地羈星  操刀鬼 曹正

地羈星
渾名操刀鬼
序列第81位
役職諸物を製造管理する頭領 家畜の屠殺担当管理者
前歴黄泥岡近くの居酒屋→二竜山の山賊の小頭領
賛詩
解説代々肉屋の家に生まれた家畜を捌く名人。林冲に武芸を学んだこともある。山東に商売に出たが元手を失い、二竜山近くの居酒屋の主人となっていた。店で食い逃げしようとした楊志と知り合い、魯智深を捕らえたフリで相手を油断させ、二竜山を奪う策を立案、楊志魯智深を助けた。その後、自分も二竜山に入り、呼延灼が青州三山を攻めた際に梁山泊入り。その後は目立った活躍はなし。
結末方臘征伐の宣州城攻めで、城壁の上から撃ちかけてきた毒矢に倒れる。
遺事
後伝
絵巻陰気で無口な天才料理人。二丁の包丁を自在に操る。元は相国寺の北に店を出していた林冲の顔馴染みだったが、林冲の受難と共に行動を共にする。後に魯智深宛の手紙を持たされて二竜山に行き、麓で耳の不自由な少女・楓児と居酒屋を開く。その後はほぼ原典と同じ。
北方密州・北京大名府の妓館の主。畜肉の解体に巧み。単なるごろつきだったが、盧俊義の間者だった兄が青蓮寺に殺された怒りから、叛乱に協力するようになった。最初は二竜山と桃花山の情報・人員担当、後に各拠点の兵站担当となる。最終決戦前に、非戦闘員を受け入れるために揚州に拠点を移した。
楊令伝当初は洞庭山で新兵の調練を担当。その後は交易品の管理を担当し、自由市場が各地で開かれてからは南方の越李朝との交易路を開拓した。
ジュニア原典とほぼ同様。若い頃に林冲に弟子入りしていた。いつの間にか二竜山入りしていた。
新伝第98位 地屠星。もと肉屋。兗州で放浪中の楊志と出会い、義兄弟となって、二年ほど家に置いていた。生辰綱を奪われた楊志と再会して以降は原典同様。高俅戦後に、魯智深らに従い二竜山へ去った。
傾城山盛屋のお剛(こわ)(席次表では鬼神の指加(おにがみのさすか))。金剛山近くの北山村のそばで立場茶屋を開いている。元は京の人間で、櫻戸に武芸を習っていたが、彼女が捕らえられたため巻き添えを恐れて逃亡、金剛山近くまで来て、従兄弟の赤八と出会い、結婚して店を開く。店を訪れた青柳や妙達を助けて金剛山を取らせ、後に入山。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV
横山
沼田姿や仲間入りの経緯は描かれないが、二竜山の梁山泊合流の際に名前が挙げられる。
読破
AKA
月の蛇
SF
60億曹正二(そうせいじ)。とある町の肉屋。迷い込んだ行者たちに包丁で襲いかかるが、後に行者たちの自警団退治に加わる。
水辺林冲と行動を共にする黒髪の青年。林冲史進に討たれる覚悟であることを知っており、林冲の死に涙を流した。
天命体86 腕52 技58 知36 忠68 仁20 勇26 仁愛が何故か宣贊と並んで108星で最低値。
天導体86 腕36 技28 知35 忠46 仁42 勇36 一応酒屋技能を持つ。
幻想メグ。叔父であるジュッポに憧れて家を飛び出した少女。好奇心が強く、後先は考えない性格。
幻想2メグ。からくり丸と修行の旅に出ている少女。実力はまだ半人前。冒険を求めて新同盟軍に加わる。
幻想3ベル。からくり師でメグの娘。数年前に失踪した母を捜してからくり丸Zとともに旅をしている。ヒューゴに対して淡い恋心を持つ。
幻想4リタ。ゲーム好きの少女。活発だがかなり負けず嫌いな性格。本拠地では麻雀に似たゲーム「リタぽん」を担当。巨大ハンマーを武器に戦闘でも活躍する。
幻想5ルウ。バベッジ工房に通う好奇心旺盛な少女。ソレンセンを弟子1号と呼ぶ。愛用のリボルバー式の連発クロスボウは、バベッジの発明品でソレンセンが組み立てたもの。
幻想Tミーネ。ライテルシルト連合王国ヴェルファー機関の女性猟兵でゲシュツの部下。銃の開発技術にも詳しい。実は良家の生まれ。
幻想百ルージン。クタン人の血を引く指輪職人。面倒見が良い性格で、ティオス砦の職人集団のまとめ役。未来のために砦にアイテムを埋めて残す。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:52:08 (1587d)