天魁星  及時雨 宋江

天魁星
渾名及時雨/呼保義
序列第1位
役職総頭領
前歴済州鄆城県の押司(上級書記)
賛詩花村の刀筆の吏自り起こり、英霊は上天星に応し、財を疏じ義に仗り更に多能なり。親に事えては孝敬を行い、士を待っては声名有り。弱きを済い傾くを扶けて心慷慨、高名は冰月と双んで清く、及時の甘雨と四方称す。山東の呼保義、豪傑宋公明。
解説色黒で風采の上がらない小男だが、義を重んじ財を軽んじることで天下に知られた好漢。ウン城県の小役人だったが、生辰綱強奪が露見した晁蓋を逃がしたことを妾の閻婆惜に知られ、勢い余って殺害、柴進の元に身を隠し、そこで武松と義兄弟となる。その後、花栄に会いに清風塞に向かう途中で清風山の山賊と交誼を結ぶが、それがきっかけで官軍に追われ、からくも脱出。父の薦めで自首して江州に流刑となった。そこで度々命の危険に遭いながらもその度に好漢たちと交誼を結ぶが、酔って書いた叛詩が元で捕らわれ、死罪となるところを梁山泊軍に救われて梁山泊入り。その直後、父を迎えに行った際に追われて逃げ込んだ廟で九天玄女と出会い、三巻の天書を授けられた。梁山泊では晁蓋に代わって実戦の指揮官として戦い、そのカリスマで数多くの好漢を梁山泊に引き入れた。晁蓋の死後は替天行道・忠義双全を旗印に、朝廷に尽くすことを望み、招安を受けた。
結末方臘征伐後、蔡京らの企みで下賜された毒酒を飲んで死ぬ。その際、自分の死で李逵が反乱を起こすのを恐れて道連れにした。
遺事呼保義宋江。鄆城県の押司。晁蓋を逃れさせ、索超らを梁山泊に紹介した。その後、密通していた閻婆惜を殺害、逃走中に九天玄女の天書を授かって三十六将の姓名を知り、梁山泊へ走る。
(呼保義宋江 第1位)不假稱王 而呼保義 豈若狂卓 專犯忌諱
後伝既に故人だが、李俊の夢に現れ、自分たちのやり残した仕事を仕上げて欲しいと告げて四句の詩を残す。
絵巻鄆城県の押司。底抜けのお人好しで、周囲への施しですぐに金を使い果たし、宋清に迷惑をかけてきた。あまりに冴えない風貌のため、出会った人間は評判との違いに驚くことも多い。梁山泊に加わってからは、人の良さの中に、どこか底知れぬものを見せるようになる。
北方元・鄆城県の下級役人。国の腐敗を憂い、新たな社会を作るための革命を志して「替天行道」を記し、梁山泊の思想的な柱となる。普段は茫洋としているようだが、内面には激しいものを持つ。路線対立もあったが、晁蓋の死後梁山泊の首領として全てを背負って立ち、梁山泊崩壊時は楊令に介錯をさせて炎上する梁山泊と運命を共にした。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。イラストでは剽軽な表情をした人物。法律や政治に大変詳しい人物。円婆さんの娘の惜子と無理矢理婚約させられたが、もみ合っているうちに誤って短刀が突き刺さり、惜子が死んでしまったためお尋ねものとなる。戦いの後は皇帝を助け、新たな国を作る上で最も大事な役割を果たした。
新伝原典とほぼ同様だが、百八星集結後には陰険さ・姑息さを露わにして招安のために暗躍。反対派を排除してついに招安されるが、方臘討伐後に毒殺されたという。九天玄女の天書や百八星の碑は自分の権威付けのための自作自演だった。
傾城春雨の大箱(はるさめのおおはこ)もしくは薄墨の大箱、男魂の大箱。天王寺村の隣村の宋公明村に住む、天野判官遠光の女右筆。色黒だが人柄よくおとなしげな女性で、武芸も一通り修めるが、特に馬上の駆引きの達者。天性物を書く技を得意とし、右筆だった父の亡き後、役を継いだ。騰魚(おこぜ)という老婆の息子・義太吉を世話する羽目となったが、小蝶からの手紙を巡って彼を殺し、お尋ね者となる。その他はほぼ原典準拠。
NTV元・開封の刑部の頭。公明正大で人情に厚い人物で、林中たちの危機を幾度となく救った。高求にも才を評価され、近衛軍参謀にも誘われたが、断ったため罠にはめられ、お尋ね者となった。放浪の末に梁山泊に加わるが、首領にはならなかった。髭がトレードマーク。(演:大林丈史)
横山原典とほぼ同様。ちょっと目つきの悪い男。剣を取ってもなかなか強い。殺したのが閻婆惜ではなく、晁蓋の手紙を手に入れたごろつきだったなど、原典よりはイメージが良い。
沼田原典と基本的に同様。閻婆惜に慕われていたが、その想いに応えずにいるうちに、悪党に奪われた晁蓋からの手紙を取り返そうとして斬られた閻婆惜殺しの罪を負わされる。その後、清風山で出会った閻婆惜と瓜二つの劉高の妻に強く惹かれ、一夜を共にするが裏切られ、後に自らの手で斬った。方臘戦後、そうと知りつつ敢えて皇帝から与えられた毒酒を飲み、付き合ってくれた李逵と共に踊りながら「永遠なれ梁山泊!」の言葉とともに息絶える。
読破大名府上級役人。口髭がダンディな色黒の中年。晁蓋を逃がすが、そのため大名府に30万貫の追加の税がかけられたと知り、自ら犯人として名乗り出る。その後は原典の江州編と同様の経緯を経て梁山泊入り。
AKA替天行道の頭領。表の顔は鄆城県の役人で、穏やかな青年だが、宋と戦うため、密かに百八人の同志を集めんとしている。宿星の存在を知り、その動きを感じることが可能で、戴宗を軽いビンタで吹き飛ばすほどの力を持つ。続編予告によればこの後捕らわれて李逵の隣の牢に入れられるらしい。
月の蛇梁山泊を束ねる総統。色黒の小男で、仲間には優しいが、その仲間を傷つけた者に対しては女子供でも容赦しない二面性を持つ人物。役人だった頃に宋国に絶望し、梁山泊による強力な国家作りを目指していた。そのため、優秀な人物は敵でも迎え入れようとする。飛虎を仲間に誘うも拒絶されるが、林冲の命と引き替えに飛虎と翠華を見逃した。
SF天球星政府では最下位のしがない掃除夫だったが、プログラミングに天才的な才能を持ち、政府そのものとも言える存在となった男。密かに善政を行ったため民衆には<恵みの雨>と呼ばれる。本人は全く無欲で滅多に感情を見せないが、他人の長所を見抜く力を持つ。
60億宗公明(そうきみあき)。東都動物園の課長の息子。後に東都大学に入学するが、そこで九紋らのクーデター計画に巻き込まれ、N・S・Pに睨まれる。その後も次々と事件に巻き込まれ、兆外先生の「氷山」に身を寄せることとなる。
水辺及死雨宋江。原則一人一つの隠械を全身に埋め込み、体の至る所から刃を出す。一見穏やかで明るい性格だが、感情を内に溜め込むタイプ。先の戦いの後は宋清李逵と静かに暮らしていたが、突然軍に追われ、逃亡することになる。先の戦いの際に道君皇帝と交わした約束を信じ続けるが…。ある事件がきっかけで晁蓋に少年時代の記憶を封印されており、蔡京とは因縁を持つ。
天命体86 腕47 技54 知76 忠81 仁100 勇62 シナリオ2,4で選択可能。さすがに仁愛は最高値。
天導体89 腕54 技66 知82 忠84 仁100 勇67 シナリオ2,3で選択可能。今回も仁愛は最高値
幻想主人公。帝国五将軍テオ・マクドールの息子。親友テッドの持つ呪われた紋章「ソウルイータ-」を受け継いだ為に帝国から追われることとなる。後に解放軍のリーダーとなり、トラン共和国樹立の原動力となった。戦後は、グレミオと共に静かに隠棲している。
幻想2主人公。かつての都市同盟の英雄ゲンカクに育てられた少年。王国軍の少年部隊に入ったことで戦乱に巻き込まれ、その中で真の紋章の一つ・輝く盾の紋章を受け継ぐ。新同盟軍のリーダーとしてデュナン統一戦争を戦い抜いた。
幻想3トーマス。無名諸国出身の少年。一見頼りない少年だが責任感が強く城中では人望も集めている。母子家庭に育ち、母の死後厄介払いとしてゼクセン辺境のビュッデヒュッケ城の主に据えられる。英雄戦争中では城を連合勢力の本拠地として解放した。
幻想4主人公。身よりのない少年で、スノウの友人兼小間使いとして育つ。後に海上騎士団に加わり、団長から「罰の紋章」を継承するとともに、団長殺しの濡れ衣で追放・流刑に処された。その後リノ・エン・クルデスと出会い、群島諸国軍のリーダーとなる。
幻想5主人公。ファレナ女王国女王アルシュタートの子。男子のため王位継承権を持たないが、女王の勅命で各地を見て回っている。太陽の紋章の眷属である黎明の紋章を持つ。ゴドウィン家が起こした陰謀に巻き込まれ、祖国奪還のために戦う。
幻想T主人公。シトロ村自警団に所属していた少年。一見礼儀知らずで無鉄砲だが、非常に前向きな性格で、口癖は「やってみなけりゃわからねぇ」。突如現れた遺跡で書を発見したことをきっかけに、やがて協会と対峙し、反協会勢力を率いることになる。
幻想百主人公。テルベの里の剣士。亡き母シグニイから蒼閃流剣術を学んでいる。幼なじみのミュラ、ジーノとともにテラスファルマに最初に遭遇したことが物語の発端となり、宿星の中心人物として時代樹やテラスファルマの謎に挑む。現代の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 01:46:56 (1466d)