地狂星  独火星 孔亮

地狂星
渾名独火星
序列第63位
役職中軍司令部護衛の歩兵軍驍将
前歴白虎山の毛家の若旦那→白虎山の山賊の二の頭領
賛詩
解説白虎山の金持ち・孔太公の息子で、孔明の弟。孔太公を訪ねてきた宋江に槍棒を習い、師匠と敬っており、居酒屋で武松に絡まれて殴られた際には、宋江の取りなしで和解した。その後、土地の金持ちを殺したのをきっかけに白虎山に籠った。捕らえられた叔父を救おうと青州を攻めるが、兄が捕らえられて他の山を頼り、三山の使者として梁山泊に救援を要請した。梁山泊では宋江の軍に配属されることが多かった。
結末方臘征伐で水軍の応援に崑山へ向かった際、船から落ち、泳げなかったため溺れ死んだ。
遺事
後伝
絵巻孔家二星の髪が直毛の方。孔子の傍流と村人の崇敬を集めていた家の生まれで、家伝の仁愛の術・孔家縄術を使う。叔父を殴った役人に斬りつけて出奔した際に宋江と出会い、以来、師と崇めている。宋江を攫った二竜山の賊を倒すため、魯智深らと協力する。その後は原典とほぼ同様。
北方元・青州の下級将校で孔明の弟。優男で人当たりはいいが、酷薄な性格。兄と共に楊志の下で生辰綱輸送の任に就くが、楊志をたばかって生辰綱を奪い、梁山泊入り。後に石秀が罷免された後の致死軍大隊長となるが、呂牛拉致作戦で戦死した。
楊令伝
ジュニア原典とほぼ同様。原典とほぼ同様。慕容知事が税金を上げたことに反対したところ、謀反の疑いがあるとされて父は逮捕、土地と家は没収されてしまったため、白虎山で仲間を集めて父の救出の機会をうかがっていた。武松の手から刀を奪う程度の腕は持っているが、武松に川に叩き込まれた。
新伝第91位。泰山参拝の途中に揉め事を起こしたところを仲裁されて以来、兄ともども宋江を師匠と拝する。父が亡くなった後に里正の座を狙った隣村の金持ちらに陥れられて捕らわれるが、梁山泊の力を借りて仇を殺した兄に救い出されて梁山泊入り。宋江に従い招安を受けた。
傾城独火星夕映もしくは一つ星の夕映(ひとつぼしゆうばえ)。春日山の麓の亮明村の郷士の娘。婿取りを嫌って我がままに振舞っていたため、里人に恐れられていた。些細な事から村の分限者といさかいを起こし、七八百の手勢を集めて春日山に塞を構えていた。大箱に薙刀鎖鎌を習っていたことがある。竹世に殴られて川に放り込まれる。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV
横山毛頭山の山賊。兄弟ともども、前髪を前に垂らしている。呼延灼の青州攻めの際に初登場。梁山泊入りまでの経緯はほぼ原典と同じ。
沼田呼延灼の梁山泊攻撃前に梁山泊に合流。鼻の下と顎の先に短い髭のある男と、太いドジョウ髭の男のどちらか。
読破
AKA
月の蛇
SF
60億高亮一(こうりょういち)。N・S・Pの拘置所に捕まっていた男。甲斐兄弟救出の際に一緒に脱出する。
水辺髪をポニーテールにした若い女性で、得物はおそらく姉と同じ両側に穂のついた長槍。人形にされて梁山泊を襲撃したが、関勝の捨て身の反撃で倒された。
天命体82 腕38 技34 知39 忠50 仁40 勇38
天導体84 腕38 技37 知45 忠47 仁46 勇40
幻想ムース。戦士の村の鍛冶屋。メースの一番弟子で、腕前は一流。
幻想2サスケ。ロッカクの里の忍者。頭領ハンゾウの命により、新同盟軍に力を貸す。幼い頃からのつきあいのカスミの前では素直に馴れないお年頃。
幻想3アヤメ。忍者組織「カゲ」から、抜け忍となったワタリを消すために送り込まれたくノ一。
幻想4ミズキ。ラマダの部下の忍者。寡黙で生真面目だが、それゆえしばしばアカギを振り回している。元いた忍者の里が滅ぼされ、ラマダに拾われた。
幻想5サギリ。オボロ探偵事務所の調査員。元は「幽世の門」の構成員であり、情の伴わない笑顔以外の表情を見せない。
幻想Tリュキア。フューリーロア族の女戦士。サーヴィラとともにダイアルフ王の側に仕える。陽気な性格で、主人公たちとすぐに打ち解けた。細身の割りに食欲旺盛で、食べるのが大の楽しみ。
幻想百フリディカ。サティヤカとともにアストリッド個人に仕える女性忍者。未来から来たという主人公を疑い、個人的に尾行していた。200年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:47:25 (1646d)