地魔星  雲裏金剛 宋万

地魔星
渾名雲裏金剛
序列第82位
役職歩兵軍将校
前歴梁山泊の三の頭領
賛詩
解説王倫と共に旗揚げした梁山泊最古参の頭領の一人。筋骨隆々とした大男であるが、王倫には「十人並みの実力」と評されていた。林冲により王倫が殺された際には特に反発せず、晁蓋を新首領として受け容れた。その後は裏方仕事がほとんどで、方臘討伐で百八星最初の死者の一人となった際、宋江に「特別な手柄を立てたことは無かった」と言われてしまった。
結末方臘征伐の潤州城攻めで、乱戦中に矢に当たり、梁山泊軍最初の戦死者の一人となる。
遺事
後伝
絵巻原典とほぼ同様。柴進の口利きで王倫よりも前に梁山泊にやって来た。何も考えずに王倫の言うがままに動いていたが、晁蓋らと出会って考えを変える。
北方梁山湖の賊の副頭目。王倫の卑小さに嫌悪を抱き、林冲に手を貸す。梁山泊では歩兵隊長を務めるが、祝家荘戦で罠にはまって撤退の際、部下を逃がすために最後まで踏みとどまり、全身に矢を受けて戦死。
楊令伝既に故人だが、方臘の名もない護衛隊長の姿に呉用宋万を連想、宋万と呼ぶようになった。
ジュニア原典とほぼ同様。
新伝第93位 地開星。原典とほぼ同様。百八星集結後は山塞の雑務を管理する頭領。宋江に従い招安を受けた。
傾城女仁王杣木(おんなにおうそまぎ)。柴田の残党、梶原彌三郎の余類。流浪して諸国を巡り、折柴に世話になったこともあった。その他は原典にほぼ準拠。
NTV
横山作中で名前は出てこないが、梁山泊で王倫の両脇にいる人物が該当すると思われる。
沼田原典とほぼ同様。眉毛の繋がった男。
読破
AKA梁山泊の頭領の一人。無口な男。杜遷と二人で阿吽金剛を名乗り、入山試験で林冲と対決。杜遷が雷電金剛杵を振り回して雷を起こし、自分のメリケン・冥利拳金剛杵で自在に誘導する連携技・阿吽の虚空で林冲を苦しめた。王倫に自分に付くよう誘われていたが、反抗して戴宋らに味方する。
月の蛇
SF
60億金剛万(こんごうよろず)。O・リーンの革命組織の一員。林に心酔し、O・リーンが殺された際にも真っ先に林を庇った。
水辺髪を短く刈り上げた男。隠械は腕に仕込まれた棒。元々梁山泊にいた。梁山泊を襲撃した呼延灼らに立ち向かうが、頼みの綱の孫二娘の痺れ薬も効かず、馬麟の刃に斬られて致死。
天命体87 腕34 技30 知34 忠34 仁25 勇28
天導体84 腕32 技23 知30 忠44 仁28 勇39
幻想タガート。ウォーレン家の使用人。モラビア城に捕らわれた主人を救い出すため、解放軍に助けを求める。
幻想2ムクムク。グリンヒル周辺に生息する赤いマントのむささび。五色のマントをつけたむささび隊のリーダー。
幻想3コロク。平頭山にいた雑種犬。人なつこい性格で、城のマスコットとして飼われる。首に巻かれた風呂敷の中には小石が詰まっている。
幻想4オレーグ。ネイ島の発明家。カメラを発明したが、周囲からは理解されず、変わり者扱いされている。
幻想5マルーン。ビーバー五兄弟の長男。ビーバーロッジの若頭的立場で、保守的なビーバーにしては珍しく好奇心旺盛。内乱平定後はフワラフワルの後を継いで族長になった。
幻想Tナムナ。巫女ネイラと海神ニヌルネダに仕えるポーパス族の神官。ネイラが留守の間、ナイネニスの神殿を守ってきたが、ネイラを心配してあまりにも頻繁に本拠地を訪れるうちに仲間入りする。
幻想百クーカブラ。フェザートライブの音楽家。迎撃戦ではソラブと演奏をしていた。迎撃戦の後に音楽の題材を求めて氷結洞を訪れ、落盤で命を落とした。100年前の宿星だが既に故人。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:52:34 (1501d)