天平星  船火児 張横

天平星
渾名船火児
序列第28位
役職四方の塞を守る水軍頭領
前歴江州潯陽江の船頭(追い剥ぎ)
賛詩七尺の身躯に三角の眼、黄髯赤髮、紅の睛。潯陽江上に声名有り、波を沖くこと水怪の如く、浪に躍ること飛鯨に似る。悪水狂風都て懼れず、蛟龍見る処魂驚く。天列宿を差して生霊を害す。小孤山下に住し、船火張横と号す。
解説尋陽江の追い剥ぎ舟の船頭で張順の兄。李俊穆弘とは江州を三分する兄弟分の間柄。穆弘といざこざを起こして逃げる宋江を乗せ、追い剥ぎを行おうとしたが、李俊の取りなしで非礼を詫び、宋江に弟のことを教えた。その後、江州で宋江が処刑されかけた際、李俊張横らと駆けつけ、宋江を助けた梁山泊軍を船に乗せて救出し、梁山泊入りした。梁山泊では水軍の頭領として大活躍したが、関勝戦では抜け駆けしようとして捕虜になっている。招安には激しく反発したが戦場では変わらず活躍、方臘戦では死んだ張順の霊に取り憑かれて敵指揮官の方天定を討った。
結末方臘征伐の杭州城攻めの後、城内で流行した疫病にかかり戦線離脱。城に留まったが、回復せず病死。
遺事火舡工張岑。第35位。宋江の顔なじみの漁師で、その紹介で索超らとともに梁山泊へ
(第11位)太行好漢 三十有六 無此火兒 其數不足
後伝
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。江州三覇の一人で顔の左半分がひきつった男。穆弘とは積年の好敵手で、眉から頬にかけてかつて穆弘につけられた刀傷がある。曽頭市に抜け駆けして潜入して捕らわれ、拷問で瀕死となり、脱出途中に一度命を落とすが、還童泉の不思議な力で復活した。
北方元・江州の飛脚屋で、張順の異母兄。兄のような存在である戴宗の下で、同志との連絡関係を取り仕切っていた。梁山泊では通信網の構築にあたる。次男の張平の盗癖に悩み、一度は共に死のうとすら考えたが、子午山で王進と出会い、息子を預ける。
楊令伝引き続き通信部門を担当し、飛脚による通信網を金や西遼や西夏まで拡げた。童猛が長江の水深を測る際に南宋軍の襲撃を受け、死んだ同志たちのところに行けると喜びながら死ぬ。長男の張敬は潜水部隊長として活躍、張平は更正して楊令の下で黒騎兵・青騎兵として活躍した。
ジュニア李俊の昔の子分。江州では登場せず、いつの間にか入山していた。宋江不在の間に関勝が攻撃してきた際、李俊に誘われ弟ともども敵の本陣に奇襲攻撃をかけるが、作戦を読まれていたため、待ち伏せをくらい、自ら身を呈して二人を逃した。
新伝第29位 天剛星。原典の李俊に当たる役回り。童威に毒を盛られた宋江を助け、その後も周通に追われて童猛の舟で追い剥ぎされかかった宋江を再度助ける。宋江に従い招安を受けた。
傾城丸木船の横鯛(まるきぶねのよこたい)。逞しい船頭で武芸と水練の達者。隅田川より東の方を縄張りとする。父は上総広常の家臣だったが、讒言で広常が討たれたため、隅田川で漁をして暮らしていた。向島で追い剥ぎ渡し守を生業としており、仕事の際は冷麦(身ぐるみ剥いで川に斬り沈める)か花巻蕎麦(簀巻きにして沈める)か聞く。後に後悔して足を洗うも、大箱の荷物を見て悪心を起こした。その他はほぼ原典準拠。「傾城水滸伝拾遺物語」では原典とは異なり、こちらが百草を迎えに行った。
NTV
横山江州の三大親分の一人。隻眼で頭巾をかぶった男。李俊穆弘とともに宋江と出会うが、その後は名前しか登場せず、いつの間にか梁山泊に入っていた。
沼田
読破
AKA
月の蛇闇の渡し船で稼いできた残忍な男。胆力だけで技量が上の相手も屠ってきた。李俊により飛虎が誘き出された間に翠華を襲撃するが、青慈の計で部下共々あっさりと討たれる。
SF
60億張横(ちょうおう)。双子の兄弟で元貨物船の船員。氷山とパシロザウルスを最初に目撃した一人。船がN・S・Pに没収された後、柴進の元でホバークラフト船長となる。
水辺
天命体90 腕61 技68 知28 忠69 仁45 勇54
天導体90 腕68 技76 知40 忠81 仁52 勇76 高めの船乗り技能と盗賊技能を合わせ持つ。
幻想タイ・ホー。カクの街の漁師。伊達と酔狂で生きている気まぐれな男で、博打に負けて主人公に味方する。
幻想2タイ・ホー。キンバリーから逃れるように都市同盟にやって来た際に主人公と出会い、手を貸す。
幻想3エース。ハルモニア神聖国地方軍南部辺境警備隊第十二小隊会計係。隊内の財政一般を任されているが、女性に対して軍資金を使い込むこともある。かつてはギルバートの傭兵隊に所属していた。
幻想4シラミネ。ウゲツの兄弟子に当たる漁師。優しく大らかな人物で。ウゲツに魚と間違えられて釣り上げられ、そのまま仲間となり、本拠地で引き網漁を担当する。
幻想5ランス。リューグが騎乗する赤い雄の竜馬。幼い頃から気性が荒く誰も近づけなかったが、自分と一昼夜格闘した末に乗りこなしたリューグを、乗り手として認めた。
幻想Tクロデキルド。アストラシア王国第一王女で冥夜の剣士団団長。宝剣ディバインエッジの片方を継承し、剣の姫と呼ばれるほどの達人。祖国が協会に占領された後は帝国に亡命していたが、そのやり方に愛想を尽かして主人公の仲間に加わる。
幻想百グワイニー。グーグレウォンの長で呪石職人。ブートゥルーガの兄。臆病と思われるほど慎重だが、ここぞというときの決断力と統率力は持っている。現代の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 13:18:20 (1614d)