地壮星  母夜叉 孫二娘

地壮星
渾名母夜叉
序列第103位
役職四店の情報収集・賓客接待担当頭領(西山酒店)
前歴孟州の居酒屋(追い剥ぎ)→二竜山の山賊の小頭領
賛詩
解説孟州十字坡で夫の張青とともに追い剥ぎ居酒屋を営む女。店の客を盛り潰し、金目のものを奪って、死体は肉饅頭の餡に使っていた。盛り潰そうとして取り押さえられたのが縁で知り合った武松がお尋ね者になって逃亡中に再会し、以前に殺した行者の衣装と戒刀を与え、二竜山入りを進めた。その後、自分たちも二竜山に加わり、そこから梁山泊入り。梁山泊でも居酒屋を担当し、盧俊義救出の際の東京攻略や方臘戦の杭州攻めでは夫婦で潜入役として活躍した。また、顧大嫂扈三娘とともに部隊を率いることもあった。
結末方臘征伐の清渓県攻めで、杜微の飛刀を受けて戦死。
遺事
後伝
絵巻原典とほぼ同様。肩に桃花の刺青を入れている。父は古夜叉の異名を持っていた。
北方張青の妻。十字坡で戴宗の飛脚屋の中継所をしていた。自分のわがままが夫の人生を狂わせたこと後悔している。夫の死後、自由都市の物流管理のために働き、そこで裴宣と再婚。しかし史文恭に裴宣を暗殺され、一時は梁山泊を去ろうとした。決戦前に顧大嫂と共に非戦闘員を連れて揚州へ向かう。
楊令伝梁山泊復活前は洞庭山の取りまとめと商館経営を担当、童貫戦後は亡き裴宣が遺した書類を基に梁山泊で法規の整備・制定を担当する。
ジュニア夜叉子。名前以外は原典とほぼ同様。なかなかの美人だがやけに目が鋭く、武松は潘金蓮を連想したため、毒入りの酒に気づくことができた。いつの間にか二竜山入りしていた。
新伝第102位 地怪星。ほぼ原典同様。百八星集結後は南山酒店担当。高俅戦後に、魯智深らに従い二竜山へ去った。
傾城山水天狗損次郎(やまみずてんぐそんじろう)。つぶらな目で髭の剃り跡が青い男。義経と共に討ち死にした和泉三郎親衡の郎党何某の子孫で、青芝とはともに鎌倉に恨みがある同士で夫婦となり、義兵を起こすための軍資金集めに追い剥ぎ酒家をやっていた。後に竹世を頼って金剛山入り。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV
横山
沼田旅の途中で武松が出会った酒店の女将。一人息子を虎に食われ、武松がその虎を倒した後に腹を割いて子供の亡骸を取り戻し、虎の腸を喰らった。後に二竜山に入ったらしく、呼延灼戦の前に二竜山が梁山泊に合流した際に顔を見せている。
読破
AKA替天行道のメンバーの巨乳美女。武器は等身大ほどもある巨大な肉斬包丁。居酒屋を営んでいるが、客によく痺れ薬を盛る。よく戴宗をからかって遊んでいる。
月の蛇
SF
60億ボヤーシャ。菜園子の植物園で花の品種改良を行っている巨体の女性。その花の毒で数々の旅人を捕らえるが、後に自警団退治に加わる。
水辺前髪を目元まで下ろし、語尾を伸ばして喋る若い女性。空気中に痺れ薬を撒く能力を持ち、その間は恋人の張青の隠械で守られている。官軍から逃れて梁山泊に来たが、侵攻してきた黄信かキョウ旺に斬られて致死。
天命体82 腕64 技46 知18 忠34 仁20 勇42 仁愛が何故か宣贊と並んで108星で最低値。
天導体85 腕67 技53 知18 忠41 仁58 勇66 一応小娘。
幻想セイラ。キーロフの洗濯好きの女性。口調はかなりぶっきらぼう。
幻想2エイダ。森の村の奥にある「深き森」に住む少女。動物と心を通じあわせる力を持ち、父から防人の任を受け継ぎ、密猟者から森を守っている。フェザーを守ろうとした主人公に共感して仲間入り。
幻想3アンヌ。カラヤの村で酒場経営を夢見る女性。カラヤの村で酒場を開いたが、その当日に焼き討ちで店を失ってしまい、後に本拠地で酒場を開く。見かけによらぬ酒豪。
幻想4パム。ケヴィンの妻。夫婦でまんじゅう屋を営んでいる。しっかり者で、真面目すぎる夫を陰で支えている。
幻想5ウルダ。エルフの女性。イサトの幼馴染で、エルフの隠れ里へ帰るように度々彼を説得しては、断られている。他人には手厳しい態度をとるが、イサトへの想いは熱い。
幻想Tスヴェン。サイナスの女性。自分の意志でソロウととつき合っていたため、異端者として追われ、ソロウにかばわれて逃げ延びる。ソロウを助け出すため、主人公に助けを求める。
幻想百ポロック。オロスク山育ちの調剤師。野性味溢れる少年だが、我流で優れた調剤法を知る。迎撃戦では仲の良いムーイーとともに後方支援にあたった。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:58:55 (1554d)