地僻星  打虎将 李忠

地僻星
渾名打虎将
序列第86位
役職歩兵軍将校
前歴膏薬売り→桃花山の山賊の一の頭領
賛詩頭尖り骨臉蛇形に似たり、槍棒林中に獨り名を擅にす。打虎将軍心胆大なり、李忠の祖は是れ霸陵の生。
解説元・桃花山の一の頭領で棒術の使い手。旅の膏薬売りだったが、知り合ったばかりの魯智深が人を殺したため、関わり合いを恐れて逃亡。その途中、桃花山で襲いかかってきた周通を破り、一の頭領に迎えられた。魯智深と再会した際に餞別を贈る際に自腹ではなく強盗で稼ごうとしたため、セコさに愛想を尽かされた。その後、呼延灼に山を攻められ、二竜山・白虎山と同盟するが敵わず、梁山泊に助けを求め、呼延灼戦の後梁山泊入り。
結末方臘征伐の昱嶺関攻めで、偵察に出たところを関所を守る龐万春の待ち伏せを受けて射殺された。
遺事
後伝
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。代々武芸で身を立ててきた家柄だったが、落ちぶれて大道芸人に。諦めの人生だったが、魯智深らと金翠蓮を救うことで己の誇りを取り戻した。…が、その後またうだつがあがらない生活に逆戻りし、桃花山の頭領となっていたところに魯智深と再会する。
北方元桃花山の叛徒の副頭目。官軍への戦意だけは強く持っていたが、自分の中途半端な強さをもてあましていた。梁山泊入りした後は、朱仝の副官として双頭山に入り、兵のまとめ役となった。呼延灼戦で重傷を負い、片足を失うが、董万の奇襲に倒されるまで朱仝に信頼されていた。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。罪もない人々から金を奪っていると魯智深には嫌われていた。
新伝第84位 地力星。秦明配下の提轄で、かつて虎を一打ちで倒したのが渾名の由来。飛ヒョウの達人でもある。秦明ともども清風山に投じるが末席になったことが内心面白くなく、キョウ旺に挑むが敵わず心服する。百八星集結後は副驃騎。宋江に従い招安を受けた。
傾城人聚の友代(ひとよせのともよ)。衣手の居合の師。甲斐の城下で大太刀や薙刀を使って香具師をしていた。山賊になってからも大薙刀を使う。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV
横山基本的設定は原典とほぼ同様。史進の昔の師匠として登場した際はお人好しそうな外見だが、呼延灼戦で桃花山の山賊として再登場した際には、ごつい角つき兜をかぶった悪人面という別人となっていた。死亡シーンあり。
沼田原典とほぼ同様。比較的若い細面の男。梁山泊攻めに向かう呼延灼からテキ雪烏騅を盗み出し、梁山泊に合流した。
読破
AKA
月の蛇第一話で周通と共に村で略奪を行っていたところで飛虎と対決。技を「道場稽古」と嘲られた上、得物の鋼造りの棒ごと月の蛇で斬られた。
SF
60億里中(りちゅう)。棒術使いの僧侶。廃棄された動物園に住み着いていた。
水辺スキンヘッドに顎髭の男。得物は棒。宋江らとともに清風山に立て籠もるが、攻めてきた偶人に殺される。
天命体90 腕64 技52 知44 忠50 仁55 勇43
天導体84 腕47 技42 知43 忠43 仁56 勇38
幻想カイ。主人公の棒術の師匠。テオの屋敷で主人公に棒術を教えていた。
幻想2ロンチャンチャン。自分が創始した竜式格闘術の達人でワカバの師匠。食い逃げなど言動に難はあるが、腕は立つ。
幻想3ケンジ。ランニングシャツとジャージに身を包んだ謎の体育教師。毎日朝6時に起床し、一日中トレーニングしている。実は妻子持ち。
幻想4トリスタン。元オベル兵士の青年。自称重病人だが、ユウの処方する薬に頼っている。が、その薬は小麦粉で、全ては本人の思いこみらしい。戦後はオベル王国軍の近衛隊隊長となる。
幻想5ゲンオウ。ビーバーロッジ上流の滝つぼに棲む巨大な亀。千年以上生きてきたため、人語を理解する。主人公軍の知恵袋を気取っているが、老齢ゆえに記憶があやふやで、いまひとつ頼りにならない。
幻想Tウラガン。イクスを追って東の大陸からやってきた殺し屋。自他共に認める観光バカ。気に染まぬ依頼だったためイクスを泳がせておいて、その間に観光を楽しんでいる。イクスの監視のためと称して自分も仲間となる。
幻想百ヤグアス。名門リウイス家の当主で弓の名人。モズロマスの子孫でラスカリスの先祖。迎撃戦後は砂漠で遭難者救助のために定期的に見回りをしている。100年前の宿星。
GR国際警察機構梁山泊のエキスパートで双尾蝎救助隊隊長。梁山泊に現れた十傑集・素晴らしきヒィッツカラルドに真っ正面から立ち向かい誰何するが、真空破で真っ二つにされた。(声:笹岡繁蔵)
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:53:35 (1554d)