地伏星  金眼彪 施恩

地伏星
渾名金眼彪
序列第85位
役職歩兵軍将校
前歴孟州の牢城の典獄の若様(快活林の顔役)→二竜山の山賊の小頭領
賛詩
解説元・孟州の牢城の典獄の若様。蒋忠に叩きのめされて顔役をしていた快活林を奪われたところに武松が流刑となって来たため、その力を借りて快活林を取り戻した。これがきっかけで後に武松が罠にはめられ、鴛鴦楼の大殺戮を起こしたため、自分も孟州にいられなくなり、二竜山の頭領となっていた武松を頼った。呼延灼戦後、梁山泊に加わるが、目立った活躍はない。
結末方臘征伐で水軍の応援に常熟へ向かった際に船から落ち、泳げなかったため溺れ死んだ。
遺事
後伝
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。お坊ちゃん育ちの美少年で着道楽。透き通るように色の薄い瞳は、人に見えない亡霊などが見える。鴛鴦楼で罠にはまった武松を救い、二人で逃走。それ以来、常に行動を共にする。
北方官軍の兵士。反権力意識を持っていたが、貧しい家族の為に官軍の徴兵に応じた。大原府で宋江らを捕らえるために狩り出されるが、偵察中に誤って石組みから落ち、偶然宋江らの目の前に落ちてそのまま同志に加わる。九竜寨の遊撃隊隊長となるが、連環馬の前に戦死。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。色白の若者。飛ぶハエを斬り落とすほどの腕前で、孟州にすごい武芸者がいると武松にもその名を知られていた。いつの間にか二竜山入りしていた。
新伝第92位 地異星。原典とほぼ同様だが、武松が無実の罪で捕らわれた際、巻き添えで父が職と財産を失った末に亡くなり、張青夫婦と合流して二竜山に入る。高俅戦後に、魯智深らに従い二竜山へ去った。
傾城二藍紫苑(ふたあいのしおん)。背が高く若衆めいた顔立ちの娘。牡鹿島の流人預・島守鵜太夫の娘で、子供の頃から武芸を好み、婿を欲しがらなかったため、父が河堀の里に武芸の稽古所と酒店を開いたが、河堀の領主・横島傔仗照行に縁ある大女・毛門神野衾に叩きのめされ、竹世に助けを求める。竹世の逃亡後、両親が亡くなり、竹世の巻き添えを恐れて金剛山入り。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV
横山
沼田姿や仲間入りの経緯は描かれないが、二竜山の梁山泊合流の際に名前が挙げられる。
読破
AKA
月の蛇
SF
60億シオン・ゴールド。菜園子の植物園で捕らえられた無銭旅行中の大学生。射撃部でライフルを持ち歩く。自警団退治に参加する。
水辺
天命体79 腕40 技48 知54 忠39 仁46 勇29
天導体90 腕41 技51 知57 忠41 仁58 勇52 高レベルの商人技能を持つ。
幻想アップル。マッシュの弟子。師を心から尊敬しており、再び戦争の道に引き込んだ主人公を初めは恨んでいた。
幻想2アップル。亡き師の伝記を書き残すため、彼の足跡を追い旅を続けていた最中、ビクトールたちと再会し、共に帝国と戦う。軍師としては未熟だが、その熱意でシュウを動かした。
幻想3アップル。亡き師の伝記を完成させるために旅をしている。シーザー・シルバーバーグの師匠のような役割。かつて結婚していた時期があったが、夫の浮気が原因で離婚している。
幻想4アグネス。エレノアの弟子兼世話係。エレノアの身の回りの世話一般を行いつつ、軍師の勉強に励む。
幻想5レレイ。アゲイト監獄の女看守。収監されたルクレティアの身辺の世話を任されていた。ルクレティアの人柄に感銘を受けて兵学を学び、ルクレティアが王子軍によって救出された際に仲間に入る。自分の高い身長がコンプレックスになっている。
幻想Tレン・リイン。スクライブの少女でリウの幼なじみ。族長ラオ・クアンの身の回りの世話を任されていた。リウが新族長となったことから、ルオ・タウとともに主人公に協力する。
幻想百レーテ。リファイアントの魔術師。余命幾ばくもないことを覚悟しており、ペリエの森でニクンバと穏やかに過ごしている。最終決戦の数日後に命が尽きたという。200年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 12:46:21 (1466d)