天機星  智多星 呉用

天機星
渾名智多星
序列第3位
役職機密を管理する軍師
前歴済州の私塾の教師
賛詩万巻の経書曾て読過し、平生より機は巧みに心は霊に、六韜三略究め来って精し。胸中戦将を蔵し、腹内雄兵を隠す。謀略は敢て諸葛亮を欺き、陳平豈才能に敵せんや。略か小計を施せば鬼神も驚く。名は称す呉学究、人は号す智多星と。
解説諸葛亮にも並ぶと言われる知謀の人。東渓村の塾の教師だったが、晁蓋から生辰綱奪取の企てを聞かされて一計を案じ、楊志らにしびれ薬を飲ませて見事に奪取に成功した。その後、事が露見して梁山泊に逃れた際は、王倫に代わって晁蓋が梁山泊の首領となるのを助けた。梁山泊の軍師となり、戦場での軍略だけでなく、好漢たちの引き入れなどにその頭脳を活かした。その一方で、江州から宋江を救出する際に印章を間違えてかえって危機を招いたり、朱仝を仲間にする際に李逵に子供を殺させて朱仝の怒りを買ったこともあった。梁山泊が軍を二つに分ける際には、宋江側の軍師となった。
結末方臘征伐後、夢で宋江の死を知り、花栄とともに宋江の墓前で首を吊る。
遺事智多星呉加亮。第2位。八人の仲間とともに蔡太師へ献上される財宝十万貫を強奪するが、事露見して太行山梁山泊に走り盗賊となる。
(智多星呉学究 第2位)古人用智 立國安民 惜哉所予 酒色粗人
後伝
絵巻原典とほぼ同様。違うのはほとんど采配に誤りはないこと。詩社の同人をはじめとして鳩を使って国中の知己と情報をやりとりしている。晁蓋亡き後は、冷酷と見られようと梁山泊を守るために腐心する。
北方元・東渓村の私塾教師。優れた頭脳を持ち、梁山泊の内政を一手に引き受ける。当初は軍師も務めたが現場と衝突が多く、宣贊に役目を譲った。人の気持ちを顧みない言動が多く、梁山泊では憎まれ役となっていた。最終決戦時には戦後の策を巡らせた後、聚義庁に火を放ち、その中に消える。
楊令伝炎の中から生還、顔に大火傷を負ったため覆面を被る。趙仁の偽名で方臘の下に潜入し、軍師となって乱を拡大、宋国軍の疲弊と時間稼ぎに成功した。その後は別人のように茫洋とした大きな人物となった。李富の暗殺、金国軍の撃退など、意外な才能を見せたことも。
ジュニア原典とほぼ同様だが、常に有能でしかもイラストでは超美形。本文では最初の頃は老人のような言動だったが、そのうちに若返った。なぜか常に鎖鎌を手にしている(特に表紙で)。
新伝原典とほぼ同様。晁蓋の実の父で儒者の晁俊お気に入りの門下生で、晁蓋とは幼馴染、宋江とは同窓だった。晁蓋の死後、宋江の招安路線と激しく対立したが、結局招安を止められず、生辰綱強奪の仲間や林冲が死んだことを悔やんで晁蓋の墓の前で首を吊った。
傾城智計海呉竹(ちえのうみくれたけ)。野田の里に住む女博士。女童に手跡を教え、和漢の文を教えていた。その他はほぼ原典に準拠。
NTV
横山原作とほぼ同様だが、「呉学人」と呼ばれる。
沼田原典とほぼ同様。真ん中がメッシュのようになった長髪を束ねた男。方臘戦の後、宋江の死を知り、その墓の前で花栄と差し違えて死ぬ。胸毛がある。
読破原典とほぼ同様の形で梁山泊に加わるが、ほとんど目立たず。糸目。
AKA東渓村で塾を営む眼鏡の青年。晁蓋の親友だが、彼を初めとする周囲に振り回されてばかりいる。北斗七星の一人として生辰鋼の強奪を計画する。
月の蛇梁山泊筆頭軍師。常に宋江の側に仕える。徹底した組織統制と隠蔽工作により、英雄好漢の集団としての梁山泊の評判を作り上げた。
SF天才的な精神医学者。悪人や異常者ほど出世するという文政官任用システムのからくりを見抜き、最年少で一等試験に合格した。リキと出会ったことで自分の兄弟たちの存在を知り、軍師として天球星政府打倒に立ち上がる。
60億呉用学(ごようまなぶ)。東都大学の学生で、今をより面白く生きたいという自分の冒険心から兆外先生の企てに参加する。
水辺礼儀正しい眼鏡の青年。神童と言われ、先の戦い以降は晁蓋の助手として梁山泊にいた。作戦の立案などを担当するが、やはり穴が多く、悔やむことも多かった。強力な隠械(自爆系?)を持つらしいが、作中では披露せず。
天命体80 腕43 技39 知95 忠86 仁70 勇58 知力が108星で最高値。
天導体82 腕38 技49 知94 忠92 仁76 勇73 今回も知力が108星で最高値。最高レベルの学者技能を持つ。
幻想マッシュ・シルバーバーグ。解放軍初代リーダー・オデッサの兄。ある事件を機に帝国軍を離れ隠居生活をしていたが、オデッサの遺言により軍師として再起する。
幻想2シュウ。新同盟軍の軍師。常に冷静沈着で、時に冷酷とも見える手腕を見せる。マッシュの元弟子だが、思想の相違から破門となり、交易商を営んでいた。妹弟子のアップルの熱意にほだされ、新同盟軍に加わる。
幻想3シーザー・シルバーバーグ。アップルの弟子で軍師。知略については一目置かれているが、それ以外はずぼらな性格。レオン・シルバーバーグの孫、アルベルトの弟だが、兄に対しては劣等感にも似た敵意を持つ。
幻想4エレノア・シルバーバーグ。元・赤月帝国の名軍師。職務に精勤していたが、「人間狩り事件」での責任を取る形で追放され、以降は小島で隠居生活を送っていた。かなりの大酒飲み。
幻想5ルクレティア・メルセス。王子付きの軍師。自身の良心や正義に対してのみ忠実であり、主人であるゴドウィン家の野望を阻んだため、アゲイト監獄で幽閉されていた。北の大陸出身で、キャザリーとは旧知の仲。
幻想Tリウ。三年前にシトロ村にやって来た少年。お調子者で荒っぽいことは苦手だが、意外に冷静かつ博識で、主人公の軍師的な役割を果たす。実は里を捨ててきたスクライブ族であり、後に里に戻り、新たな族長となる。
幻想百レギウス。主人公の参謀を務める忍者。一見穏やかで理性的な物腰だが、忍者としての能力は一流。非常に強い知識欲を持ち、世界の真実を知りたいと考え、主人公の力になることを申し出る。現代の宿星。
GR国際警察機構北京支部所属のエキスパートで、中条長官の参謀的役割だが、戦闘の際には手にした巨大な鉄扇・鉄扇子を自在に操る。普段は温厚かつ冷静沈着だが、ことあるごとに取り乱し、涙を流す場面が多い。実は「バシュタールの惨劇」の生存者であり、事件の真相を知る一人。(声:江原正士)
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 01:50:30 (1647d)