地数星  小尉遅 孫新

地数星
渾名小尉遅
序列第100位
役職四店の情報収集・賓客接待担当頭領(東山酒店)
前歴登州・十里牌の居酒屋
賛詩軍班才俊の子、眉目神威あり。鞭起これば烏竜の見われ、槍来たれば玉蟒の飛ぶ。胸に鴻鵠の志を蔵め、家には虎狼の妻有り。到る処人は欽敬す、孫新は小尉遅なりと。
解説孫立の弟で顧大嫂の夫。兄に学んで鉄鞭を遣う。登州で居酒屋を営んでいたが、親戚の解珍解宝兄弟が無実の罪で死刑になることを知り、親戚縁者を率いて牢を破り、毛太公一家を皆殺しにして梁山泊に向かった。そのまま祝家荘に潜入して内応、戦いの後に梁山泊入り。梁山泊でも居酒屋を担当しし、盧俊義救出の際の東京攻略や方臘戦の杭州攻めでは夫婦で潜入役として活躍した。
結末方臘討伐後、登州で任用された孫立に従い、顧大嫂らとともに帰る。
遺事
後伝十里牌で昔通り顧大嫂と居酒屋を開いていたが、鄒潤との付き合いを続けていたため、兄に睨まれていた。阮小七らと再会し、扈成の荷を奪った毛豸を退治して、妻とともに登雲山に逃れる。
絵巻原典とほぼ同様。慎重な性格で、突っ走りやすい顧大嫂の押さえ役。
北方元登州の食堂の主で、のべつ役人ともめ事を起こす男。武術は苦手だが、妻・顧大嫂との仲はよい。機転が利き如才ないところを買われて単独で諜報活動を行う。北京大名府での活動中に、聞煥章に捕らえられ惨殺される。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。元は武家の出身で剣や槍の心得もある。イラストでは頭から二本の触覚のような飾りが突き出た兜をかぶっている。
新伝孫立の息子。孫立の梁山泊攻めの際、孫立に罪を着せて捕らえようとした奸物を斬って梁山泊入りのきっかけを作った。父の梁山泊入りに従うが、孫立が自体したため頭領にならず、秦明関勝の子とともに山塞の小執事となったため百八星落ち。梁山泊が高俅の奇襲を受けた際には、義兄弟たちを率いて少年隊を組織して防衛に当たった。
傾城合砥礪新玉(あわせどあらたま)。紺太郎の妻で、夫と同じくらいの力を持つ。その他はほぼ原典準拠。
NTV
横山原典とほぼ同様。かなりの優男。
沼田
読破
AKA最終回(第二十四話)に一コマ、後ろ姿のみ登場。
月の蛇
SF
60億孫新八(まごしんぱち)。孫寿司の大将。鉄矢に誘われて、甲斐兄弟を救うために一肌脱ぐ。
水辺口ひげの男。妻の顧大嫂の尻に敷かれている。宋江らとともに清風山に立て籠もるが、裏切り者の刃に倒れる。
天命体86 腕62 技47 知53 忠33 仁39 勇55
天導体82 腕60 技41 知51 忠42 仁50 勇52
幻想ウィンドゥ。戦士の村の青年。飾り窓職人になるため、「窓の封印球」を探している。
幻想2アレックス。お宝探しに明け暮れる自称「トレジャーハンター」。宿屋「白鹿亭」は妻のヒルダに任せて、自分はシンダル遺跡で探索に励んでいた。
幻想3マイク。カードゲームを担当する謎の人物。いつも笑顔で言葉遣いも丁寧だが、怪しげな連中が頭を下げているなど、裏の顔があるらしい。
幻想4デスモンド。オベル王国の役人で、フレアの補佐役。生真面目な性格で礼儀正しいが、気が弱いためいつも王女に振り回されている。エレノアに付いて回るなどの勉強家でもある。
幻想5フェイロン。乱稜山で活動する山賊でフェイレンの兄。親友のロイとフェイレンに付き合って山賊をしているが、元来心優しくおおらかな性格。次々とトラブルを起こすロイの後始末に追われている。
幻想Tローガン。グレイリッジの宿屋の主人。普段は物静かだが、元坑夫で腕っ節は強い。町の人々が次々と協会に加わる中、最後まで抵抗していた。戦いの際にはリーダー役を務めることも多い。
幻想百アモリー。タクシス出身の青年医師でミリエルの夫。迎撃戦直前にナヴァレ駐留部隊に赴任し、そこで出会ったミリエルに一目惚れして戦争直後に結婚した。200年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 13:23:39 (1466d)