地奇星  聖水将 単廷珪

地奇星
渾名聖水将
序列第44位
役職騎兵軍小彪将兼斥候担当頭領
前歴凌州の兵馬団練使(軍師団長)
賛詩鳳目に臥蚕眉、虬髯に黒き面皮。錦袍には獬豸を篭め、宝甲には狻猊を嵌む。馬に跨る東洋の獣、人には擎ぐ北斗の旗。凌州の聖水将、英勇なる単廷珪
解説水攻めを得意とする武将で、魏定国と同じく元・凌州の団錬使。配下も含めて黒ずくめの装束をまとう。魏定国と共に梁山泊討伐軍の指揮を命じられたが、先手を打たれて凌州で関勝の軍を迎え撃つ。緒戦で赫思文らを捕らえるが、関勝との一騎打ちに敗れ投降し、関勝とともに魏定国を説得した。梁山泊入り後も魏定国とコンビを組み、方臘戦で命を落とすまで行動をともにしたが、水攻めを実際に披露する場面はなかった。
結末方臘征伐の歙州城攻めで、城門の内側の落とし穴に落ち、魏定国と共に伏兵に討ち取られた。
遺事
後伝
絵巻水攻めを得意とし、河伯の異名を持つ黒ずくめの男。寡黙で冷静な人物。関勝の配下として水陸両用の水牛船団を操り、梁山泊を攻撃したが、李俊らに敗れ、以降は梁山泊の北の沼地・北冥の守備にあたる。
北方元・雄州の上級将校で魏定国の同僚。官軍に収まらない関勝の身を常に案じており、関勝の梁山泊入りに従う。再起不能の重傷を負い、廃兵になったショックから荒むが、林冲の荒療治で復活する。童貫との決戦で後退する張清軍の殿軍を務め戦死した。
楊令伝
ジュニア
新伝第52位 地水星。もと石州の城防提轄。魏定国ともども西夏との戦いで功を上げたが、監軍使者に逆らって降格されていたところで、関勝の推薦を受け遼との戦いに加わる。戦後は同じく関勝の推薦で梁山泊討伐に参加。戦いの中で捕らわれ、関勝に従って梁山泊入り。百八星集結後は副驃騎。宋江に従い招安を受けた。原典と違い、登場早々に水攻めを披露した。
傾城「傾城水滸伝拾遺物語」では背水の阿貞(せなみずのおてい)。席次に名前のみ登場
NTV単廷玉。関勝の部下で、高求に召喚された関勝について都に行く。そこで高求の陰謀に巻き込まれて深手を負うが、関勝の足かせになることを嫌い、関勝自らの手で止めを刺されることを望み、命を捨てる。(演:平泉征)
横山
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億
水辺目の部分を仮面で覆った男で、得物は反対側に鎖鉄球のついた巨大な鎌。蔡京の操り人形となっており、彼女からは水(シゥイ)と呼ばれる。
天命体95 腕72 技82 知52 忠71 仁54 勇50
天導体95 腕72 技76 知65 忠73 仁58 勇66
幻想グレンシール。テオの部下で、剣と雷の魔法の使い手。二つ名は「雷撃将グレンシール」で、常に冷静さを失わない性格。テオの遺言により、主人公の味方となる。
幻想2カミュー。マチルダ騎士団の赤騎士団長でマイクロトフの親友。洒脱な人柄だが、騎士としての強い信念を持つ。騎士団長ゴルドーのやり方に納得できず、マイクロトフとともに騎士団を退団、新同盟軍に加わる。
幻想3パーシヴァル・フロイライン。ゼクセン騎士団の「誉れ高き六騎士」の一人で、常にクールで柔らかい物腰の青年。乗馬の腕前は騎士団一で、「疾風の騎士」の異名を持つ。イクセの村の平民の出身。
幻想4シグルド。キカの片腕として働く海賊。戦闘能力が高く、頭も切れる良識派。かつてキカに命を救われたことから、恩返しのために部下となる。ハーヴェイとは腐れ縁。
幻想5ラハル。竜馬騎兵団の団長補佐で参謀格を務める文武両道の男。リューグとは親友で、熱くなりやすい彼を沈着冷静に諭す。フレイルを相棒とする。姉のラニアと瓜二つで、幼い頃にはしばしば姉と入れ替わっていた。
幻想Tメルヴィス。元アストラシア王国王室騎士で、冥夜の剣士団の副長格。クロデキルドに絶対の忠誠を誓い、常に冷静沈着に補佐する。戦後はアストラシア王室騎士団長に就任。
幻想百トルワド。テルベの里の剣士で蒼閃流の使い手。主人公の曽祖父。迎撃戦での活躍により英雄として現代に伝わる。主人公が最初に出会った過去の宿星であり、一貫して主人公を助けた。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 17:36:13 (1465d)