地魁星  神機軍師 朱武

地魁星
渾名神機軍師
序列第37位
役職機密管理に協力する副軍師
前歴少華山の山賊の一の頭領
賛詩道服は棕葉を裁ち、雲冠は鹿皮を剪る。臉紅く双眼俊く、面白く細髯垂る。智は張良に比すべく、才は范蠡をも欺く。軍中に人は尽く伏し、朱武は神機と号す。
解説陳達楊春とともに少華山に籠もっていた山賊。陣形の知識に長ける。史進陳達が捕らわれた際に、楊春とともに潔く名乗り出たことで逆に気に入られ、交誼を結ぶ。その後、放浪の末に少華山に戻ってきた史進を頭領に迎えたが、史進が華州で捕らえられ梁山泊に救出された際に、梁山泊入りした。梁山泊では呉用公孫勝を補佐する副軍師役を務め、梁山泊が二手に分かれる際には、盧俊義側の軍師となる。陣法に詳しいらしく、遼国戦では、敵の繰り出す陣形の数々をたちどころに見破ってみせた。
結末方臘征伐後、樊瑞と共に道士となって世間を放浪した後、公孫勝の元で出家し、天寿を全うした。
遺事
後伝二仙山で公孫勝と共に修行に励んでいたが、公孫勝と共に飲馬川に身を寄せる。飲馬川組、後にシャム国の軍師を務めるが燕青の活躍の前にあまり目立たない。
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。あらゆる陣形、軍略に通じた軍学者。三巻の天書から九天八卦陣を解読し、さらに工夫を加え後天周文六十四卦陣や八陣図に発展させた。
北方元・少華山の賊徒。原典同様、史進を頭目として迎え、己の腕に溺れる史進を側面からサポートしてきた。梁山泊入り後は、花栄の下で流花塞の軍師を務め、よく寨を守ったが、宿元景の捨て身の突撃を受けて戦死する。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。入山の経緯は描かれないが、史進はいつの間にか終盤に梁山泊にいたため、同行してきたと思われる。
新伝原典とほぼ同様だが、実戦の軍師として活躍することが多い。家は貧しく幼くして身寄りをなくしたため、村の金持ちの子飼いとなり、そこで軍学を学び、用心棒兼武術師範となったが、そのやり方に嫌気がさし、攻めてきた陳達楊春に味方して少華山に籠った。比較的早い時期に、原典とほぼ同様に梁山泊入りするが、原典よりも軍師としての出番は多い。招安には一貫して反対し、魯智深らに従い二竜山へ去った。
傾城野干玉の黒猿(ぬばたまのくろさる)もしくはぬば玉の黒姫。城小太郎助盛の家の何某かの後家で、さして力はないが、思慮深く謀を好む。女鬼・今板額と三人で鬼女を自称し、戸隠山に籠っていた。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV少華山の山賊で史進の仲間。ビジュアル的には軍師には見えない。(演:内田良平)
横山基本的設定は原典とほぼ同様。隻眼の男。いつの間にか史進を少華山に迎え、呼延灼戦の後に梁山泊入りしたことが語られる。その後の出番はなし。
沼田原典とほぼ同様。髭面で烏帽子のようなものをかぶった中年男。
読破
AKA続編予告に一コマのみ登場。後ろ髪を長く編んだ男で、ビジュアル的には軍師に見えない。
月の蛇
SF
60億神機軍二郎(しんきぐんじろう)。東都大学空手部の黒帯。史郎らと共に武器奪取を目論むが失敗し、お尋ね者に
水辺長い髪の美女。官軍側の一〇八星のおそらくは参謀格だが、好き勝手に行動する連中に振り回され、自らも中途半端に国に疑念を抱いていると呼延灼に見透かされた。一人開封に乗り込んできた宋江に、姿を消せば皆見逃すと勧告するが無視される。
天命体90 腕33 技47 知91 忠72 仁50 勇44 呉用に次いで知力が高い。
天導体86 腕30 技27 知91 忠76 仁40 勇53 一応道士技能を持つ。
幻想レオン・シルバーバーグ。マッシュの叔父で、かつての継承戦争では現皇帝の軍師を務めた。戦後は作戦で廃墟と化したカレッカにて隠遁生活を送っていた。2では王国軍の軍師として、新同盟軍を苦しめた。
幻想2クラウス・ウィンダミア。キバ将軍の息子で、物静かで知的、紳士的な青年。父を補佐する優秀な軍師で、父と共に新同盟軍に投降する。なぜかシエラなどの人外に好かれる。
幻想3アルベルト・シルバーバーグ。ハルモニア神聖国の軍師。レオン・シルバーバーグの孫。表向きにはササライの副官だが、裏では出世のためにルックの手助けをしている。軍師としての思想は祖父レオンに近い。
幻想4ターニャ。本好きの少女。合理的な思考の持ち主で、知識欲を満たすためには驚くような行動力を発揮する。エレノアに憧れて仲間入りし、本拠地では図書館の司書を務める。
幻想5シウス。アゲイト監獄の看守。ルクレティアに心酔した看守の一人で、ルクレティアが主人公軍によって救出された際に同行する。代々軍人の家系であり、本人も規律にうるさく生真面目な性格。
幻想Tギリアム。グレイリッジの協会支部の衛兵長。正義感が強い堅物で、ローガンとは旧知の仲。協会の部隊が撤退した後、街の復興に取り組んでいたが、協会を止めるのが最優先と悟り主人公に協力する。
幻想百マクシモス。アイオニア光葉騎士団の前団長で蒼閃流剣術の創始者。マキアの直系の先祖。ラドニーンと共にアストリッドの警護を務めている。200年前の宿星。
GR
その他秋梨惟喬の「巫蠱記」では、方臘戦後に樊瑞と放浪する中で出会った奇怪な巫術に挑む姿が描かれる。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 01:55:44 (1466d)