地走星  飛天大聖 李袞

地走星
渾名飛天大聖
序列第65位
役職歩兵軍将校
前歴徐州芒碭山の山賊の三の頭領
賛詩纓は盔兜の頂を蓋い、袍は鉄掩の襟を遮る。胸は地を拖くの胆を蔵し、毛は人を殺むる心を蓋う。飛刃は玉を攢むるに斉しく、蛮牌は金を画くに満つ。飛天は大聖と号し、李袞は衆人欽う。
解説徐州芒碭山の三の頭領で背に刺した24本の標鎗の遣い手。樊瑞項充とともに三千人の部下を率いて梁山泊を併呑しようとした。先手を打ってきた梁山泊との戦いの中、公孫勝の妖術によって項充ともども捕らえられたが、宋江の説得を受け、樊瑞を説得して三人で梁山泊入りする。梁山泊では、項充と共に李逵鮑旭と四人組となり、団牌で李逵鮑旭の防御役となった。
結末方臘征伐の睦州城攻めで、逃げる鄭彪を追って谷川を渡ろうとしたところにつまづき、矢を浴びせかけられて死亡。
遺事
後伝
絵巻樊瑞の配下で、顔に隈取りを描いた男。標鎗の遣い手で、黄金の猿の群を率いる。子供の頃に猿の群れの中で育てられているのを項充が見つけ、亡くなった弟の名前をつけて李袞と呼ばれている。人語は解すが、自分では話さない。
北方元・盗賊で博州の村の私兵の隊長。心が弱く、卑怯な部分があったが、官軍に追われていたところを匿った盧俊義にそれを見透かされ、生まれ変わるために官軍と戦い梁山泊入り。連環馬の前に戦死。
楊令伝
ジュニア
新伝軒を走り壁を越えて走る絶技の持ち主。若い頃は義賊として活躍したが、老いて過去を悔やんで出家した。侯健焦挺時遷の三人しか弟子を取らなかった。中風で半身不随になり侯健に看病されるが病死。百八星落ち。
傾城「傾城水滸伝拾遺物語」では飛込の雲代(とびこみのくもよ)。席次に名前のみ登場
NTV
横山原典とほぼ同様だがほとんど出番なし。
沼田
読破
AKA
月の蛇猿のような外見と奇声を上げる男。原典通り24本の標鎗と団牌を得物とする。花栄扈三娘の裏切りに備えて連れてきたが、予想通り裏切った扈三娘の捨て身の攻撃を団牌で防御。花栄項充との連携で扈三娘と翠華を追い詰めるが、駆けつけた飛虎に一撃で倒された。
SF
60億
水辺
天命体94 腕44 技53 知47 忠45 仁27 勇34
天導体86 腕47 技86 知17 忠52 仁43 勇48
幻想セルゲイ。カクの自称・発明家。世間には理解されてこなかったが、エレベーターを発明、本拠地に設置する。
幻想2アダリー。サウスウィンドゥの自称・天才発明家。発明の失敗で近所に迷惑をかけている。エレベーターを発明、本拠地に設置する。
幻想3シズ。アダリーの助手のえれべーたがーる。師が作った各地のえれべーたの修理点検を行っていた。
幻想4マニュ。えれべーたの開発・管理者。えれべーたの良さをわかってもらおうと売り込みに必死だが、かえって鬱陶しがられている。
幻想5バベッジ。ファレナが誇る天才科学者で、えれべーた管理人。後に歯車王と呼ばれたほどの歯車マニアで、回転橋や風車などを製作した。話す文章に句読点が一切無いのが特徴的。
幻想Tバルザム。この世界では知られていない技術を駆使する発明家。えれべーたやぽんぷ、ヤードを開発した。実用性よりも技術の追求が優先で、便利なだけのものは決して作ろうとしない。その師は、第11世界の人間と思われる。
幻想百サウ・ジン。クタン人の鎧細工職人。ゼフテロス砦の職人集団の頭領で、童顔に似合わない口髭の持ち主。200年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 02:03:13 (1706d)