地蔵星  笑面虎 朱富

地蔵星
渾名笑面虎
序列第93位
役職諸物を製造管理する頭領 酒酢製造供給管理者
前歴沂州沂水県の居酒屋
賛詩
解説朱貴の弟で沂水県の居酒屋の主人。里帰りした李逵が捕らわれたため、兄を助けてかつての武芸の師である李雲らを盛り潰して李逵を奪還。追いかけてきた李雲を待ち受けて詫びた上で梁山泊入りを薦め、ともに梁山泊入り。梁山泊では居酒屋や酒の醸造などを担当した。招安後はほとんど出番なし。誤解されやすいが、元々営んでいたのは追い剥ぎ居酒屋ではない普通の居酒屋。
結末方臘征伐の杭州城攻めの後、城内で流行した疫病にかかった朱貴の看病に残るが、自分も罹患して病死。
遺事
後伝
絵巻原典とほぼ同様。様々な効果を持つ毒酒を醸す。渾名とは裏腹に滅多に笑わないが、相手に毒酒を飲ませる時には笑顔を見せる。
北方朱貴の異母弟。梁山泊入りする直前に兄が青蓮寺に襲われて死亡し、その後を継ぎ、船着き場の管理を行う。魚肉入り肉饅頭のうまさは兄譲り。最終決戦時に青蓮寺の奇襲を受けて戦死。
楊令伝既に故人だが、異母妹の朱樺と姪の朱杏が登場。李俊が梁山泊へ呼び寄せ、兄譲りのレシピで飯店を営む。
ジュニア原典とほぼ同様。いつも笑顔を忘れないが、優しそうな顔からは想像できないほどの武芸の達人。
新伝第107位 地協星。朱貴の弟。生まれつきなごやかな性格で、いつも笑みを浮べているのが渾名の由来。設定、入山の経緯は原典とほぼ同様だが、特に師匠はいない。百八星集結後は東山酒店担当。招安に反対し、燕順らとともに梁山泊を離れ清風山に籠もる。
傾城朝恵美寿の富崎もしくは朝恵美寿富寿(あさえみすとみじゅ)。男魂があり、夫を持たないで商売をしていた。その他は原典にほぼ準拠。
NTV
横山基本的設定は原典とほぼ同様。原典の楊雄石秀に代わり、李雲とともに祝家荘に立ち寄って祝家荘の野望を知る。祝家荘攻めの際には潜入役となるが、捕まってしまった。
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億朱富夫(あけとみお)。朱貴の弟で、箱根でおんぼろスナックを営む。
水辺目の下に一筋の入れ墨が入った太った男。柴進の下に身を寄せていたが、彼の手引きで国外に亡命。
天命体80 腕32 技33 知64 忠35 仁47 勇20 勇気が108星で最低値。
天導体83 腕20 技18 知58 忠26 仁51 勇40 兄弟揃って忠義が低い。
幻想レスター。シチューを作らせたら右に出る者がいない名人でアントニオの親友。Ⅱではハイ・ヨーへの挑戦者として登場。
幻想2ハイ・ヨー。陽気な天才料理人。新同盟軍の本拠地でレストランを開く。実は裏の料理界をしきる黒竜料理会の元・四天王「セイリュウ」であり、今は会から追われる身。
幻想3メイミ。自分のレストランを開くことを夢見る料理人の少女。ビュッデヒュッケ城に料理店を構えることになる。父はハイ・ヨーの親友バショク。
幻想4ペコラ。ミドルポートのカリスマ主婦。内装好きが高じてインテリア関連の著書を出版している。
幻想5レツオウ。凄腕料理人。得意料理は魚料理全般で、師匠の料理の謎を解くため、娘のシュンミンとともに放浪している。戦後に謎を解き、「黒竜料理会」を組織を結成した。後にハイ・ヨーを追ってデュナン湖周辺を訪れている。
幻想Tワスタム。元ジャナム帝国皇宮の料理長。皇帝や皇妃が料理を酒で流し込むような食べ方しかしないので頭に来て罵倒し、帝国に追われていたが、主人公と出会い意気投合、本拠地の料理長となる。
幻想百ホルテンシウス。タクシスの高級店の有名料理人。尊大で貴族的な風貌の男。迎撃戦に料理人として従軍したが、テラスファルマの死体を見て肉恐怖症になってしまった。200年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:55:49 (1555d)