天威星  双鞭 呼延灼

天威星
渾名双鞭
序列第8位
役職騎兵軍五虎将
前歴汝寧州の都統制(軍総指揮官)
賛詩開国の功臣の後裔、先朝の良将の玄孫。家伝の鞭法最も神に通じ、英武戦陣を慣らい経たり。剣に仗って能く虎穴を探り、弓を彎いてよく雕群を射る。将軍世に出でて乾坤を定め、呼延灼の威名大いに振わん。
解説宋建国の功臣・呼延賛の嫡流の子孫で、連環馬戦法を得意とする武人。高俅に推薦されて梁山泊討伐軍の指揮官となり、徽宗から名馬・テキ雪烏騅を与えられた。韓滔彭玘凌振らとともに梁山泊を大いに苦しめたが、連環馬が徐寧の鈎鎌鎗に破られて敗走。青州知事の慕容彦達に取りなしの交換条件に桃花山・二龍山・白虎山の討伐を依頼されるが、魯智深らに苦戦。さらに三山から救援要請を受けた梁山泊の策にはまり、宋江の説得により入山した。梁山泊では五虎将として常に最前線で活躍し、十節度使戦では韓存保と取っ組み合いの激闘を繰り広げた。
結末方臘討伐後、御営兵馬指揮使となる。後に金国との戦争に出征し、淮西で戦死。
遺事鉄鞭呼延綽。第32位。宋江討伐の大将だったが苦戦し、朝廷の催促に耐えかねて部下の張横を連れ梁山泊へ
(鉄鞭呼延綽 第15位)尉遲彦章 去來一身 長鞭鐵鑄 汝豈其人
後伝梁太監配下の十将の一人として息子の呼延鈺、養子の徐晟と共に河水河畔で金軍を迎え撃とうとするが、友軍の裏切りに遭い三人で血路を切り開いて脱出。保定の朱仝を頼る途中で楊林に出会い、飲馬川に加わる。
絵巻基本的設定は原典とほぼ同様。「戦神」の異名を持つ宋国四天王の一人。呼延十二鞭という六人の影武者がいる。連環馬を破られ敗走した全責任をなすりつけられ、謀叛人として処断されるところで晁蓋に出会い、梁山泊に入る。長子の剣娘をはじめとする三女一男がいる。
北方元・代州の将軍。公正厳格な性格で超一流の軍人だったが軍の腐敗に嫌気がさし、志願して国境警備に当たっていた。童貫に指名されて、梁山泊攻撃を行い、連環馬で大勝利を収めるが、高俅の横やりで軍は壊滅。梁山泊に投降し、軍の中核として活躍する。
楊令伝梁山泊壊滅後、楊令の復帰まで仮の頭領を務めた。息子の穆凌が梁山泊に加わったことに戸惑いを見せるが、童貫との決戦時に危機に陥った穆凌を助けて単身奮闘、穆凌に双鞭を託して斃れ、前作の梁山泊メンバー最初の戦死者となった。その後、父の跡を継いだ呼延凌(穆凌)が活躍する。
ジュニア原典とほぼ同様。イラストでは額に大きな十文字傷あり。鞭(鉄鞭ではなく本当の鞭)を扱わせたら右に出る者がいない達人。軍でも慕われており、率いる配下は宋国最強の部隊と言われる。皇帝から名馬・烏馬を授かって梁山泊を攻撃するが敗北。原典と同様の経過を経て入山する。
新伝名将呼延徳の息子。遼戦の前に父の命で嫁を迎えに行くが会えず、その間に父は裏切りに遭い戦死、途中で出会った鮑旭と協力して遼と戦う。その最中、晋州で出会った李飛瓊と恋に落ちる。戦後、父に着せた童貫暗殺を狙うが失敗。傷を負ったところを侯健に助けられ、梁山泊入り。その後、祝家荘戦で李飛瓊と再会し、梁山泊に引き入れた後に結婚した。百八星集結後は八驃騎となる。招安され名誉を回復するが、童貫の配下に毒殺された。
傾城二鞭の芍薬(ふたつむちのしゃくやく)。重さ十二三斤ある六角の鉄の鞭二つを操る。北面の武士・紀の有季の娘で、両親は亡くなったが家業を継いで亀菊の下で女武者の頭となっていた。後鳥羽院から名馬・雪獅子もしくは白根の雪を下賜されて江鎭泊を攻撃するが敗北、信濃に逃れて城主の踏通越中介茂孝に対面して助力を請う。その他は原典ほぼ準拠だが、未完のため入山の経緯は描かれず。
NTV近衛軍総司令で林中の上司。高求にその座を奪われ、僻地に左遷されるが、遼の侵略に挑み次々と勝利した。息子の呼延儀は、実はかつて討伐した山賊の子であり、それを盾にされて梁山泊を攻撃した末に戦死している。林中と対峙するが矛を引き、梁山泊に加わらず何処かへ去った。(演:丹波哲郎)
横山後半の強敵。不気味な鉄仮面姿で登場する。得物は鉄鞭ではなくいわゆる鞭として描かれているが、両手の鞭を操ってのアクションは見せ場の一つ。仮面の下は普通の髭面。
沼田片目の上に傷が入った男。原典とほぼ同様だが、テキ雪烏騅は梁山泊戦前に奪われた。連環馬で梁山泊を苦しめるが、細い通路を張り巡らせた落とし穴地帯におびき寄せられて大敗。捕らえられた後、宋江から解放された上に馬を返され、「男心に男がほれて」仲間入り。繋ぎ止めておけなかったと高俅を悔しがらせた。方臘戦の後、金国との戦いで戦死したことが語られる。
読破
AKA
月の蛇連環馬を率いる武人。敵わずとも自分に向かってきた韓玲綺を武人と認めたが、彼女を庇った翠華、青慈ともども捕らえる。林冲と飛虎の最後の対決を見届けることとなるが、もはや二人の太刀筋を見ることができなかった。
SF
60億
水辺英語混じりの怪しげな台詞を喋るロッカーのような格好の青年。二つの刃が飛び出したチャクラム状の得物を使う。弱者をいたぶり、殺すことに喜びを覚える性格で、配下を連れて梁山泊を襲撃。かつての仲間たちを次々と手にかけたが、関勝の最期の一撃で腕の神経を断たれる。清風山の戦いの後、戦いに興味をなくし、韓滔らと共に河北と淮西に向かい、消失。
天命体97 腕84 技81 知44 忠50 仁43 勇71
天導体97 腕89 技82 知55 忠84 仁67 勇91
幻想ペシュメルガ。帝国側の謎の黒騎士ユーバーを追って旅を続ける仮面の騎士。
幻想2ペシュメルガ。相変わらずユーバーを追って旅を続ける仮面の騎士。食事や睡眠を取っているところを見た者はいないという。
幻想3ルシア。カラヤクランの族長で、ヒューゴの母。戦闘や交渉術に長け、ゼクセンと対立してきた。2では父を謀殺した都市同盟と戦うため、ビッチャムとともにハイランド王国軍として戦った。
幻想4セルマ。ナ・ナル島のエルフ村の女剣士。両手剣を操る武人で、感情表現に乏しい。人間に対して敵対感情は持っておらず、主人公たちを助けたことから村を追放され、仲間に入る。
幻想5ナクラ。元アーメス新王国南岳兵団所属の槍騎兵。実家はアーメスの名家だったが、家主である父が幽世の門の子供(後のサギリ)に殺害され復讐のために従軍している。
幻想Tエヌムクラウ。無形の夜魔と呼ばれる怪物が現れるところに必ず姿を見せる戦士。その素性は全く不明だが、無形の夜魔を倒すことのできる唯一の存在。
幻想百モーディ。ホドス村の薬使いでワフディの孫。一見頑固だが根は優しく面倒見の良い人物。相棒(スニルの夫)をアイオニアに殺されて以来、強い恨みを抱いている。現代の宿星。
GR孔明直属のBF団エージェント。常に赤い仮面と鎧、マントに身を包む怪人物で、二条の鞭を武器とする。一言も言葉を発さず、一切の感情を表さず、仮面の下の顔も一切不明の存在で、BF団員からも疎まれている。人の影に出入りし、致命傷を受けても平然と現れるなど、極めて謎の多い存在。
その他「説岳全伝」では、金と戦う老将軍として登場、開封を奪われて逃げる途中の高宗を守って金の兀朮四太子と対決し、惜しくも敗れて戦死する。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 12:03:33 (1614d)