼の前に立ち塞がりってその度に圧倒、ついには片目を奪った。最後の対決で目を開き、月の蛇の力に目覚めた飛虎と対決するが敗北。瀕死の重傷を負ったが、宋江により飛虎たちを見逃す見返りとして助けられた。
SF竜巻の林中。天球星宇宙軍の主席パイロットで大佐だったが、高求に騙され、麻薬密輸の片棒を担がされた上に口封じに殺されかけた。宋江の手で流刑に減刑され、呉用らに救い出された。
60億林忠(はやしただし)。警視庁刑事部捜査第六課の刑事で銃の名手。密かに浮浪者たちに味方するが、密告で捕らわれる。逃走先で出会った柴進の紹介でO・リーンの組織に行くが、彼のやり方に反発、兆外先生をリーダーにつける。
水辺顎髭のある精悍な男。陰械は腕から出現する長槍。先の戦いの後は国軍に所属し、かつての同志を討つという国の意向に異を唱えず、忠誠心も保っていたが、釈然としない想いを抱えていた。国軍に従うことを拒んだ王進を処断した後、師の仇討ちに燃える史進にあえて討たれて致死。
天命体98 腕92 技77 知54 忠100 仁61 勇80 シナリオ1,2で選択可能。忠義が最高値。
天導体95 腕92 技85 知69 忠91 仁82 勇86 シナリオ1で選択可能。
幻想カシム・ハジル。帝国5将軍随一の剣の使い手でテオの親友。「青い月のカシム・ハジル」の二つ名を持つ。モラビア城を守るが、ミルイヒに説得されて解放軍につく。
幻想2ハウザー。ミューズ市の軍の総司令官。典型的な職業軍人で、政治の領域には立ち入ろうとしない。ネクロードを倒した新同盟軍に参加する。
幻想3ユーバー。真の紋章の一つ、八房の紋章を宿したオッドアイの青年。破壊や混沌を目的としており、目的を同じくするルックに力を貸す。彼を追い続けるペシュメルガとは、同じ顔や武器を持つ。
幻想4イザク。イルヤ島の剣士。大剣を武器とする巨漢だが、物静かで自然を愛する心の持ち主。心の拠り所となる場所を失い続けていたが、主人公と出会い再起する。
幻想5ガレオン。ファレナ女王騎士の一人で最古参。老年ながら円盾と大型の戟槍を自在に扱い、愚直なほどに女王に忠誠を尽くす。シルヴァとは以前夫婦だったが別れている。
幻想Tメギオン。かつてフューリーロアの王の座を巡りダイアルフと争った隻眼の戦士。実力、人望とも伯仲していたが、一族の結束が乱れるのを避けるため自ら身を引いた。ダイアルフ同様、主人公に手を貸す。
幻想百ザヴィド。元・朱キ斧の呪術師でアーロンの側近。主人公に敗れるが、朱キ斧が崩壊し、その蜂起がアイオニアの自作自演であったことを知り、仲間となる。現代の宿星。
GR国際警察機構九大天王の一人だが、劇中には未登場。コミカライズ版では北京支部所属のエキスパートとして登場、スーツ姿で棒術を披露する。
その他「説岳全伝」では、岳飛の師である周侗に武芸を学んだと語られる。秋梨惟喬の某作品には、方臘戦後の姿を思わせる人物が登場する。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 01:51:35 (1501d)