地妖星  摸着天 杜遷

地妖星
渾名摸着天
序列第83位
役職歩兵軍将校
前歴梁山泊の二の頭領
賛詩
解説王倫と共に旗揚げした梁山泊最古参の頭領の一人。巨漢だが王倫には「十人並みの実力」と評されていた。林冲により王倫が殺された際には特に反発せず、晁蓋を新首領として受け容れた。その後は裏方仕事がほとんどで、呼延灼の梁山泊攻めの際に韓滔を捕らえた以外には余り目立った活躍はなかった。
結末方臘征伐の清渓県城攻めの際、敵の騎馬に踏み殺された。
遺事摸著雲杜千。第36位。宋江の顔なじみの漁師で、その紹介で索超らとともに梁山泊へ
後伝
絵巻原典とほぼ同様。柴進の口利きで王倫よりも前に梁山泊にやって来た。何も考えずに王倫の言うがままに動いていたが、晁蓋らと出会って考えを変える。
北方梁山湖の賊の副頭目。思慮深く部下想いな性格。王倫の顔色をうかがっている自分に嫌気がさし、林冲に手を貸す。祝家荘戦で罠にはまって撤退の際、部下を逃がすために最後まで踏みとどまり、体を油で焼かれて戦死。
楊令伝既に故人だが、甥の祖永が登場。伯父のような戦いぶりに憧れる。
ジュニア原典とほぼ同様。イラストでは頭に巾を巻いた醜男。
新伝第94位 地辟星。原典とほぼ同様。百八星集結後は山塞の雑務を管理する頭領。宋江に従い招安を受けた。
傾城天津雁真弓(あまつかりまゆみ)。柴田の残党、梶原彌三郎の余類。流浪して諸国を巡り、折柴に世話になったこともあった。その他はほぼ原典に準拠。
NTV梁山泊の一員。王倫の側に控える髭の男。林中がお尋ね者となったと知り、梁山泊入りを提案した時くらいしか出番がなかった。
横山作中で名前は出てこないが、梁山泊で王倫の両脇にいる人物が該当すると思われる。
沼田原典とほぼ同様。太い眉毛であぐらをかいた鼻の男。
読破
AKA梁山泊の頭領の一人。一人称「ボク」の明るい性格の男。宋万と二人で阿吽金剛を名乗り、入山試験で林冲と対決。巨大な金剛杵・雷電金剛杵を振り回して雷を起こし、宋万の冥利拳金剛杵で自在に誘導する連携技・阿吽の虚空で林冲を苦しめた。
月の蛇
SF
60億模着天道(もちゃくてんどう)。O・リーンの革命組織の一員
水辺ドレッドヘアの男。隠械は腕に仕込まれた棒。元々梁山泊にいた。梁山泊を襲撃した呼延灼らに立ち向かうが、頼みの綱の孫二娘の痺れ薬も効かず、欧鵬に刺されて致死。
天命体84 腕37 技34 知39 忠46 仁27 勇29
天導体82 腕36 技43 知27 忠48 仁42 勇37
幻想ジョバンニ。レパント家の番頭で、主人について解放軍に入る。
幻想2マルロ・コーディー。ティント市長の娘リリィの家庭教師。秀才だが運動オンチで、本の中の英雄に憧れる。コウユウとは親友で、リリィがネクロードにさらわれた際には、二人で救いに出かけた。
幻想3アーサー。新聞記者を夢見て日々特ダネを探す少年。本拠地で壁新聞を作っている。
幻想4ペロー。壁新聞発行担当の新聞記者。自分の文章で人を楽しませることを目指している。ペンによってクールーク軍と戦うため、主人公たちの仲間になる。
幻想5テイラー。新聞記者。我が身を省みない突撃取材で定評がある。「報道は民衆に真実を伝えるためにある」がモットーで、自分たちに都合のいい情報のみ流すゴドウィンに対して怒りと不快感を剥き出しにしている。
幻想Tシスカ。シトロ村のラジム村長の長女でマリカの姉。主人公を母親代わりとなって育て、「主人公のお母さん」を自称する。万事マイペースで、歌が好き。セリフは棒。
幻想百ネルヴァン。魔石職人。知的好奇心の塊で、元々はアイオニア貴族だが独自に歴史を調べる偽装のために職人となった用心深い男。主人公に失われた歴史に関する重要な推理を語る。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:53:04 (1705d)