托塔天王 晁蓋

渾名托塔天王
序列
役職新生梁山泊の初代総頭領
前歴東渓村の保正
賛詩
解説元・東渓村の名主で、義侠心に富んだ豪傑として、数々の好漢に慕われていた人物。その名を慕ってやって来た劉唐から、北京留守司・梁中書が蔡京に送る生辰綱十万両強奪を持ちかけられ、強奪を決意。呉用ら七人+白勝の力を借り、棗売りに変装して首尾良く強奪に成功したが、事が露見して宋江朱仝雷横らに助けられて梁山泊に逃れ、林冲が王倫を殺したことで新たな首領に迎えられた。その後、江州で宋江を救出した以降は、前線に立つことがなくなったが、曾頭市戦で久々に出陣。しかし史文恭の罠にはまった上に毒矢に当たり、史文恭を討った者を次の首領に、という遺言を残して亡くなった。死後は宋江の病気を予言したり、敗走する史文恭を妨げるなど数々の霊験を示した。
結末曽頭市攻めで史文恭の毒矢を受けて死亡。仇を討った者を次の統領にという遺言を残す。
遺事鉄天王晁蓋。番外。八人の仲間とともに蔡太師へ献上される財宝十万貫を強奪するが、事露見して太行山梁山泊に走り盗賊となる。宋江が梁山泊に来た頃には既に死んでいた
(鉄天王晁蓋 第34位)毗沙天人 證紫金軀 頑鐵鑄汝 亦出洪爐
後伝
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。かつて親友だった西渓村の史文誠とやむを得ず決闘した末にこれを破り、弟の史文恭に恨まれている。曽頭市攻めの際、托塔天王(毘沙門天)が憑いたような活躍を見せるが、史文恭の矢を額に受けて死亡する。遺言ではなく「替天行道」の言葉を遺す。
北方元・東渓村の保正。英雄としての風格を持ち、軍人として天才的なセンスを有する。かねてより革命の意志を持ち、偶然近くで同様の志を抱いていた宋江と知り合い、手を組む。東京開封府の攻撃時期をめぐって、慎重派の宋江との対立が生じる中、曽頭市戦の後に従者として潜入していた史文恭に暗殺される。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。イラストでは出っ歯気味でドジョウ髭。曾家の馬戦車に苦戦する中、右肩に毒矢を受けて死亡。後に亡霊となって史文恭を追い詰めた。
新伝原典とほぼ同様だが、宋王朝と対決する革命路線を志向していたと言われる。
傾城夜叉天王の小蝶(やしゃてんのうのこちょう)。天王寺東生村の庄役。親が亡くなっても婿を取らず、武芸と算筆の技に優れたことから親同様庄役となった。中津川のほとりに出没する妖怪を鎮めた石塔を担いできたことがある。大綸を倒して三世姫を奉じて江鎭泊の主となった後は、京の亀菊と鎌倉の義時を倒して三世姫を世に出すことを悲願とする。その他はほぼ原典に準拠。
NTV原典とほぼ同様。王倫に次ぐ梁山泊の首領となるが、東渓村を占拠した曽家の三男・曽索の毒矢を受けて死亡した。登場エピソードと退場エピソードにしか登場しない。(演:山形勲)
横山原典とほぼ同様。
沼田原典とほぼ同様。尖った禿頭にドジョウ髭の男。あえて死を選んだ王倫の心中にも気付いており、早くから宋江が梁山泊の首領となることを望み、自らは仮の首領と自認していた。かつて食客であり、家宝の弓を奪って逃げた史文恭に、その弓から放たれた矢で殺される。
読破セミロングの髪の男。原典とほぼ同様経緯で梁山泊の頭領となる。決戦で陸謙の術を封じ、兵を説得するため、公孫勝の符を手に神行法で単身突入。自ら陸謙の刃を受け、その隙に術を封印して斃れる。
AKA東渓村の保正。酒と煙草好きで、気まぐれな性格の男。民衆を救うため宋を倒すという野望を持ち、北斗七星が家に降る夢を見たことをきっかけに、仲間七人による生辰鋼の強奪を計画する。
月の蛇
SF
60億天王寺兆外(てんのうじちょうがい)。東都大学教授。正義感は強いが腕っ節は弱い。甥の誘いに乗ってN・S・Pの食料を奪った後、O・リーンの跡を継いで「氷山」のリーダーとなる。実は12使徒・乙女座のマタイの生まれ変わりだったが、師の言葉に逆らい、自分の仇討ちを禁じて亡くなる。
水辺一〇八星の生みの親というべき女性科学者。隠械開発メンバーの一人であり、宋江らの父・宋博士の助手だった。先の戦いの後は軍を辞め、梁山泊にいたが、官軍の不穏な動きの前に、一〇八星の後ろ盾となる。清風山の戦いの最中、裏切り者の刃の前に斃れる。実は宋江の失われた記憶に密接な関わりを持つ。
天命体89 腕72 技70 知27 忠96 仁68 勇76 シナリオ2,3で選択可能。開始時点で戦死しているため、シナリオ4には登場しない。
天導体95 腕81 技72 知68 忠86 仁79 勇85 シナリオ2で選択可能。高レベルの村人技能を持つ。
幻想
幻想2
幻想3
幻想4
幻想5
幻想T
幻想百
GR国際警察機構の総本山・梁山箔を築き上げた創師。「真実とは問いかけることにこそ、その意味もあれば価値もある」の教えを残した。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 01:47:51 (2013d)